エステサロンを辞めたい人が転職で成功するコツ。営業ノルマや自爆営業のきついエステティシャンから脱出しよう

f:id:moguhausu2:20160206181422j:plain
 女性のあこがれの業界の一つ、エステ業界。
 美容業界の中では化粧品業界と並んで人気の業界で、毎年、就職を希望する人も多いですね。

 しかし、某大手エステサロンが労働基準法違反で摘発された事がきっかけで、ブラックな内情が世間に晒されました。

 厳しい営業ノルマに、サービス残業の強要。
 12時間拘束、立ちっぱなし、動きっぱなしの肉体労働で足腰を壊す人多数…などなど。

 店舗によっては休憩すらまともに取れず、大手企業であってもかなり黒い業界です。

 そのため、入れ替わりも激しく、人手不足が人手不足を呼ぶ悪循環に陥っているエステサロンは悲惨です。

 そんなエステサロンに入ってしまい、キツすぎる仕事に「もうエステサロンを辞めたい」と考える人は多いでしょう。
 しかし他業種に転職する、といっても、どのようにすればエステティシャンから他業種に移れるのでしょうか?

 今回は、エステサロンを辞めたい人向けの転職方法、成功のコツを紹介します。


独立以外に出口がないエステ業界

 エステサロンで働くぞ! となった時、将来、自分のエステサロンを持ちたいと独立を考えている人もいるでしょう。
 しかし、一方で、大手企業に入って雇われエステティシャンで働きたいと思う人もいます。独立には技術のみならず、資本金や経営手腕など、様々なものが必要です。借金して出店するケースがほとんどなので、リスクは高く、大手エステサロンで働いていたほうが良さそう…と思うでしょう。

 ところがエステサロンは大手であろうと中小であろうと、労働条件は非常に厳しいのがエステ業界の実情です。

 営業ノルマはもちろん、労働時間も長く、離職率は非常に高いです。
 休日が少ないため、プライベートは充実せず、お客さんも同僚も女性ばかりなので、出会いもありません。美容業界でバリバリ働いているキャリアウーマンは独身が多いです。

 そんなきつい状況から脱出するには、独立するしかないのです。

 普通のOLであれば、営業ノルマはありませんし、労働時間も常識の範囲内です。
 というよりも、立ちっぱなし&営業ノルマ有りと同じような条件の販売職であっても、エステサロンほど厳しくないです。

 エステサロンは憧れて就職する人が後を絶たない業界です。言う慣れば、代わりはいくらでも出てくる完全な買い手市場。
 他の業界よりも、従業員に対する締め付けが厳しいのです。

同業種で転職しても労働環境のキツさは変わらないことも

 自分がいるエステサロンがブラックなだけでは? と思って、別のエステサロンに転職しようかな、と思っている人もいるでしょう。
 しかし、残念ながらエステ業界は、業界そのものが人件費削減、サービス残業、厳しい営業ノルマで成り立っている市場なので、どこにいってもブラックな労働環境です。

 特にエステサロンは店舗運営ですから、人手不足によるしわ寄せは確実に残っている社員にきます。

 エステ業界がどれくらいブラックかという点について、下記に参考の記事抜粋を載せておきます。

毎月の残業は約80時間で残業代が1万5000円って…。そして悪質なマタハラ。女性が働きやすい企業じゃなかったのか?
「産休を取ろうとした従業員が、運営会社から退職を迫られたケースもあった。

客がパックをしている5分間を合わせると1時間の休憩時間になるといっている。その間は外にも出られず、食事もできない。トイレにも行けず、膀胱炎になる従業員も多数だという。しかも、連続12時間勤務。労基法を守らない以前に、従業員を何とも思っていない。ブラック企業。

あさ8時に出勤し、夜20時まで食事がとれない。20時半にようやく「昼ごはん」を食べることができる、という従業員もいるという。

 正直言って、これは労働環境が厳しい販売業・サービス業の中でも異常なレベルのブラック企業っぷりです。
 もし、今のエステサロンがここまでブラックでなくとも、競争が激化したり誰かが離職することで、このような労働環境を強いられるかもしれません。

 辞めたいという気持ちが少しでもあるなら、早めに辞めるべきです。
 エステ業界は将来、絶対自分のサロンを開いてやる! という覚悟がある人だけが生き残り、独立していく世界なのです。

エステティシャンを辞めて他業種に転職する時は営業力のアピールをしよう

 エステサロン・エステティシャンを辞めて他業種に転職する時、美容業界にこだわる必要はありません。
 もちろん、化粧品の販売など美容関係の仕事の方が、仕事内容が近いので転職しやすいですが、必ずしも美容業界に絞る必要はないのです。

 というのも「女の職場の人間関係がもう嫌」「美容を仕事にするのが嫌」という動機がエステサロンを辞めたい理由に含まれている人もいるからです。実際、エステサロンから一般事務職に転職する人も多く、やはりデスクワーク+定時上がりという待遇は立ちっぱなし+営業ノルマを経験してきたエステティシャンからは魅力的なようです。

 また、他業界の営業職などの総合職などに転職する方も多く、残業代がつく優良企業の営業などに転職すれば年収は格段に上がります。残業代が出る企業に勤めれば、いかにエステサロンがブラックな業界で搾取体質だったか理解出来ると思います。

 柔道整復師や美容師など、師弟制度があり雇われ時代はあくまで修行と捉えられ、低賃金で働かざるを得ない業界というのは一定数存在します。
 エステ業界もその一つで、これらは独立を考えていない人にとってはキツイ労働環境になります。

 ですから、辞めたいと思ったら早めに他業界に転職し、キャリアチェンジを行いましょう。

 幸いなことに、エステサロンで磨いた営業力、接客力等は他業種の仕事でも十分に活用出来ます。
 面接や書類などで、自己PRをする場面が必ずありますが、エステサロンで得た営業力や接客力、売上を上げる・顧客満足度を上げるために行った自分なりの工夫などをアピールしましょう。

 しかし、転職活動をしたことが無い人にとって、転職はどうやったらいいのか分からないでしょう。
 求人の探し方が分からなければブラック企業に引っかかってしまいますし、面接や書類作りのノウハウが無いと内定すら貰えません。

 そこでオススメなのが、転職エージェントを活用してノウハウを教えてもらったり、優良企業の求人を紹介してもらうことです。

求人や総合的な就活のサポートには転職エージェントに頼もう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 転職エージェントは、キャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介まで転職の全てをサポートしてもらえるサービスです。

 利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、現在の会社にこだわる必要が無いことに気付けて、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする