タウンワークの正社員求人はブラック企業が多いから転職・就職活動には不向きって本当?見極める方法について

 タウンワークといえば、アルバイト探しの紙媒体、フリーペーパーとしてお馴染みですよね。
 コンビニ横や駅に置かれており、無料で気軽に読めることから、求人探しのお供として、就職活動、転職活動ともに利用されています。

 しかし、タウンワークはアルバイトの求人は一般的な募集が多いものの、正社員の求人はブラック企業が多い…という噂があります。

 ブラック企業の某引っ越し屋や、過労死を出した外食チェーンの求人など、悪質な企業の求人も多く見られます。

 一方で、業績の固い中小企業の求人や、しっかりした建設会社の正社員の募集など、良い求人もあります。

 また、特徴として、タウンワークは購読する人に若い世代が多いので、必然的に20代~30代をターゲットにした求人が集まってきます。
 ですので未経験可、学歴不問といった間口の広い求人も多く、一概に悪いとは言えません。

 そこで今回は、タウンワークで良い求人と悪い求人を見極め、就職、転職を成功させるコツを紹介します。

業界で一括りにブラックと考えない

 よく外食業界はブラック企業ばかり。建設業界はキツい上に給料安い…なんて書かれていますが、それは誤解です。
 どんな業界だろうと、企業の労働者に対する姿勢には差があります。

 ブラックで有名な大手企業、大手チェーンはもちろん避けるべきですが、まじめに経営している企業まで「XX業界の求人はブラック!」と一括りにすると、応募できる求人が少なくなってしまいます。

 ですから、ブラック企業として有名になっている、過労死やパワハラなどの実績がある企業は最初から弾いておき、良いか悪いか不明な中小企業の求人は、興味をもったらとりあえず応募してみると良いでしょう。

 ブラック企業なら、面接の時点で大体察することが出来ます。
 面接では下記のポイントをチェックしましょう。

・社長がタメ口
・面接開始して10分以内に即内定
・何の仕事をやっているのか曖昧
・明らかにグレーな仕事
・社員の顔が暗い
・社員の目から狂気を感じる、宗教に洗脳された人の雰囲気を感じる
・怒号が飛び交っている
・夜11時に電話したら普通に出た

 などなど。

 これらのポイントに一つでも当てはまったら、即辞退しましょう。

タウンワークの強みはローカル企業の求人数の多さ

 近年はリクナビNEXTなどの転職サイトを使う人が多いですが、リクナビNEXTは企業の支払う広告料によって求人の位置が決定するので、資金力のある大手企業の求人ばかりが前に出る傾向にあります。

 そのため、ローカル企業や中小企業の求人が目立たず、探しにくいです。広告費も業界内では高めですから、そのコストを嫌がる会社も多いでしょう。

 その点、タウンワークは広告料は安めで、中小企業やローカル企業であっても気軽に求人が出せます。

 中小企業には働きやすい会社もあり、学歴や職歴不問で応募しやすい求人もあるので、チェックしておきましょう。
 大手チェーン店や大企業の名前に騙されて、入社してみたらブラックな労働環境だった…というケースは特に20代の方に多いので、そういった失敗を踏まないためにも、企業名で判断しないようにしましょう。

 知名度はなくて知らない会社でも、実は業界では有名な会社…という事もよくありますよ。

転職エージェントを利用しよう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain
 タウンワークの求人情報は、掘り出し物があるので見る価値はあります。
 しかし、それだけに絞ると、転職・就職まで時間がかかるので他の転職サービスを併用しましょう。

 ハローワークを併用する方が多いですが、ハロワはオススメ出来ません。
 掲載無料、チェックもお役所仕事でザルなので、ブラック企業が多くまともな求人は取り合いになります。

 そこでオススメなのが、転職エージェントを併用して就職・転職活動を効率的に行う方法です。

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 まだ転職をする予定がなくても、どんな求人があるのか、どんな仕事に応募できるのか、といった点を含めて無料で転職相談が出来ますから「転職市場の調査」として一度エージェントに相談することをおすすめします。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする