平均年収のアラサー女性が年収アップの転職を考えるべき理由。現状維持は危険です

f:id:moguhausu2:20160303145312j:plain
 アラサー女性の平均年収は、正社員で337万円。非正規社員で270万円と一昔前に比べて低下の一途をたどっています。

「年収300万だけど、平均年収くらいだし正社員だからしょうがないか」

 と諦めていませんか?
 この現状維持の思考では、今後、通用しない可能性があります。

 現在、平均年収は男女共に年々下がっていますが、それは全体が下がっているのではなく、キャリアの勝ち組の年収が伸びて、それ以上にキャリアの平均~負け組ラインの年収が大きく下がっている…という図式になっているのです。

 人知れず公務員の年収はアップしていますし、大企業も基本給アップで年収は伸びています。
 一方で、一般的な会社員、および非正規社員の年収は切り下げられるばかり。ダメ押しとばかりに、消費税増税が襲いかかり、もはや平均年収ラインの年収300万前後では、まかなえない社会になっているのです。

 今後、さらに物価が上がったら?
 インフレによって家賃が上がったら?

 ただでさえ年金に期待できないのに、これではどうしようもありません。

 特に年収300万~それ以下のアラサー女性は危険です。

 独身を貫くにしろ、結婚をするにしろ、年収アップやキャリアアップを目指して動かないと、あっという間に経済的な理由で行き詰まります。

 今回はアラサー女性が年収アップの転職を考えるべき理由とコツについて紹介します。


日本の経済力は格段に落ちています

 残念ながら、日本という国自体の経済力は年々低下しています。
 理由は言わずもがな、少子高齢化です。日本は、子供が減り高齢者が増えることで税負担が増えて、庶民がますます消費できなくなり、企業が給与を絞って所得が下がり…というサイクルに入っています。

 さらにアメリカと同じく、所得の格差が広がり続けているので、今後はますます勝ち組と負け組の経済格差が大きくなるでしょう。

 今、アラサーで平均年収ラインをウロウロしている人も、5年後、10年後に「負け組」カテゴリーに落下する危険性が非常に高いのです。

 今の時点で、平均以上のキャリアに入っておかないと、将来、平均ラインにしがみつくことは難しくなります。総中流社会が終わり、上と下で階層が分かれる格差社会に突入しているのです。

 男女平等社会と言いながら、未だに女性の方がキャリアの選択肢が少ない日本だからこそ、20代後半~30代前半のアラサーのタイミングでキャリアアップに挑戦しておかないと、時間切れになってしまうのです。

転職で年収アップを狙うならアラサーがベストタイミングな理由

 25歳~35歳のアラサーラインの女性は、社会人として成長し、一番活躍が期待できる年齢です。特別な技術・手に職がなくても、新卒にはない実務経験という武器があり、年齢の壁もハンディキャップにはなりません。

 実は、この25歳~35歳というアラサーの年齢層が転職市場において最も需要が大きいのです。

 20代前半ですと、若すぎる、社会人経験が少なく短期離職の不安がある等、意外と転職で苦労するケースが多いです。一方、アラサーで実務経験有り(非正規雇用での経験含む)ですと、社会人経験を評価する企業が多く、良い待遇の求人に入れるチャンスが多いのです。

 もちろん、結婚などのライフイベントが起こる可能性も多く、色々と迷うことも多いでしょう。

 しかし、一つだけ言えることは、結婚するにせよ独身で働くにせよ、この年代で年収アップ・キャリアアップをしておかないと5年後に動けなくなる可能性が出てくるということです。

 現在、結婚をすると共働きをするのがスタンダードになっていますが、いざ子供が生まれた時に「うちでは育休後の復帰は約束出来ない」と会社に言われたら、どうしますか?

 会社は代わりの効く人材には厳しく、希少価値の高い人材には甘いです。
 派遣社員にしても、語学やプログラミング、特殊技術のある人材の時給は高く、求人も多い。一方で誰でも出来る事務職などは即首切りをする…。

「今の会社にしがみつこう」という現状維持の思考が許されるのは、日本という国が成長していたバブルまで。

 今の時代、アラサーのうちに強い経験・実績・技術のどれか一つ持っておかないと、苦労することになります。もちろん、年収を上げて現役時代にしっかり貯金をしておかないとダメなのは、言うまでもありませんね。

派遣社員のアラサー女性は正社員へのキャリアアップを目指すべき

 派遣社員は、残念ながら今後5年、10年たっても「使い捨ての人材」であることは否定できません。
 特殊な技術・スキルがある派遣社員はともかく、代わりがきくポジションの場合、年齢が上がった時点で契約終了という可能性が出てきます。

 正社員へのキャリアアップ、就職を目指すなら、アラサーである今がラストチャンスです。
 40代に入ると、正社員になるのは難しく、派遣社員としても仕事を探すのが厳しくなります。

 派遣社員の方は「どうせ正社員なんてなれっこない…」と諦めたり現状に満足せず、年齢の壁がまだ低いうちに正社員を目指して就職活動を行いましょう。

キャリアアップ・年収アップの転職は難しくありません

 派遣社員からの就職活動、キャリアアップの転職にはエネルギーが必要ですし、何のスキルもない人は転職が出来るかどうか不安を覚えるでしょう。

 しかし、今の時代、行動をしないことがリスクになります。もちろん誰しも転職すれば成功する…という保証はありません。しかし、転職の知識を知る、経験しておく、応募可能な求人を見ておく事で、選択肢を得ることが出来ます。

 選択肢を知っておけば、今の会社がベストorそうではない、という事に気づけるようになります。
 比較対象や新たなキャリア・進路を知ることで『知っている人にしか得られないチャンス』を見つけることが出来ます。

 宝くじは買わなきゃ当たらないのと同じで、数少ない優良求人や転職のチャンスは、常にアンテナを張ることでしか得られません。

 知っているか、知らないかの差だけで、年収が100万円以上変わる可能性があるのです。

 少しでも今の会社、将来の自分の待遇に不安がある人は、まず転職の可能性を自分なりにチェックして情報を集めると良いでしょう。在職中の転職活動なら、リスクはありませんし気軽に始められるのでオススメです。

 在職中の就活・転職活動に役立つのが、無料で利用できる転職エージェントです。

応募可能な求人を転職エージェントを紹介してもらおう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain

 優良な求人や、自分が応募可能な求人を紹介してもらうのに非常に役立つのが転職エージェントです。
 転職のみならず、派遣社員から正社員への就職もサポートしてくれます。

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスで、利用料は最初から最後まで無料です。

 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

関連リンク

 28歳短大卒の女性が年収アップの転職を成功させた体験談です。

・TOEIC700点の28歳女が転職で外資系企業の経理に転職した体験談。年収100万アップ達成しました

 結婚を考えている女性向け。育休制度のある会社にてんしょくすることの勧めです。

・育休が取りやすい会社に転職する事の勧め。総合職でバリキャリのOLは結婚・出産後のキャリアまで考えて行動しよう




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする