31歳の転職を成功させるコツ。年齢を言い訳にせず自分の求める仕事に就こう

f:id:moguhausu2:20150902083334j:plain
 31歳で転職を考える人の多くが、年齢を理由に二の足を踏んだり、焦って希望条件を満たしていない仕事に就いてしまうというミスをしています。
 確かに31歳という年齢は、20代の時のように未経験での転職が難しくなりますし、新しいキャリアを始めるには、ちょっと勇気がいる年齢です。企業から見れば30代前半は即戦力のプレイヤーでなければ採用しませんから、転職の難易度も当然、高くなります。

 しかし、もし31歳前後で転職せず、キャリアアップの出来ない会社や、やりたくない仕事、やりがいを感じない仕事を無理して続けると、30代後半で転職を余儀なくされた時に苦労することになります。

 実は、30代前半で会社や仕事に不満がある、別にやりたい仕事がある場合、転職という選択肢を選ばないことが大きなリスクになるのです。

 もちろん、結婚していて生活がある人や、我慢できる程度の不満であれば転職しないという選択肢は正しいでしょう。
 しかし、会社の将来性に不安があったり、納得のいかない仕事から脱出して働きやすい会社、やりがいのある仕事に就くには31歳での転職はベストタイミングと言えるでしょう。

 今回は、31歳の転職を成功させるコツを紹介します。

31歳での転職は難しいのか?

 31歳で転職を考えた時、一番最初に思い浮かぶのが年齢の壁です。
 転職は35歳まで、なんて言葉があるように、年齢を重ねると転職の難易度はグッと上がる…というのが世間一般の認識です。

 確かに、日本企業では年齢は重要なファクターで、35歳以上になると確実に管理職としての経験や、熟練したスキルを求められるでしょう。

 いわゆる即戦力の人材ですね。

 しかし、考えてみてください。転職市場に、即戦力の人材が何人いるのでしょうか?
 英語と中国語が話せる。プログラマー歴10年、といった市場価値の高い人材は、そう多くありません。またそういったハイキャリアの人材はヘッドハンティングでの転職が基本になるので、一般的な転職市場ではあまり活動していません。

 そのため、実は31歳前後での転職において、こういった年齢の壁、実績・スキルの壁を特別に意識する必要はないのです。

 35歳以上、40代になってくると、さすがに実績やスキル無しではキャリアダウン必須です。31歳はまだまだ主体的な攻めの転職が可能ですから、転職難易度について心配し過ぎる必要は全くないのです。

「私にはXXの経験がないから転職は無理だ」
「資格もないし、スキルも自信がない…」

 こんなネガティブな感情で、転職を止めてはいけません。

 重要なのは、自分が転職したいか否か、という点です。

 どうしてもやりたい仕事があったり、今の会社に勤めていて良い未来が見えない場合は、転職という選択肢を真剣に考えるべきなのです。自分の想像で作った壁に阻まれていては、どん詰まりになってしまいますよ。

性別関係なく31歳は重要な年齢です

 男性でも女性でも、30代前半は人生が大きく変わる可能性を秘めている年齢です。

 人生観や価値観が変わるのも、30代前半が多いもの。
 自分や友人が結婚して子供を作ったり、独立する人が出てきたり、時代が変わって今の会社の業績が昔ほど良いものではなくなったり…。

 今の会社に入社した時と、状況が大きく変わっていることが多いものです。

 ですから、改めて自分のキャリア、自分の将来像をしっかり見直して、不安や不満を潰しておくことが重要です。

 30代前半は、これからの人生…40代、50代に向けた人生の見直し時期とも言えるでしょう。
 30代前半で仕事に満足出来ていないと、かなり長い間、引きずってしまいます。

 35歳、40歳なんてまだまだ先…と思ってはいけません。
 時の流れは早いもの。転職したい、と思ったら早めに行動をして情報収集をしておきましょう。

在職中に転職準備をしておこう

 31歳での転職活動は、よほどのブラック企業に勤めていて今すぐ辞めたい、というケースを除いて在職中の転職が基本になります。
 失業保険は3ヶ月の受給待ち期間がありますし、転職が長期化した時に頼りありませんから、なるべく在職中にコツコツ転職準備をしておくことが成功のコツです。

 また、求人を探すまえに、自分のキャリアや実績・スキルを書き出して『自分ならどんな会社・業界に向いているか?』という点を明確にしておきましょう。転職の方向性を決めておかないと求人探しでは目があちこちに滑ってしまい、非効率的です。

 希望年収や希望の職種、同業種転職か異業種転職か。大企業か中小企業か、ベンチャー企業か…などなど、求人を探す前に決めるべき点はたくさんあります。

 転職において、最後に決断するのは自分自身ですから、まずは自分の意見を明確にしておきましょう。

 しかし、転職といっても、いざ準備するとなると、書類の準備や求人情報の検索など、負担が大きいものです。
 そこでオススメなのが、転職エージェントに登録して、無料相談&無料転職サポートを受ける方法です。

プロである転職エージェントに転職をサポートしてもらおう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 まだ転職をする予定がなくても、どんな求人があるのか、どんな仕事に応募できるのか、といった点を含めて無料で転職相談が出来ますから「転職市場の調査」として一度エージェントに相談することをおすすめします。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする