会社を辞めて無職になると暇すぎて鬱になる!やることがないという無職の恐怖

f:id:moguhausu2:20160109230227j:plain
 きつい会社を辞めた時、誰しも「今日から自由だ!」と喜ぶもの。
 最初の1ヶ月~2ヶ月は、朝ぐっすり眠れたり、好きなことを好きなだけやれて、自由を満喫出来るでしょう。

 しかし、だんだん「やることがない」という状況に飽きてきてしまいます。

 人間、暇になると精神的にキツくなるもの。
 いくら今まで時間を束縛されていたからといって、好きなことをやるにも限界があります。

 また、無職になると社会との接点もなくなり、自分が必要とされる場がなくなり、これも精神的にかなりきます。

 人間は他人との関わりで、自分の存在意義を確認する生き物ですから、無職になって社会に居場所がなくなると、だんだん鬱々とした気分になるものです。

 旅行をしたり旅をしようにも、仕事をしていないからお金がないという悪循環がありますし、将来への不安も蓄積されます。日本では、特に企業は職歴の空白を嫌いますから、あまりブランクが長くなると再就職が出来なくなるのでは? と不安を覚えるのです。

 こうした問題を考えると、やはり無職期間を長期化するのは精神的に良くないと言えます。
 ですから、1ヶ月ほどは好き勝手リフレッシュするにしても、その後の事を考えて再就職の準備をコツコツ勧めておくと良いでしょう。

 今回は会社を辞めて無職になった人向けの再就職準備について紹介します。

無職期間にアルバイトや短期派遣に手を出すのはNGです。

 無職期間に、暇だし短期のバイトでもしよう…と考える人は多いですが、意外とこれをやるとダラダラ無職期間が長引いてしまうのでオススメ出来ません。

 就活用のお金を稼ぐ、という目的があるなら良いのですが、中途半端にお金を稼いで再就職しなくてもそれなりに生きていける環境…つまり、ぬるま湯の環境を作ってしまうと、なかなか抜け出せなく成ります。

 人間は楽なポジションにはまってしまうと、そう簡単には抜けられません。

 アルバイトや派遣社員は、正社員ほど責任や負担は大きくないので、居心地が良いかもしれません。
 しかし、歳を重ねるにつれて非正規雇用は不安定さを増しますし、収入も頭打ちで、ワーキングプアになってしまいます。

 その上、あまりに非正規雇用の職歴が長いと、再就職の時にペナルティになってしまいます。
 やはり職歴の上で強いのは正社員経験ですから、無職期間に派遣社員やアルバイトなどで職歴を埋めてしまうのは良くありません。

 もしアルバイトや派遣社員として働くなら、期間と目標を決めて、再就職への一歩として行うべきでしょう。

再就職をするのが怖いと思うのは誰しも同じです

 一度、無職期間をダラダラ過ごしてしまうと、いざ再就職をする時に怖くなってしまう人は多いですよね。
 特に前職を後悔する形で退職している方や、ブラック企業で酷い目にあった方ほど、再就職をして同じ苦しみを味わったらどうしよう…と怖くなるものです。

 再就職は、言ってみれば環境の変化です。しかも、良いか悪いかは最終的に働いてみなければ分かりません。

 人が変化を恐れるのは、誰しも一緒です。
 人の脳は、負担を避けるために現状維持を最優先するよう作られているのです。

 しかし、いつかは仕事に就かなければ、私達は生活していくことが出来ません。

 ですから、再就職が怖いと思っても、勇気を持って一歩踏み出さなければいけません。
 恐怖を乗り越えるコツは、やはり、いきなり何の情報もなしに就活を再開するのではなく、事前に入念な準備をしてから就活を進める事です。

 新卒の時は、何も分からず適当に会社を選んでしまった人は多いでしょう。
 しかし、再就職であれば、前職の経験から

「自分がどんな仕事に向いているか否か」
「会社に求める条件は何か」
「どんな業界ならやっていけそうか」

 という情報が、より明確に打ち出せると思います。

 例えば、前職は営業だったけれど向いていなかった…というのであれば、別の職種をターゲットに就活する、という軸が出来ますし、平日休みがキツかったのであれば土日休みの会社に絞れます。

 このように、何でも良いので、自分の希望を出して、そこから求人を絞っていくやり方ならば、再就職でハズレを引く確率は低くなります。

 仕事なんて、誰しもそこそこやっているもの。
 無職期間が長引くと、私には仕事なんて出来ない、と怖くなってしまうものですが、仕事はそんなに難しいことではありません。

 肩の力を抜いて、気楽に就活に挑みましょう。
 まず第一歩を踏み出すことが重要です。

再就職の第一歩としてプロの転職エージェントにアドバイスを貰おう

 しかし、再就職は書類作成や面接のノウハウ、求人選びなど、やるべきことは多く、また知識・ノウハウがないと何からはじめていいのか分からないものです。

 そこでオススメなのが、転職エージェントを活用して、就職活動のアドバイスやオススメの求人を紹介してもらうことです。

 求人探しや、書類作成のハードルが高い就職活動ですが、プロである転職エージェントを活用することで、ここの負担をグッと減らすことが出来ます。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする