新聞の求人情報で転職するメリット・デメリット

f:id:moguhausu2:20150902083626j:plain

 社会人であれば、毎朝、目を通す人も多いであろう新聞。
 新聞には、求人情報が載っていますよね。

 昔からあるアナログな方法ですが、広告を出す側からすれば、注目効果が高いので新聞に求人広告を出す企業は多いです。

 しかし、新聞に載っている求人広告。
 転職や再就職を考えている人にとっては、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 ブラック企業の求人ばかり?
 それとも新聞だから信用できる求人が多い?

 今回は、新聞に掲載されている求人情報を使って転職・就職活動をするメリット・デメリットを紹介します。

新聞の求人広告は質のバラつきが激しい

f:id:moguhausu2:20150714130742j:plain
「新聞なら信用できる」
「良い求人が多いのでは?」

 と思う人もいるかもしれませんが、新聞はテレビと同じ、多くは広告費で成り立つものです。

 そのため、広告費を出してくれるなら、やや残念な求人であっても掲載します。さすがに広告費を支払うので、無料で掲載できるハローワークほど質の悪い企業ばかり…という訳ではありませんが、新聞求人=優良求人という思い込みは、やめておきましょう。

 新聞に掲載されている求人情報の特色として、住んでいる地域のローカル企業の求人が多い、という点があげられます。

 古くからある地方企業などは、しばしば新聞求人を出しています。時代は完全にインターネット求人に移っていますが、昔ながらのやり方を引き継ぎ、新聞にしか求人を出さない会社もあります。

 そのため、比較的、古い企業の求人や中小企業が多いです。

 そういった企業は、業績が安定しており手堅い求人もありますが、中には離職率の高いトンデモ求人、ブラック企業もあるので、注意が必要です。新聞の求人情報に限りませんが、応募する前に、一度、その会社について調べた方が良いでしょう。

求人の募集年齢層は高めです

f:id:moguhausu2:20160303145727j:plain
 最近の20代は新聞を読まなくなった、と言われていますが、実際にデータ上でも20代の新聞購読率は低下しています。
 そのため、新聞に掲載される求人のターゲットは30代~50代である事が多いです。

 ハローワークやインターネットの転職サイトだと、どうしても年齢制限がある求人ばかりだったり、若い人と競うことになるので、ミドル層にとっては求人情報を集める媒体として新聞は優良と言えるでしょう。

 逆に考えると、新聞の求人情報に応募する人はミドル層が多いので、20代の転職者、再就職組にとってもチャンスです。
 新聞に求人を出している企業の中には、若い人を雇いたいと考えている企業も多く、応募者の中で20代があなた一人なら、他の求人媒体に比べて有利に戦えるでしょう。

新聞の求人情報はチェックする価値がある

f:id:moguhausu2:20160302170846j:plain
 新聞の求人情報は、すべてが良い求人ばかりではありません。
 しかし、掘り出し物の求人があったり、20代なら競争率の低いケースもあるので、チェックする価値のある媒体と言えます。

 ただ、新聞求人は量が少ないですし、一気にたくさんの求人をチェックしたい人には向いていません。
 また少ない求人情報から企業が求めている人材像をしっかり描けないと、書類選考で落とされて時間と労力を無駄にします。

 例えば、30代の営業経験者が欲しいのに、20代がいっても書類選考で断られたり…。

 求人から「自分が内定可能な人材か否か」を読み取るのは、こういった一方通行の求人媒体だと非常に難しいのがデメリットと言えるでしょう。

転職エージェントを利用しよう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain
 新聞の求人情報は、掘り出し物があるので見る価値はあります。
 しかし、それだけに絞ると、転職・就職まで時間がかかるので他の転職サービスを併用しましょう。

 ハローワークを併用する方が多いですが、ハロワはオススメ出来ません。
 掲載無料、チェックもお役所仕事でザルなので、ブラック企業が多くまともな求人は新聞求人以上に取り合いになります。

 そこでオススメなのが、転職エージェントを併用して利用する事です。

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 まだ転職をする予定がなくても、どんな求人があるのか、どんな仕事に応募できるのか、といった点を含めて無料で転職相談が出来ますから「転職市場の調査」として一度エージェントに相談することをおすすめします。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする