セクハラが原因で会社を辞めたい女性が転職で成功するコツとチェックポイント。セクハラ問題の対処法は転職が一番です

f:id:moguhausu2:20150608152900j:plain
 労働における男女平等が成り立っても、なお減らないセクハラ問題。

 最近では従来のセクハラの他に「まだ結婚しないの?」「子供は作らないの?」「彼氏いないの?」といった間接的なセクハラから、妊娠を機に退職を強要するようなマタニティーハラスメントまで様々な問題が起こっています。

 特に男社会の会社や、古い体制の会社ではセクハラが当たり前のように行われており、罰則もほとんどないのが現状です。

 国が守ってくれず、会社もなあなあで済ませるセクハラ問題に直面したら、どう対処すればいいのでしょうか?

 答えは簡単で、そんな会社は辞めてセクハラのない会社に転職することです。
 セクハラは簡単に解決する問題ではなく、かつ女性に負担の大きいトラブルです。セクハラをしてくる相手が上司なら、なおさら対処が難しいですから、転職という逃げの選択肢をしっかり確保しておきましょう。

 逃げるのは悔しい! と思う方もいると思いますが、逃げ道を自分で潰してしまうと、いざという時に袋小路に詰まってしまう危険性があります。

 なるべく選択肢は多く持っておき、状況やタイミングに応じてベストな手札を切っていきましょう。
 そのためには、事前に転職の知識を知っておく、転職の準備をしておくことが大切です。

 今回はセクハラが原因で会社を辞めたい人が転職で成功するコツとチェックポイントを紹介します。


セクハラが無くならない理由とは

f:id:moguhausu2:20160118131856j:plain
 サービス残業と同じく、セクハラの問題はなかなか根強く、罰則もほとんど無いに等しいため、未だにいくつかの会社・業界で蔓延っています。

 セクハラは女性の心に負担をかけるだけでなく、会社の「女性の働きやすさ」を失うあってはならない問題です。
 しかし、女性を軽視している男性や、そもそも「この質問がセクハラ」という事を理解していない男性などは、悪意なくセクハラを行う事が多いです。

 悪意の有無にかかわらず、こういったセクハラを常習的に行う人物がいると、仕事に集中できないのはもちろん、不快な思いを毎日することになります。

 一方、セクハラを仕掛ける相手は、楽しんでいたり、セクハラの罰則が甘いことを知っているため堂々とセクハラをしてきます。
 特に地位や権力を持った人物がセクハラ常習犯だと、どうしようもありません。コンプライアンスのしっかりしている大企業ならまだしも、中小企業や男に甘い会社では、問題提起をしてもスルーされるのが関の山です。

 セクハラに対処する方法はいくつかありますが、あくまで一時的な対処であり、会社のコンプライアンス意識が低い限り、根本的な解決は難しいでしょう。

 ですので、セクハラがあまりにも目に余る場合は、さっさと転職して今の会社に見切りをつけるのが一番、合理的です。

前職を辞めた理由を、どう話すべきか

f:id:moguhausu2:20150927153212j:plain
 転職する時に問題になるのが、前職を辞めた理由についてです。
 正直にセクハラにあった、と言うのは恥ずかしいですし、相手もどう判断していいのか困惑させる危険性があります。

 ですので、転職にて前職を辞めた理由を聞かれたら、キャリアアップや人材評価への不満など無難な理由で切り抜ける事をオススメします。

 転職では、前職を悪く言うのは厳禁です。なるべく前向きな理由に置き換えて、志望動機などと絡めて応えるのがベストです。

あまりにセクハラがひどいなら即退職を選ぼう

 転職は、在職中に転職活動をするのが経済的にも負担がなく一番良いのですが、セクハラがあまりにもひどく、精神的なプレッシャーが重い場合は、退職を急ぎ、落ち着いてから転職活動を行うことをオススメします。

 失業保険は3ヶ月の受給まで待機期間があるので、できれば3ヶ月分の生活費を貯金してから退職するのが良いのですが、それが難しいならキャッシングや短期バイトなどを活用して乗り切りましょう。

 キャッシングは、アコムやプロミスであれば30日以内に返済すれば利子はつきません。
 在職中なら即日、お金を借りることができるので、上手にやりくりしましょう。

 セクハラは、最悪の場合、ストーカーや犯罪行為までエスカレートします。
 さらに精神的負担が続けば、うつ病などの精神病になってしまい、転職活動が行えない危険性も出てきます。

 転職のタイミングは、自分の精神状態に合わせて選びましょう。
 自分を守れるのは、自分だけですから、決断したら即座に行動しましょう。

誰かに相談することで楽にはなるけど解決にはならない

f:id:moguhausu2:20160205103606j:plain
 セクハラなどの被害にあったら、誰かに相談すると、気が楽になります。
 友人に愚痴を言って、共感してもらうと一時的にほっとしますよね。

 しかし、セクハラの根本的解決には至りません。
 相談をすることで解決するケースは、社内のセクハラ相談窓口や、セクハラ問題に理解ある上司に相談する等「直接セクハラを行っている人物に介入できる」ところに相談した場合のみです。

 残念ながら、セクハラ問題は、友人や知人への悩み相談では一時しのぎにしかならないのが現実です。

 問題を解決するには、セクハラを起こしている人物をどうにかするか、転職をしてさっさと離れるの二択しかありません。

 要するに、戦うか見切りをつけて逃げるかの、どちらかです。

 私は、仮に戦って勝利しても、セクハラを許す、見過ごしている会社を信用することは出来ません。また戦う事は転職以上にエネルギーを使いますし、いざ戦っても改善が見込めない場合、より酷い状況になることもあります。

 セクハラ問題が起こって、会社に不満がたまっている場合は、見切りをつけてより働きやすい職場に移ることをオススメします。

良質な求人を見つけるために、転職エージェントを利用しよう

f:id:moguhausu2:20160205102355j:plain
 転職となると、難しいのが求人選びです。
 こればかりは転職の経験や社会人経験を積まないと、どの企業が良くて、どこがブラック企業なのか分からないものです。

 特にハローワークなどは悪質な会社が求人をバンバン出しているので、はじめて転職する方にはオススメ出来ません。

 そこでオススメなのが、転職エージェントを利用して求人を紹介してもらう事です。

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする