年間休日105日の求人はやめておくべき理由。休日の少なさは仕事のキツさに直結します

f:id:moguhausu2:20150622214133j:plain
 年間休日105日の求人って、たまに見かけますよね。
 特に多く見かけるのは小売、販売業、介護職、肉体労働系の求人において。

「年間休日105日か。少ないけど、まぁなんとかなるかな?」

 なんて軽く考えていませんか?
 確かに数字だけ見ると、年間休日120日(カレンダー通りの休み)と比べて15日しか差はありません。

 しかし、実際に働いてみると、数字では測れないデメリットがあることに気づくと思います。

 今回は年間休日105日の求人はやめておくべき理由を紹介します。


4年働くと2ヶ月の損!?

 年間休日105日と年間休日120日。この15日という休日の差は1年の差です。
 これが2年働くと差は30日。4年働けば60日と、2ヶ月も休みを失っている事になります。

 この差は精神的にかなり負担になります。
 働けば働くほど、他の人との休日差が広がるため、よほど仕事にやりがいが無いと「オレだけ損してる…」という気持ちが消えず、どこかのタイミングでプツンと切れてしまいます。

 どんな会社にも、理不尽なことはあるもの。
 そんな時に踏ん張る理由になるのが給料や休みといった待遇です。しかし、年間休日105日の場合、普段の休みの少なさも相まって「辞めてやる!」という気持ちが強くでますから、結局、就職しても長続きしないことがほとんどです。

 当然、長期休暇も絶望的で、ゴールデンウィークや年末年始など周りが休んでいる時も働かなければならず、テレビなどで浮かれたニュースを見る度に精神が削れます。

 休日数の少なさは、本当に精神的にキツイのです。

家族、友人とも疎遠になる

 休みが少ないということは、すなわち家族や友人と過ごす時間も少なくなるということです。
 せっかくの休日も、休みが少ないから「今日はゴロゴロしたい…」と約束をキャンセルして身体を休めることに集中しがち。

 こうなってしまうと、長期休暇もまともに取れませんから、家族や友人と疎遠になり仕事だけの毎日になってしまいます。

 休みが少ないと、必然的に仕事に費やす時間は多くなります。
 しかし、そこにやりがいや高い年収がなければ、だんだん嫌になってきます。

「なんでオレ、こんな仕事してるんだろ?」

 と疑問を抱くようになるでしょう。

 これにくわえて、サービス残業や休日出勤があると、さらに絶望的です。
 年間休日105日に設定している会社は、ブラック企業も多く、実は年間休日100日以下、時給300円なんて驚きのブラック待遇なことも珍しくありません。

 年間休日105日の起業に勤めることは、全てにおいて損なのです。
 勤め続ければ続けるほど損をするのですから、そんなところに勤める意味は無いといっていいでしょう。

年間休日120日以上の会社を狙おう

 年間休日105日は法律ギリギリの労働時間です。
 しかし、いくら合法といっても実際に働いてみたらキツさが分かるはず。

 今では、年間休日120日がスタンダードですから、年間休日105日を選ぶ理由はありません。

 ぜひ求人を探す時は年間休日に気をつけて、キツイ仕事はなるべく避けましょう。

転職エージェントを利用してプロにアドバイスを貰おう

f:id:moguhausu2:20150510110217j:plain

 いざ転職となった時に、ノウハウはどこで学べるのか迷うことも多いですよね。
 そこでオススメなのが、在職中or退職後の転職の準備として、転職エージェントを利用することです。

 転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。在職中でも土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。
 初めて転職をする人で、何もわからない人でも1から丁寧に教えてくれるので、ぜひ利用しましょう。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

 ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする