28歳女性の転職を成功させるコツは職種と求人の選び方を知っておくこと。未経験か同職種転職か戦略を決めよう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain
 28歳での転職というと、特に女性の場合は難しい判断を求められます。

 というのも、女性は『結婚・出産・育児』という男性にはない要素がライフプランに入ってくるため、どうしても28歳前後のアラサーになると、転職において色目で見られたり、自身のプランがあやふやになってしまいがちだからです。

『一人でも食べていけるように、バリバリ仕事をするぞ!』と思って転職をしてみても『どうせ30歳前後で結婚退職するんでしょ?』と勝手に決めてかかってくる採用担当者もいます。

 同じ28歳なら長期的に見てコストパフォーマンスの良い男性を雇いたい、という企業もいます。

 男女雇用機会均等法が設定されてもなお、未だに性別の壁、男女差別は厚く、正社員での就職・転職では障壁になります。

 同時に、28歳は未経験でも転職出来るラストチャンスです。
 30歳を超えると、よほどのスキルや運がない限り、未経験の職種に正社員で就職することは出来ません。

 例え出来ても、年下の上司に教えを請う事になり、相当な忍耐力と努力が要求されます。

 ですから、仕事を変えたい、新しい仕事にチャレンジしたい…というのであれば、28歳前後のアラサーの間に転職をするのがベストです。

 今回は、28歳女性の転職を成功させるコツを紹介します。

自分に合った職種を真剣に考えてみよう

f:id:moguhausu2:20160510080712j:plain
 職種選びは、28歳の転職において最も重要なファクターの一つです。

 総合職と一般職の間には驚くほどの違いがあります。

 例えば、就業時間。総合職は夜21時、22時まで残っているのに、一般職は定時に帰れる…といった点。
 給料の面では、総合職が圧倒的に有利。昇進すれば年収で200万近い差が出ることもザラです。

 仕事の面白さ、高収入、ハイキャリアを目指すなら総合職。
 ワークライフバランス、寿退社などを視野に入れるなら一般職。

 このように、職種によってライフプランもキャリアプランも、大きく異なっているのが実情です。

 今の生き方・働き方でいいのかな…と疑問に感じたら、職種を変えることを視野に入れてみましょう。

 一般事務の仕事がつまらない、やりがいのある仕事がしたい…というのであれば総合職への転職を。
 仕事がきつい、まったりと働きたい…というのであれば、一般職への転職を。

 このように、自分の理想の働き方を明確にして、それにあった職種を選ぶことが、28歳女性の転職にとって重要です。

転職したい!と思う理由を掘り下げよう

f:id:moguhausu2:20160428132524j:plain
 今の仕事に不満があるから、転職をしよう! と思い立つのが普通ですよね。

 しかし、よく考えてみてください。
 本当にそれは仕事への不満ですか?

 仕事そのものは好きでも、会社のやり方が気に食わない。人間関係が悪い。給料が低すぎる…などなど。

 実は、職種は合っているけどその他の環境がストレス要因であるケースも多いです。

 それなのに、職種も業界もすべて変えてしまい、転職したらやっぱり合わなかった…というケースは意外と多いものです。

 もし業界や仕事そのものが嫌いでなければ、同業種・同職種での転職を考えてみましょう。
 転職といっても、何も全てを変える必要はないのです。同業種・同職種点の方が未経験での転職よりやりやすいですし、即戦力として働けます。

 業績の良いライバル企業に転職したり、同職種で景気の良い業界に移ったりする…といった立ち回りも有効ですよ。

28歳は十分に転職できる年齢。妥協の転職はNGです

f:id:moguhausu2:20160315122439j:plain
 28歳で転職活動をするにあたって、どうしても不安が出てきてしまいます。

 特に転職が初めての方や、未経験での転職を狙っている人は「内定が出ないんじゃないか」「このままずっと無職なのでは…」と不安になるもの。

 しかし、28歳は世間から見れば、まだまだ若手人材です。
 未経験での転職も可能ですから、過度に不安になる必要はありません。

 しかし、唯一、気をつけて欲しいのは、ブラック企業や自分に合っていない企業に妥協して入社してしまい、転職を後悔する事です。

 一度、入社してしまうと、なかなか退職は出来ません。退職すれば短期離職となって職歴に傷がついてしまうからです。

 転職で最も避けるべきは、このミスマッチです。
 自分の希望条件とあまりマッチしていないのに「もうここでいいや」と決めてしまうと、最悪の結果が待ち受けています。

 他にも、求人の見極めが甘く、ブラック企業に入ってしまうと最悪です。
 ボロボロになるまで使い倒されて、また転職するはめになります。

 無駄な労力や負担を避けるためにも、求人の見極めには全力を尽くすようにしましょう。
 20代前半ならまだしも、28歳女性となると、ここでの転職失敗は手痛い事になります。

 しかし、良質な求人を選ぶのは難しいですよね。
 そこでオススメなのが、転職エージェントを活用して求人を紹介してもらう方法です。

良質な求人の選択はプロにお任せ!転職エージェントを活用して負担を減らそう

f:id:moguhausu2:20160428132719j:plain
 転職において、最も問題になるのが求人選びです。

 ご存知の通り、日本の求人票は罠だらけです。

 アットホームな職場です、と書かれた職場が殺伐としていたり、残業月10時間以内と書かれていたのに残業40時間+サービス残業だったり、息を吐くように嘘をつくブラック企業が非常に多い。

 そんな荒れた求人の中から、ダイヤの原石とも言える良質な求人を探すのは至難の業です。
 特に在職中に転職活動をしている人にとって、求人を探すだけでも嫌になってしまうもの。

 そこでオススメなのが、転職エージェントを活用して、プロのエージェントに良質な求人を紹介してもらう方法です。

 転職エージェントは、無料でプロのサポートを受けられるサービスです。
 求人の紹介のみならず、書類選考に通りやすい書類の書き方や面接ノウハウを教えてくれます。

 一人よがりになりがちな退職理由や自己PR、志望理由も、エージェントに客観的なアドバイスを貰ってブラッシュアップすれば書類選考通過率も改善出来ます。何より精神的にアドバイザーがいたほうが楽なので、ぜひプロのエージェントに相談しながら転職活動をしましょう。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

 ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする