ADを辞めたい人が転職で成功する方法と心構え。テレビ業界を辞める人の他業種転職ノウハウについて

f:id:moguhausu2:20150727163648p:plain
 テレビのアシスタントディレクター、いわゆるADの仕事は、華やかなテレビを裏で支える仕事として、就職を希望する人は多いです。
 出世すれば、テレビ業界を動かす大物になることも出来るため、競争を勝ち抜けば華やかなテレビ業界に関われる、将来性のある仕事です。

 しかし、その労働条件は過酷を極めます。
 芸能関係の仕事においては、労働基準法なんて無視が基本。朝の生放送やドラマの担当になれば、朝から晩までディレクターや各スタッフの使いっぱしりとして走り回らなければなりません。

 出演者のアポ取りや、取材先のリサーチ、移動、宿泊の手配といった総務的な手続きなど、ディレクターや出演者が気持ちよくロケが出来るよう死ぬ気で動き回る必要があります。

 それにやりがいを見出して、限界をこえても働ける人のみがディレクターになることが出来ます。

 しかし、並の体力・精神力ではADとして生き残ることは出来ません。

「ADを辞めたい…」

 そう思ってしまう人は、毎年、何人も出ています。

 ADを辞めた後、ぼーっと無職になってしまう人が多いのですが、それはよくありません。

 そこで、今回はADを辞めたい人が転職で成功する方法と心構えを紹介します。


テレビADの世界はワースト1,2を争う苛酷さです

 よく過労死や労働基準法違反で取り上げられるのが、外食産業です。
 しかし、その外食産業に負けず劣らず、劣悪な労働環境なのがテレビADという仕事。

 会社に泊まったり、徹夜は当たり前。
 一日中走り回って、人間関係の調整や頭を下げる作業を行うのですから、体力的にも精神的にも辛い仕事です。ディレクターになり将来テレビ業界を牛耳ってやる! という覚悟がなければ続けられない仕事と言えるでしょう。

 テレビADはアスリートのようなものです。
 スタートは誰でも出来て、夢があり、素質があれば生き残れる。
 入り口が広く出口が狭い仕事です。

 そのため、新入社員は非常に多く、しかしどんどん辞めていくので常に人手不足…そのせいで更に仕事が過酷に!というのがADの現実です。

 そんなADの世界ですから、ADの仕事を辞めたいと思っても、何ら恥じることはありません。
 むしろ合わない、続けられないと感じたら即座に辞める判断をするべきです。夢を持って突き進めるスーパーマンだけがADの世界で生き残れるのですから、そうでない人にとってはダラダラ無気力に続けても何もメリットはありませんよ。

人の十倍の根性がないなら、ADは諦めるべきです

 テレビのADの仕事は、何よりも根性や負けん気が求められます。
 例えば、ディレクターの無茶振り「明日までに大型犬5匹つれてきて」なんて話にも、真摯に対応し、死ぬ気で応える必要があります。

 それに応えられれば、周りから信頼され、ADとしても動きやすくなります。
 逆に応えられなければ、周りからの信頼を失い、ADとして誰も信用しなくなります。

「そんなの無茶だ」

 と思える頼みごとが降ってくるのがADの世界です。
 理不尽で、ありえないことでも起こるのがテレビ業界。この程度の無茶振りに答えられないようであれば、ADは諦めた方が良いでしょう。

 仕事が出来ない自分、無茶ぶりに応えられない自分が許せない。だから死ぬ気でやってやる! という根性があるタイプのみ、生き残れます。テレビ業界は体育会系で、非常識が常識な世界です。

 合う合わないが極端に出る業界ですから、一度でも「きつい、AD辞めたい」と思ってしまい心が折れたなら、おとなしく辞めたほうが自分の幸せにつながりますよ。

転職は退職後に動くのが基本です

 ADが転職する場合、一般的なサラリーマンのように仕事をしながら休みの日に転職活動をする…といった事は出来ません。
 ですから、退職してから転職活動を行うのが基本になります。

 ADを辞めるときは「辞めます」というと「じゃあサヨナラ」なんて即日解雇もあり得る業界ですから、即座に転職活動にうつれると思います。
 というか、バックレや飛ぶ人が多い業界ですから、退職すると伝えるだけマシなのでしょう

 さて、ADを辞めた後の就職活動(転職)ですが、まず転職において不安を覚える心配はありません。
 というのも、ADの過酷な経験は強い武器になります。今はどの企業も即戦力を求めていますが、即戦力というのは資格や特別な技術だけではなく、過酷な経験をしてきた職歴も含まれます。

 テレビのADという誰もが驚く過酷な現場で仕事をしてきたのですから、一般企業の中であなたを欲しがる会社は多いでしょう。
 実際、テレビADの人で、他業種転職に成功する人は本当に多いです。未だに日本企業では根性や苦労してきた経験を評価する会社が多いですから、なおさら需要があるのでしょう。

 体育会系の学生が就活に有利なのと同様、体育会系で厳しいテレビAD出身者も好まれるようです。

 しかし、いくら根性があると思われても、最低限の転職マナー、転職ノウハウを知らなければ転職は成功しません。
 求人の選び方一つとっても、右も左もわからずやみくもに応募しては、ブラック企業に引っかかってしまい時間を無駄にしてしまいます。

 せっかくADという過酷な仕事を辞めたのですから、せめて転職先では一般的な労働条件…例えば、残業は月20時間以下、年間休日120日以上、といった条件を持っている企業に入りたいですよね。

 そこでオススメなのが、転職エージェントに登録して転職ノウハウを教えてもらったり優良な求人を紹介してもらうことです。

転職エージェントに登録して転職をサポートしてもらう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする