職場の人間関係に悩みを覚えたら考えるべき選択肢。嫌な上司、陰口が横行する職場はスラム化します

f:id:moguhausu2:20160205103606j:plain
職場で最もモチベーションを左右する要素といえば、人間関係ですよね。
職場に仲の良い同僚、信頼できる上司がいるだけで、多少激務でも耐えられるもの。誰かのために頑張りたい、一緒に頑張ろうと思える人が職場にいることは、仕事をする上で欠かせない要素になります。

しかし、人間関係が悪い場合は逆のことが起こります。

一緒に仕事をしたくない人がいる。
上司がちゃんと評価してくれない。
派閥争いがあり、職場内がギクシャクしている。

そんな「人間関係の悩み」を抱えてしまった社会人は、早めに対策をしておかないと泥船に乗るはめになってしまいます。

今回は職場の人間関係に悩みを覚えたら考えるべき選択肢を紹介します。

陰口はNG!派閥争いに付き合うと泥沼に陥ります

人間関係が揉めると、陰口があちこちで起こります。
当然、その流れは自分にも来て、陰口の同意を求められることも…。

しかし、陰口というのは、百害あって一利なしの行動です。
自分の格も下がりますし、一度陰口に同調してしまえば、どちらかの派閥に加わることになり争いに巻き込まれる事は必須です。

そもそも、職場は仕事をするべき場所。
陰口を気軽に叩ける職場は、職場環境そのものが悪化して「職場のスラム化」が起こっている可能性もあります。

そういった環境では、優秀な人が辞めてバカな人ばかりが残るので、仕事もまともに進まなくなり、仕事が出来る人…あなたに仕事が集中する可能性も出てきます。

陰口がぼちぼち出始めたら、見切り時と心得ましょう。

嫌な上司、ゴマすり上司は割りきって接するべし

上司というのは、良し悪しが極端に分かれますよね。
理解ある上司ならともかく、使えないのに態度ばかり大きい上司が職場にいたら、イライラすることも多くなるでしょう。

もし、上司以外の人間関係が良好であれば、割りきって接するのが一番です。
どんなに嫌な上司でも、仕事が出来ないようなら馬脚を現すでしょうし、性格が悪ければ皆から嫌われ孤立するでしょう。

職場において孤立は避けるべき事態です。
嫌な上司、問題のある上司は必ずどこかで没落しますから、慌てずに時を待ちましょう。

社内不倫や経費の無駄遣いなどモラルハザードにも要注意

社内で一番困る人間関係のトラブルといえば、社内不倫や社内恋愛のこじれです。
自分が当事者でなくとも、社内でそういった色恋沙汰のトラブルが起こったら、仕事が進めにくくなりますよね。

公私混合は社会人としてNGですが、モラルが低くなっている会社では、恋愛感情のもつれで嫌がらせ…なんて子供っぽいトラブルが起こることもあります。

他にも、騒ぎに乗じて経費を無駄遣いしたり、明らかに経費をちょろまかすような人が増えてきたら、職場を見限るポイントと捉えましょう。

あり得ない事が起こる「モラルハザードな職場」になってしまうと、集まってくる人の質もどんどん落ちて、会社が倒産する危険性も出てきます。

会社はヒト、モノ、金で回っています。ヒトの部分が崩れると、財政悪化は早いもの。
給料未払いなんて事態になったら生活に影響が出ますから、人間関係のみならずモラルハザードが起こり始めたら、脱出の準備を始めましょう。

どうしても我慢出来ない環境になったら転職を考えよう

正社員にせよ派遣社員にせよ、職場の人間関係の悪化は大きなストレスになります。
もし我慢できないほど人間関係が悪化してしまったら、仕事を変える、職場を変える事をオススメします。

正社員であれば簡単に転職は出来ない…と思う方もいるでしょうが、同業種転職なら意外とすんなり決まるもの。
入社したばかり等の事情がなければ、泥船脱出の良いチャンスになるでしょう。

人間関係が崩れた職場からは、良い人、仕事が出来る人から抜けていきます。
ババ抜きのように残った人に仕事が集中するので、もし人間関係の悪化が起こり始めたら、手遅れになる前に脱出計画を立てましょう。

派遣社員であれば契約中でも事情を話せば仕事は変えられますし、正社員でも転職はメリットがたくさんあります。同業種転職なら年収アップ、規模の大きい会社への移動のチャンスになりますし、異業種転職なら新しいキャリアへの入り口になります。

転職というとデメリットを先に考えてしまいますが、今の職場に居続けるデメリットは皆さん見逃しがち。
ぜひ、人間関係が壊れた職場に居続ける事と、転職をして新天地で仕事をする事のメリット・デメリットを比較して今後の立ち回りを決めまそう。

良くなる時はコツコツと、悪くなる時は一瞬…とは、よく言ったものです。
問題が大きくなる前に、早め早めの行動をすることをオススメします。

しかし、転職といっても何から始めればいいのか分からないもの。
そこでオススメなのが転職エージェントに登録して、おすすめの求人を紹介してもらう事です。

転職エージェントに登録して転職をサポートしてもらう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

利用料は最初から最後まで無料です。
転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

上記は入力の一例です。

上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトはこちら

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする