毎日仕事が終電帰りで辛い人は転職を本格的に考えよう。やりがいが感じられない仕事で長時間労働はムリです

f:id:moguhausu2:20150727163648p:plain
激務高給で知られる広告代理店や、繁忙期のメーカー、会計、プログラマー、SE、その他諸々の職業。そしてブラック企業…。

毎日、終電帰りを強いられる仕事は意外と多いものです。
酷いところでは会社に泊まって、次の日も仕事…といったケースもあり、激務な職業では「終電帰りなんて楽な方だよ」なんて冗談みたいな言葉が本当に起こっている業界もあります。

長時間労働は、健康的にはもちろん、精神的にも百害あって一利なしです。

唯一、クリエイティブな仕事や、やりがいのある仕事、夢のある仕事、人手不足などによる、どうしようもない修羅場のみ終電帰りでも耐えられますが、望んでもいない、やりがいも感じないのに毎日終電帰りだと、あっという間に精神が疲弊して倒れてしまいます。

終電帰りですと、食事や睡眠もまともに取れず、身体を休める暇もないので1ヶ月も経たずに身体に変化が出てきます。
ストレスによる胃痛。食欲不振。イライラ。涙が出てくる。無気力感など、鬱病などの精神病のみならず胃腸炎などの消化器系の病気にもつながるのが、終電帰り、もとい長時間労働です。

もし、毎日仕事が終電帰りで、なおかつ自分のやりたい仕事ではない、やらされている労働の場合は転職を本格的に視野にいれることをオススメします。

今回は、終電帰りに悩む人向けの転職ノウハウについて紹介します。

終電帰りの激務が許されるのは高給か夢のある仕事のみ

f:id:moguhausu2:20151028110544j:plain
実は、人間は長時間労働そのものに対しては、耐性がそこそこあります。
例えば漫画家。彼らは1日12時間以上働き、締め切り前には徹夜もザラです。

しかし、健康状態がすぐに悪化するかというと、そうではありません。
もちろん年を取れば、そんな無茶は身体にこたえますが、少なくとも30代、40代のうちは徹夜で作業をしてもすぐにはへこたれません。

一方、ブラック企業などで長時間労働を強いられる若者は、1ヶ月も経たないうちに精神を病んでしまいます。

両者の違いは、ストレスがあるか否かです。

漫画家は自分のやりたい仕事をしています。そして読者からの感想などがやりがいとなっており、仕事を終えた後の快感、やりがいは抜群です。

ブラック企業で長時間労働を強いられている場合は、そうではありません。やらされている仕事なので、やりがいも無く、ストレスは貯まる一方です。これで残業代が満額付くか、高給であれば少しはマシになります。

しかし「別にお金が欲しいわけじゃない」「お金を貯めても使う暇(使いみち)がない」場合は、賃金はやりがいにならず、やはりストレスの負荷は大きくなります。

そのため、後者のケースはストレスが大きく、鬱病や胃腸炎につながってしまうのです。

終電帰りをしてまで仕事をしても、報われない仕事なら、嫌になってしまいますよね。

長時間労働は思考力を奪い心が死にます。

f:id:moguhausu2:20150624143452j:plain
長時間労働が慢性化してしまうと、脳がそれに適応しようと踏ん張ってしまい、無気力、もしくは思考停止の状態になります。
睡眠時間が足りなくても、朝になったら脳が勝手に起きて、朝の支度をして出社という流れ作業を無意識に行います。

死んだ魚のような目で電車に乗り、会社について終電まで再び長時間労働…。

まるでロボットのようです。
しかし、そんな状態は長く持ちません。結局、最後は身体からSOSのサインが出て、布団から起き上がれなくなります。

「終電帰りがいつまでも続くわけじゃない」
「これくらいで、へばっていたら正社員なんて続かない」

そんな風に、自分で長時間労働を正当化していませんか?

長時間労働をしても、喜ぶのは不当に利益を得ている経営者だけです。
あなたに仕事を押し付けている何者かだけです。

いつまでも続かなくとも、会社の体制やあなたの地位が変わらなければ、再び終電帰りを強いられる長時間労働に巻き込まれます。

だったら、最初から労働時間をきっちり守っている優良な会社に転職しましょう。
激務な仕事が合わないのであれば、無理せず「労働時間の短縮」を目的に転職をしましょう。

合わない仕事で我慢し続けることは、百害あって一利なしですよ。

自分のために転職をするという選択肢

f:id:moguhausu2:20150624100758j:plain
かたくなに「転職はダメだ!」と思っている人がいますが、転職=悪という図式から一旦離れましょう。
特に自分に自信がない人、責任感が強い人、苦労して正社員になった人は我慢して長時間労働を受け入れがち。

でも、長時間労働は、見方を変えれば、自分自身を痛めつけているようなものです。

体力があって精神力もあるスーパーマンなら問題ありません。
でも、強さは人それぞれですし、一概に「みんなやってるんだから、自分も頑張らなきゃ」というのは、まさに思考停止と言えるでしょう。

まず、自分の限界を知りましょう。
お酒と一緒で、限界を超えて飲んで自分や周りに迷惑をかけるくらいなら、潔く諦めて自分にあった労働時間のラインを見つけましょう。

転職は誰かのためにするものではありません。他でもない自分自身を守るためにするのです。

「不満があるけど行動しない」という選択肢ではなく「不満があるから自分のために行動する」という選択をする勇気を持つことが大切ですよ。

しかし、転職といっても転職するには様々な手順を踏まなければいけません。履歴書・職務経歴書を作り、条件に合う求人を探して面接対策をして…となると、やはり負担が大きいですし、最初は右も左も分からないですよね。

そこでオススメなのが、転職エージェントを利用して転職をサポートしてもらう方法です。

転職のプロである転職エージェントを利用しよう

f:id:moguhausu2:20150525122710j:plain
転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

利用料は最初から最後まで無料です。
転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

上記は入力の一例です。

上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトはこちら

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする