正社員の女性が仕事を辞めたいと思う理由まとめ。人間関係や派遣の派閥争い、労働時間など

仕事を辞めたい、と思っている人は何かしらの不満を職場や仕事に持っているものです。
特に女性は人間関係がデリケートで、仕事に打ち込んでいても、つまらないトラブルで気を揉む機会が多いですよね。

けれど、他の人がどんな理由で辞めたいのか、どんな不満が世の中にあるのか、知る機会は少ないです。

そこで今回は、20代から40代まで仕事を辞めたいと思っている女性にインタビューしてみました。

皆の「辞めたい理由」が分かれば、辛いのが自分だけではないことが分かって、次の行動に繋げやすくなると思います。
それでは、どうぞ。


人のためになる仕事に就きたかったのに、勤めた病院はお役所的な文化でした

(23歳 病院事務)

今の仕事は自分がやりたくて始めた仕事です。
「人のためになる仕事」というのがやりたくて、私は医療事務になろうと思ったのです。誰かの役に立ちたいという気持ちがすごく強かったです。

しかし実際に仕事を始めて見ると、この仕事はそれほど温かな仕事ではありませんでした。
同じ職場で働く職員はものすごくきつく、性格が歪んでいます。そのせいで、毎日事務内でぎくしゃくしています。

人の悪口は当たり前、中には患者さんの悪口を言う人までいて、笑いものにしていました。こういう環境がどうしても許せなくて、私は仕事を辞めたいのです。

私がやりたい接客がまったくできない職場だと思いました。

こういう環境であっても患者さんと触れ合えるならまだ頑張ります。でも患者さんと触れ合う機会もすごく少なくてみんな事務的に淡々と対応するのです。

患者さんへの対応がすごく冷たい病院で、私はこの仕事を続ける自信がなくなってきました。私が目指していた患者さんを思いやる気持ちが根本的にないのです。

こんな職場でいると私までそこに染まってしまいそうです。だから今は少しでも早く転職したいと思っています。一刻も早くこの職場を辞めたいです。

私は医療事務の仕事に理想が高すぎるのかもしれません。
それにしても対応の酷い職場だと思うし、ここより患者さんのために働ける病院はきっとたくさんあると思っています。

派遣社員で派閥が出来、板挟みになって辛い

(23歳 縫製工場)

高校を卒業後、体操服などを作る縫製工場へ正社員として就職して5年目になります。

私は今の仕事を辞めたくて辞めたくてたまりません。
その理由は人間関係です。
私が働いている職場は縫製工場ということもあってかほほとんど女性ばかりの職場です。

女性ばかりということもあり、職場は人間関係がかなりドロドロしています。

派閥があり、仲の悪い派閥同士は仕事の内容であっても口をききません。
私は女同士でそういうふうにむれるのが学生のころから苦手で今、会社でもどの派閥とも仲良くしていません。

そういうこともあってか、私は今、会社で伝言係みたいになってしまっています。

派閥同士、仕事上必要なことであっても口を聞かないので、私が間に入って伝えなくてはいけないようになってしまっています。

私には私の仕事があるのに、突然呼ばれ、向こうのグループの○○さんにここ不備があると言ってきてなどと頼まれます。

そんなこと自分で言ってくださいと思うのですが、それが言えず、伝言係みたいになってしまっています。
時には、私の目上の社員の方に対して仕事が遅いんだよと言ってきてと頼まれることもあります。
そんなときは、その方の所まで行き、適当なことを話し、そんなことは言わないようにしています。

こんな毎日なので、ストレスが半端ないので、辞めたいのですが、仕事辞めますと言う勇気もありません。

雑用をすべて押し付けられて給料は雀の涙

自分は38歳の女性で、ある小さなデザイン企画会社で総務・経理の仕事をしております。
私は今の会社での事務員としてのポジションの扱いがあまりに劣悪過ぎなので、今の仕事を辞めたいという不満があります。

私が今の会社に正社員の事務員として転職してきたのは7年前の事なのですが、それまではこの会社での事務というとパートさんがこなしていたらしく、パートさんが劣悪な環境に耐え切れずみなさんすぐに辞めていったために、今回は私を正社員の事務として採用としようということになったとのことでした。

デザイン関係の会社ですから、経理や総務などといった事務仕事は裏方の人間がやる単純作業、という雰囲気が会社全体で強く、お茶出しでもお使いでも何でも雑用を私一人に押付けてくるのです。

私は一応簿記1級の資格を持っており決算処理まで任されているのですが、この会社ではデザインに携わる人間のみが正規の社員扱いされており、私の様な事務員はほとんど人間扱いされません。

有給もとることが出来ませんし、お給料もボーナスも何年働いていても全く上がりません。

あの大震災の時でさえ、デザイナーさんたちは自宅待機させてもらえたのに、私だけ電話番に会社に出て来いと言われました。
もっと自分のスキルを生かした人間扱いしてくれる会社で働きたいと思っています。

冠婚葬祭の仕事は死ぬほど忙しいので辞めたいです

わたしは、33歳で今の冠婚葬祭業の仕事をして5年ほどになります。

わたしの業務は、主に婚礼に関わる部分でのアテンドや営業、企画など、多岐にわたります。最初は、婚礼という人生の輝かしい場面に立ち合えてやりがいがある仕事だと感じましたが、ここ数年は辞めたいと思うようになりました。

その理由は、残業が多いことです。披露宴会場も兼ねた施設での勤務ですので、担当のお客様が退館されるまでは残らなければなりません。

その後は次の日の披露宴の会場セッティングなどがあるので、帰りが深夜になることもしばしばです。
当然ながら、土日祝日に休みはとれませんし、友達とも会う時間が減りました。

通常業務の他にブライダルフェアの企画や手配も、わたしの仕事です。会場すべてをテーマで統一しなければならないので、クロスやフラワーベースまですべてレンタル手配します。

更に生花もイメージに合うように、フラワーアレンジの方とも何度も打ち合わせして、気がつけば夜12時を過ぎている日々です。

事務所でたった一人、残業していると、惨めな気持ちにもなりますし、他の人への苛立ちも募ります。最近ではお客様に笑顔を作ることもつらくなってきました。ずっと、仕事を辞めることを考えて過ごしています。

職人になったけれど才能なさ過ぎて辛い

私は今、32歳です。
食品の製造の会社で正社員として働いています。

食品の製造といっても大きい会社ではなく、個人でやっているような小さいお店です。
職人の見習いです。

この業種で、働き始めて五年くらいに経ち、今のお店が三店目です。
三店目といっても、最初の所は、工場みたいな所でしたし、次の所も結局わからないまま仕事してたような気がします。だから本格的に始めたのはこの三店目からです。

ここで働きはじめて約2年経ちます。
店の中の製造部門では私が一番年上になってしまいました。

分は、職人には致命的ですが、非常に不器用です。そしてすごい雑です。

不器用なんて、一つの作業をするにも時間がかかり、それを改善するために早く作業しても、雑なので、全て捨てるようになるか、やり直しです。

早く、丁寧に出来ればいいのてすか、なかなか難しいです。

さらにやり方を何回か言われても自分の癖を直せないのて、毎日怒られます。
そして新人の人が入ってくるのですが、私が一向に出来ない事をいとも簡単にやるのです。そんな技術ては負けているのですが、自分が先輩なのて、色々教えないといけません。

教えたらその新人はすぐに自分よりうまくなります。
本当に情けなくなります。
こんな時に仕事をやめたいと思いましたね。

まとめ:仕事を辞めたい人は年代問わず大勢います

いかがでしたか?
仕事を辞めたい…と思っている人は、世の中にたくさんいます。
それは20代のみならず、30代、40代…どんな年代でも同じ。

大切なのは、不満を飲み込んで働き続ける事ではなく、自分が本当に働きやすいと感じる職場にアプローチをすることです。

特に人間関係や仕事の向き不向きは、自分の努力ではどうにもなりません。
転職をして一度リセットし、自分にあった職場を探すのが一番です。

しかし、転職は負担も大きいですし、ノウハウを学ぶ時間もなかなか作れないですよね。
そういう方は、転職エージェントを利用して、1から転職をサポートしてもらうことをおすすめします。

関連リンク:オススメの転職エージェントは?

転職を考えている人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。
転職エージェントは、無料で利用出来て、業界の動きや転職可能な求人などをしっかり教えてくれます。これから伸びる業界や、あなたのキャリアでどんな企業に応募が可能なのか、プロの目線からキャリアプランに関するアドバイスをしてくれます。

オススメの転職エージェントや、評判、利用方法など下記の記事にまとめてありますので、参考にして下さい。

・転職エージェントの評判と口コミから登録すべきオススメの転職エージェントを紹介

転職は、今や日本でも当たり前に行われています。
転職を成功させるには、何よりも転職市場での情報を集めることが大事ですから、転職エージェントを活用するのが良いと思います。

短期の派遣社員で中継ぎする手も有効です

正社員はもう疲れた…という場合は、一度、派遣社員や短期の契約社員などの仕事をして、ペースダウンするのも有効な手です。
おすすめの派遣会社は、下記にまとめてあるので参考にしてください。
・一番時給が高い派遣会社はどこか比較してみた。派遣社員として働く際に役立つオススメ人材派遣会社

仕事を辞めたい…と感じた時、自分を追い詰めてはいけません。
選択肢はいくらでもあるのですから、ヤバイ会社に入ってしまったら、早めに脱出するのが正解ですよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする