月給が手取り13万の正社員は今すぐ転職すべき!転職した方がメリットが大きいです

「手取りで月13万円しか貰えない…」

と悩んでいる人はいますか?

正社員なのに月の給料が手取り13万円しか貰えない場合、年収にすると300万円以下で、いわゆる『ワーキングプア』層になっってしまいます。

ワーキングプアとは、フルタイムで働いているのに年収300万以下で、働いても働いても生活が楽にならない、いわゆる『その日暮らし』で生きている人を指します。

手取り13万円ですと、貯金はおろか日々の生活もギリギリになります。

実家ぐらしの方は、そこまで負担を感じないかもしれませんが、家賃を払って一人暮らしをする場合、家計簿は下記のようになります。

家賃:月5万円
食費:月:3万円
日用品、交通費等:1万円
携帯代:7000円
光熱費:1万円
雑費:3000円
貯金:2万円

ご覧の通り、外食費や交遊費といった余計な出費を極限までおさえて、ようやく月2万円の貯金が出来る計算です。

自動車やバイクを所有したり、引越しや病気など予想外の出費があると、一気に赤字になってしまうので、相当キツい家計簿だということが分かるでしょう。

正社員として仕事をしていれば、当然、疲労やストレスは溜まっていきます。

普通の会社員は、友達と飲んだり、趣味にお金を使うことでストレスを発散しています。しかし、月手取り13万円ではそういった事が出来ず、精神的にかなり辛い毎日になります。

手取り13万円しか貰えないのであれば、無理して今の会社にしがみつくよりも、転職をして別の仕事・会社に転職した方がメリットが大きいです。

「でも、せっかく正社員になれたのに、辞めるのはちょっと…」

なんて考えてはいけません。

正直言って、手取り13万円しかもらえない会社では、正社員であろうと倒産してリストラになる可能性のほうが高いです。

今回は、手取り13万円の人が転職するべき理由とコツについて紹介します。

今の会社に騙されていませんか?手取り13万円は最低水準ですよ

月手取り13万円という給与水準は、総支給14万~15万円程度になります。

時給換算すると『時給900円×8時間(1日の労働時間)×20日=14万4000円』となります。

毎日、定時上がりで土日しっかり休めているなら、時給900円のアルバイトとあまり変わりません。

もちろん正社員なので社会保険に入れるというメリットはありますが、この給与水準ですと、税金も安く僅かな差です。

しかし、定時上がりではなく、サービス残業や休日出勤があったり、有給休暇が使えなかったり、明らかに給与に見合わない責任の重い仕事を任されているのであれば、正直いってあなたは会社に利用されています。

地方では、最低時給が低いので「フルタイムで働けるだけマシ」という厳しい現実があります。

それでも正社員で手取り月13万円という水準は、圧倒的に低いです。

これにくわえて、ボーナスが出ない or 出ても寸志…という場合は、もはや正社員というメリットを考えても給料が安過ぎます。

「給料が安すぎて、急な出費がある時はカードローンでお金を借りている」

なんて事になってしまっているなら、すぐにでも転職をすべきでしょう。

正社員で手取り月13万円は、かなり底の水準です。

普通、転職をすると「年収が下がるかもしれない」というリスクがつきますが、手取り月13万円の場合は、そういったリスクは無いでしょう。

今が底なので、上がるだけです。

これより安い給料となると、完全歩合制で売上があがらない人くらいです。

転職をするだけで手取りを増やす事が出来る

「転職といっても、次も正社員になれるか分からない」
「今の年齢から仕事を変えるのは難しいと思う」

なんて、後ろ向きになる方もいるでしょう。
しかし、そうやって今の会社にしがみついて、何が得られるのでしょうか?

今後ずっと、手取り13万円前後でやっていけますか?
今の会社が10年後も存続していると思いますか?

月手取り13万円しか給料が出せないということは、その会社、あるいは業界が先細っている証拠です。

次期社長がやり手で、業績が右肩上がり!なんてミラクルが起きない限り、給料が上がることはないでしょう。

給料が低いというのは、それだけで大きなリスクを背負っているも同然なのです。

突然の失業や出費に対応できず、なおかつ会社が破綻する危険性も高いですから、早めに脱出すべきです。

「自信が無いから…」と転職を先延ばしにしていると、年齢だけ重ねてしまい、いざ倒産や失業の憂き目にあった時に動けなくなります。

月手取り13万円は、もはや「不景気だから」で済ませられる給与水準ではありません。
転職をして、もっと給料が良くて将来性の有る会社・業界に移動しましょう。

ドライバーや大手企業の工場など、給料が20万以上もらえる仕事はたくさんある

例えば、トラックドライバーやバス運転手、タクシー運転手といったドライバー職は、現在、人手不足により年齢・経験問わず就職しやすくなっています。

大手企業の工場などもオススメで、夜勤有りの工場なら夜勤手当や深夜手当が出るのでガッツリ稼げます。

「地方だから仕事がない」という人は、ちょっと足を伸ばして都市部の求人もチェックしてみましょう。

とにかく、たくさんの求人を見て、自分ができそうな仕事、かつ給料の高い仕事を調べてみる事をオススメします。

給料が手取り20万+ボーナスが貰えれば、年収は一気に400万近くまで跳ね上がります。

年収400万あれば、1年で100万円貯金することも十分可能です。

貯金が100万円あれば、突然の病気や不幸にも対応できるので、生活の安定度がグッと高くなりますし、レジャー費や交遊費も捻出できますよ。

今後は男も女もガッツリ稼いでおかないとヤバイ時代です

残念ながら、日本は少子高齢化によって、増税+年金不安から逃げることは出来なくなりました。

消費税もアップし、所得税や国民年金の支払い額も増えて、生活はますます苦しくなっていきます。

だからこそ、手取りを少しでも増やし、将来、お金に困らないようしっかり貯金しておきましょう。

男性であろうと女性であろうと、お金は必要です。

手取り月13万円でいいや…と諦めずに、良い仕事を探して給料がたくさん貰える仕事にステップアップしていきましょう!

求人や総合的な就活のサポートはプロである転職エージェントに頼もう

しかし、就職(転職)活動は、書類作りに求人探し、自己分析、面接対策までやる事が盛り沢山です。

これだけ色々課題があると、何から始めていいのか分からないですよね。

そこでオススメなのが、転職エージェントを使って効率的に転職活動を行うことです。

転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

利用料は最初から最後まで無料です。

転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。

それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。

また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。

エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

上記は入力の一例です。

上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。

外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。

例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式ページ

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、現在の会社にこだわる必要が無いことに気付けて、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする