家族経営の会社にブラック企業多し!同族経営による身内以外を搾取するシステムとは?

f:id:moguhausu2:20160315085506j:plain
 地方に多い家族経営の会社(または、同族経営の会社)。

 株式会社と名がついていても、その株式を社長一族が持っているのであれば、会社の権力は社長一族に集中します。逆に言えば、それは社長一族がやりたい放題出来るとも言えます。

 身内以外の社員は、言ってみれば雇われの兵隊です。
 株式会社で上場しているなら、会社は株主の物ですから、権力は分散され好き勝手は出来ません。監視も入りますし、社長一族といえど好き勝手には出来ないのです。

 しかし、家族経営の中小企業、同族経営の企業では、そういった一般的な規範は通じず、社長の一声、副社長(社長の奥さんや息子)の一声で良くも悪くも会社が左右されます。

 そして、残念ながらこういった家族経営の会社はブラック企業が多いです。

 今回は、家族経営、または同族経営のブラックっぷりについて紹介します。

心優しい創業者は極稀です

 一般的に、会社をおこす人、つまり創業者は偉大な人と思われがちですが、実際は強欲な人が多く、人から搾取する事をなんとも思わないブラックな社長も多いです。

 実際、サイコパスな人ほど経営者に向いているとも言われており、そんな人が経営する会社に入ったらどうなるか、想像はつきますよね。

 身内には優しくても、兵隊である社員には厳しいかもしれません。
 ドラマに出てくるような社員に優しい社長というのは、極稀な存在なのです。

 また、創業者は良くても二代目、三代目になると横暴になるケースもあります。

 基本的に、同族経営、家族経営の会社であれば二代目社長は息子が継ぐのが普通です。

 創業者の息子もまた偉大とは限りません。創業者ほどの熱意はないけれど、お金と地位が欲しい…といったゲスな二代目社長も多く、よくある格言には「会社は二代目で傾き、三代目が潰す」とも言われています。

 同族経営・家族経営の会社に勤めると、こういったボンクラ息子が会社を潰すリスクもあるのです。

 一方で、上場している株式会社なら、株主の監視の目がありますから、そう簡単に暴れる事は出来ません。

働かない社長の身内が高給取りな理由

 同族経営・家族経営にありがちなのが、息子や奥さん、その他、親族を会社の役員にして、高給を支払っているケースです。

 たいして働いていないのに高給取り…社員から見れば、えこひいき以外の何者でもありません。

 しかし、実はこれには節税の仕組みが関わってくるのです。

 当然ですが、会社はお金を稼いだら税金を支払わなければいけません。
 しかし、身内を会社役員に置いて給与を支払えば、その分、税金が安くなるのです。

「税金を国に払ったり、社員にお金を払うくらいなら、親族でお金を回そう」

 という考えが裏にあるのです。
 そういったやり方は合法ですが、考えとしては搾取・社員軽視の姿勢が見て取れますね。

 働かない社長の身内が会社内にいると、働かないくせに権力だけは持っていて、非常にやっかいです。
 また、えこひいきは社員のやる気を削ぎますし、何より搾取体質の会社であることが丸分かりですね。

 そんな会社に勤めていても、社長の身内に気に入られなければ出世はありえませんから、早めに転職をして脱出することをオススメします。

同族経営・家族経営の会社から転職しよう

 運悪く、そういった会社に入ってしまったら、早めに転職をして脱出する準備をしておきましょう。

 家族経営の会社では、社長の身内がいる限り出世は難しいですし、社長一族のわがままに振り回されること間違い無しです。

 社員想いの会社もありますが、やはり家族経営の会社は搾取が基本となっていることが多いので、オススメは出来ません。

 社長にゴマすりをして出世しても、二代目、三代目が会社を潰したりするかもしれません。
 経営面・待遇面、どちらを考えてもリスクが多いです。

家族経営の会社に務めていた人の体験談

私は今家族経営の小さな会社に勤めているのですが
経費でいろいろ仕事に関係のないものをかったり自由すぎます
それなのに社員には経費削減だのなんだの厳しく言って残業代も出さない
自分たちは経費を自由に遣ってほとんど会社にも出社しないのに高給取り。最悪でした。
(30歳 女性)

私も一番に家族経営の会社で働いてた頃を
思い出しました。

そこの奥様が最強に意地悪な人で
毎日毎日、子供の自慢と自分のママ友の悪口聞かされてました。
潰れそうな小さな会社なのに社長婦人様々で
偉そうな態度ばかり。
従業員も入れ替わりが速いのに自分たちのせいとは思わず学習能力なし。

もう思い出しただけで具合悪くなります!
(27歳 女性)

 どこの家族経営の会社も、悪評が多いようです。
 やはり、危険だと感じたら早めに転職をしましょう。

 しかし、転職といっても、いざ準備するとなると、書類の準備や求人情報の検索など、負担が大きいものです。
 そこでオススメなのが、転職エージェントに登録して、無料相談&無料転職サポートを受ける方法です。

プロである転職エージェントに転職をサポートしてもらおう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 まだ転職をする予定がなくても、どんな求人があるのか、どんな仕事に応募できるのか、といった点を含めて無料で転職相談が出来ますから「転職市場の調査」として一度エージェントに相談することをおすすめします。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする