30歳で転職をするなら年収500万以上を目指そう!自分を安売りしない求人の選び方

f:id:moguhausu2:20160308120626j:plain
 30歳を機に転職を考える人は多いです。
 転職には35歳の壁という言葉があるように、35歳を過ぎると同業種転職以外は厳しくなる…という説があるからです。

 実際、35歳を超えると管理職としての転職が基本となり、転職のハードルも一段階アップします。

 ですから、30歳のうちに転職をして5年後、10年後のキャリアの見通しを明るいものにしておくことは重要ですし、多くの方が30歳でキャリアアップ・キャリアチェンジの転職を行っています。

 しかし、30歳の転職は慎重に行わなければいけません。
 というのも、20代であれば転職に失敗してもやり直しが効きますが、30歳の転職で失敗してしまうと、取り返しの付かない事になるからです。

 特に注意して欲しいのが、年収の見通しを甘く見すぎて、自分を安売りしてしまうケースです。
 適正年収は500万なのに、400万で転職してしまった。前職より年収が下がってしまい、生活が苦しくなった…なんて話はよく聞く失敗例です。

 無理に高望みをしても内定は出ませんが、自分の適正年収を知り、年収水準の高い業界・企業を探すことを怠っては30歳の転職で成功はあり得ません。

 今回は30歳で転職をするなら年収500万以上を目指すべき理由とコツについて紹介します。


今の会社が10年後も成長しているか考えてみよう

f:id:moguhausu2:20160302135035j:plain
 GDPが年々下がっている絶不調な日本経済。
 残念ながら、今後10年で経済状況はより厳しくなるでしょう。

 不景気になった時、十分な年収を確保するためには、個人の能力のみならず会社その物の資本力が必要です。

 公務員を除いて、民間企業は時代と共に生き残る企業と没落していく企業で分かれます。
 もし、後者に入ってしまえば、どんなに優秀な人材でも年収ダウンは避けられません。

 さらに、いざ泥船から逃げようと転職活動をしても、年齢がネックになってにっちもさっちもいかない…なんてことになったら、サラリーマンとしては詰みの状態になります。

 今の会社、今の仕事が10年後も生き残っている・成長しているかどうか、冷静に考えてみましょう。
 見通しが暗い、不鮮明な場合。そして現在の年収が低い、今後も伸びない可能性が高い場合は、30歳の時点で転職を視野にいれて行動するべきです。

 40歳になって、ヤバイ、転職しようと慌てふためいても、年齢の壁が足かせになって逃げられません。
 したたかな人ならば、30歳の時点で10年後まで考えて行動しています。

 現状維持はとても楽ですが、時代と共に飲み込まれてから慌てても何も出来ないのです。
 時代の変化が激しい昨今、転職という選択肢を持っておくことが、今後、生き残るためのコツと言えるでしょう。

これまでの実績やスキル、武器になる経験を書き出しておこう

f:id:moguhausu2:20160302170846j:plain
 30歳の転職で年収アップ、年収500万以上のキャリアを手に入れるには、当然、実績やスキルが求められます。
 どんなに社会人経験が長くても、自分がその会社で何を行い、どんな仕事でどれくらい会社に利益を与えたかを把握しておかないと、転職は出来ません。

 これまでの実績や経験、スキルは、言うなればあなたの武器です。
 自分の持っている武器を知り、その武器を欲しがっているであろう企業・業界に当たりをつけて、一番待遇がよく働きたいと思える企業にアプローチする…これが転職の基本スタンスになります。

 自分の武器や、希望条件があやふやですと、アプローチする方法もするべき相手も上手く見つけられず、転職の長期化や失敗につながります。

希望条件を決めることで安売りを避ける

f:id:moguhausu2:20160303145312j:plain
 転職するにあたって、希望条件を明確にしておくことは、前述した通り重要です。
 希望条件は、実績、スキルと同じく転職の軸になるので、初期の段階で固めておくことが望ましいでしょう。

 まず、希望条件を出せるだけ出してみましょう。
 下記に例をあげておきます。

・安定した大企業、又は大企業の関連会社
・有休取得率が高い企業
・転勤なし
・大きなプロジェクトに関われる
・スタート時、年収500万以上
・土日休み

 このように、贅沢を言っても構いません。すべてが叶うとは限らないので、どの条件を優先すべきか優先順位をつけておきましょう。

 こうして希望条件を出しきっておくことで、いざ転職をするときに自分の安売りを避ける事ができます。
 安売りをして入社しても、待遇に不満を感じて辞めたくなってしまったら転職の意味がありません。出来るだけ自分の希望条件に合致する会社に絞って転職を行いましょう。

 もちろん、高望みのし過ぎは転職長期化に繋がります。
 実績や経験、年収相場と比較して、客観的な視点をもって希望条件を絞る作業も随時行いましょう。

転職でキャリアアップを目指すなら年収500万が最低ラインです

 30歳の転職において、年収アップをメインの目的にするならば、年収500万が最低ラインの目安になります。
 残念ながら、30歳で年収500万以下の求人を出している会社に入っても、その後の年収の伸びは期待出来ません。年収は企業や業界の経済力・資本力によって左右されますから、仕事内容は似ていても年収が100万以上違う…というケースもザラです。

 例えば、法人相手のIT営業であっても、Aという中規模の企業は年収400万スタート。一方で外資系大手、日本支社のIT営業であれば年収600万スタート、といった風に会社の母体の強さによって、年収が大きく変わります。

 スタート時の年収は、そのままベースアップにも繋がりますから、年収はしっかりチェックして妥協しないよう注意しましょう。

 家族がいる人なら、なおさら年収の妥協はNGです。
 今後、住宅ローンや子供の教育費、自分たちの年金などお金が必要になるイベントが盛り沢山です。

 経済の見通しが不鮮明な日本で、中流以上の生活を維持して、いざというときの貯金を確保しておくには、やはり年収500万以上が必須条件です。

年収500万以上の求人は転職エージェントに紹介してもらうのがベストです

 しかし、求人を見ていると、なかなか年収500万以上というのは少ないものです。
 そこでオススメなのが、転職エージェントを利用して非公開求人を紹介してもらう方法です。

 転職エージェントは一般的に待遇の良い非公開求人を抱えており、年収の高い求人もその中に多く備わっています。
 また、エージェントは年収交渉を代行してくれるので、年収500万以下の求人であっても、交渉によって年収500万以上に引き上げてくれる事が期待できます。

 30歳の転職は一人で行うとなると、書類の準備や求人選定など時間がいくらあっても足りません。エージェントを利用することで、効率良く年収アップの転職が出来ますから、ぜひ上手に活用して30歳の転職を成功させましょう。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

今すぐ転職する予定はなくても面談をして客観的なアドバイスを貰っておこう

 転職エージェントは、今すぐ転職する予定・希望がなくとも、面談は可能です。
 休みの日に面談を受けて、自分の人材価値や応募可能な求人、キャリアプランなどを転職のプロに相談することで、新しい進路が見えてくる事がありますから、ぜひ積極的に転職というイベントに対して働きかけてみましょう。

 エージェントから送られてくるメールの中で「これは!」と思える求人があれば問い合わせてみる…といった待ちの転職も出来ます。転職エージェントへの登録=転職することが決まってから、という常識を捨てて、早め早めに登録して情報のアンテナを張っておきましょう。

 良い情報というのは、鮮度が命です。
 情報をこまめに拾っている人だけが勝者になれるのです。

 常にキャリアアップを意識して、年齢がネックになる前にしっかり明るいキャリアを築きましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする