ボーナス無しの会社は危険!転職してボーナスの出る会社で働くと精神的にも安定します

f:id:moguhausu2:20151028110544j:plain

 日本の企業の多くは、賞与(ボーナス)という制度を持っています。
 夏と冬、もしくは年1回など形は様々ですが、給与の数カ月分が一気に貰えるので、経済的にもありがたいですし働く上での目標にもなりますよね。

 しかし、当然ながら契約社員や派遣社員、アルバイトといった非正規雇用の方はもらえませんし、業績が悪い会社であれば「ボーナス無し」という残酷な現実を突きつけられるでしょう。

 実は、ボーナス無し・賞与無しの会社に勤めると経済面のみならず、精神面でもデメリットが多く存在するのです。

 今回はボーナス無し・賞与無しの会社がいかに危険か紹介します。

そもそもボーナス無しの会社は経営が傾いている可能性大

 ボーナス無し・賞与なしが許される状況というのは、どんなものがあるでしょうか?

 一番にあげられるのが、やはり会社の経営状況が思わしくないため、ボーナスを払う余力がない状況ですよね。
 しかし、よく考えてみると、このケースは倒産というボーナス無し以上に危険なリスクを持っていることを意味します。

 会社が倒産した場合、給与未払いのまま社長が夜逃げするケースも多く、そうなると突然、生活費の供給がなくなるという最悪の事態に遭遇します。

 もちろん、倒産による解雇の場合、失業保険は即座におりますから、当面は問題ないとしても、やはり切り詰めて生活しなければいけませんし、精神的にも辛いものがあります。

 給与というのは、精神的な安定に大きく関わってきます。
 人間は不安定で高い収益よりも、安定した将来・定収入を求める傾向にあります。しかし、倒産となると、途端に将来への見通しが暗くなるため、不安を感じやすくなります。

 よくリストラされたお父さんが家族にあたっているシーンなど、ドラマで見ますよね。
 あれは現実でも起こり得る事なのです。

 仕事・定収入というものをなくすと、人は途端に不安定になるもの。それが家族を背負った父親なら、なおさらです。

 このように、生活だけでなく人間関係をも狂わせてしまう倒産という事態を避けるためにも、ボーナス無し・賞与なしを宣言されたら、早めに対策を打つべきです。

経営は問題ないのにボーナス無しの会社は「ブラック企業」かもしれません

 一方、経営に問題がないのに、ボーナス無し・賞与無しで押し通す企業もあります。
 そういった企業は、ボーナスを切り詰めて自分たちの役員報酬を上げる…といった、いわゆる搾取が行われている可能性が高いです。

 家族経営の会社などによくあることで、監視する株主がいない分、経営者はやりたい放題です。

 そのため、ブラック企業は経営は上手くいっているにもかかわらず、ボーナス無し・賞与無しによって従業員の給与を低く設定するのです。

 ボーナス無し・賞与無しに罰則はありません。
 求人票に書いてあったとしても、経営が悪化したとか、設備投資が必要とか、適当に言い訳をするでしょう。

 このような搾取体質のブラック企業に居続けても、永遠に搾取され続けるだけです。奪われることが分かっていながら働くことは、不可能です。

 モチベーションは下がり、やがて無気力なまま働くことになるでしょう。
 まさしく奴隷です。こんな状況になる前に、ボーナス無しのブラック企業からは脱出すべきなのです。

ボーナス無しが精神に与える悪影響

 ボーナスの時期になると、世間は色めき立ちます。
 何を買おう、あれをしよう、旅行に行こうと街が賑わい、テレビでもボーナスの支給額の話題が出てきます。

 この時に、ボーナス無しの会社に勤めていると、非常に疎外感を覚えます。
 友人付き合いにも影響が出ますし、気持ちも沈みます。

 ボーナスは、仕事をする上で、モチベーションの一つとなる重要な仕組みです。

 お金で幸せが買えるわけではありませんが、人はお金を使うことである程度の開放感・ストレス解消が行える事は科学的にも証明されています。

 いざという時の貯金にしても、ボーナスがあれば1年で貯まる額は大幅に変わります。

 もし正社員なのにボーナスが無い。非正規雇用だからボーナスが無い。ということであれば、転職or正社員への就職活動を行いましょう。

 ボーナスの有無は、働く上で無視できない重要な要素です。

 ボーナス無しの会社にいても、リスクばかりで良いことは何もありません。
 勇気を出して、会社を変える、働く場所を変えるための活動をはじめましょう。

 しかし、転職といっても、いざ準備するとなると、書類の準備や求人情報の検索など、負担が大きいものです。
 そこでオススメなのが、転職エージェントに登録して、無料相談&無料転職サポートを受ける方法です。

プロである転職エージェントに転職をサポートしてもらおう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 まだ転職をする予定がなくても、どんな求人があるのか、どんな仕事に応募できるのか、といった点を含めて無料で転職相談が出来ますから「転職市場の調査」として一度エージェントに相談することをおすすめします。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする