販売業を辞めたい人が転職を成功させるコツとおすすめの職種。BtoBのルート営業や事務経理を狙おう

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
販売業は小売、外食と並んで労働環境が厳しい職種の一つです。

特に携帯電話の販売代理店や、化粧品の販売、家電量販店の販売等になると、営業ノルマが課せられたり休日が少なかったり、立ちっぱなしで足腰が辛かったり、色々と悪条件が重なります。

大手企業であれば、就職難易度の割に年収が高いのでまだマシですが、これが中小企業の販売業――例えば携帯電話の代理店などは中小企業が多いです――になると、労働環境は悪い、年収も低い、という二重苦を味わうことになります。

大手企業であっても過労死を出しているブラック企業があるくらいですから、一部を除いて販売業は基本ブラックと見ていいでしょう。外食産業の方が年収が高い分、もしかしたら良いかもしれません。労働環境の厳しさは団栗の背比べですが…。

もちろん、販売業が天職と言える適性のある人なら販売業は楽しい仕事でしょう。
しかし、そうでは無い人にとって販売業はもって3年、5年で転職が相場と言われています。

もし

「販売業は自分にあっていない」
「ずっとここで働く未来が想像できない」

という事であれば、販売業は辞めて別の職種・業界に転職をしましょう。

今回は販売業を辞めたい人が転職を成功させるコツについて紹介します。

販売業の辛い点について

f:id:moguhausu2:20150608152900j:plain
販売業は、仕事内容が分かりやすく、取っ付き易い職種です。
しかし、いざ正社員として販売業をやっていくと、様々な「辛い点」が出てきます。

立ちっぱなしで足腰が辛い。
単純に労働時間が長い。そのくせサービス残業。
バイトが辞めたりすると穴埋めで休日出勤しなければいけない。
バイトでも出来る業務でスキルがつかない。
本社に上がって経営に携われるのは1000人に1人。
マネージャーになったら多忙すぎてヤバイ。

などなど、販売業は何かとブラックな点が多いブラック職種なのです。

就職する時は気づかなかったけど、中に入ったら考え方が変わった…という人も多く、離職率は高い傾向にあります。

あっている人にはあっている職種なのですが「辞めたい…」と思ってしまう場合は、若いうちに転職をしたほうが良いでしょう。
販売業は、我慢して頑張っても報われない(出世できない)事が多いです。
上司へのゴマすりが得意で、転勤や長時間労働も問題ない…というスーパーマンなら話は別ですが、普通の人は販売業で生き残るのは難しいでしょう。

土日休みor平日休み、どちらが良いか考えよう

f:id:moguhausu2:20150603112909j:plain
販売業を辞めるにあたって、先に転職先の希望条件を考えておきましょう。

その中で、意外と重要になってくるのが土日休みor平日休み、どちらが良いかという点です。
販売業はシフト制ですから、基本的に平日休みが多くなります。平日休みのメリットは、なんといっても空いている時期に旅行やレジャーに行けること。

デメリットは、社会人の友達となかなか予定が合わないこと。ゴールデンウィークや年末年始など、皆が休んでいる時になかなか休めない事です。

土日休みのメリットは、友人と予定が合わせやすいこと。世間一般のカレンダー通りの休みですから、イベント・コンサートなどにも行きやすいです。
デメリットは、やはり混雑。平日なら空いている場所でも、土日はかなり混雑します。また役所など土日休みのサービスを利用しにくい、歯医者・病院の予約が取りにくい…などが難点です。

さて、皆さんは土日休みと平日休み、どちらが良いでしょうか?
年間休日が多く、労働環境が優れているメーカーなどは、土日休みであることが多いですね。また、販売業を辞めたい人の多くは「年末年始や夏休みなど長期休みが欲しい」と思っていますから、土日休みの会社に転職したいという傾向が強いかもしれません。

しかし、土日休みにも良し悪しはありますから、慎重に決めましょう。

男性はルート営業、女性は事務、経理がおすすめ

f:id:moguhausu2:20150604112919j:plain
販売業から転職するとなった時、どんな職種がオススメなのでしょうか?

私のオススメは、男性はルート営業。女性は事務、経理です。

ルート営業は、BtoB、つまりお客さんではなく企業に売り込む営業ですから、販売業のように理不尽なクレームや厳しいノルマを課されることはありません。
ルート営業の場合、既存顧客のサポートがメインになるので、新規開拓が厳しくありません。特に歴史のある企業ならば、取引先はある程度、固定されていますから、販売業のように新しい商品、サービスを次々売らなければいけない…というノルマ攻め、新商品攻めがありません。

労働時間も、残業ゼロと言うわけにはいきませんが、月20時間以内など一般的な残業時間であることが多く、メーカー等であればカレンダー通り、年間休日120日が狙えます。
対企業の営業は、土日祝日は確実に休みなのが利点です。取引先も土日祝日は休んでいますから、休日出勤してもやることがないのです。

女性は事務や経理を目指すのが良いでしょう。
販売業に合わなかった女性でも、事務、経理であれば長く続く…という傾向があります。

事務、経理はデスクワークですから足腰にも優しく、販売業のように営業ノルマはありません。残業も少なく、販売業のような「たくさん売ったぞ!」というやりがいはありませんが、安定して勤められる職種です。

ただ、事務は求人倍率が高いので、できれば簿記二級をとって経理職を目指す、英語を勉強して英文経理を目指す…など、将来のことを考えて専門性を付与した転職を視野に入れておくと良いでしょう。

また、事務、経理は派遣社員で働いても経験になります。ただ早い段階で正社員にならないと厳しくなるので、最初から正社員狙いでの転職活動が正解です。
どうしても正社員に受からない…という場合のみ、派遣社員で事務、経理の経験を積むと良いでしょう。

転職エージェントを利用してプロにアドバイスを貰おう

f:id:moguhausu2:20150510110217j:plain

いざ転職となった時に、ノウハウはどこで学べるのか迷うことも多いですよね。
そこでオススメなのが、在職中or退職後の転職の準備として、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。在職中でも土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確率がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務経歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。
初めて転職をする人で、何もわからない人でも1から丁寧に教えてくれるので、ぜひ利用しましょう。

オススメの転職エージェントはSpring転職エージェントです。

転職エージェント『Spring転職エージェント』(アデコ)



『Spring転職エージェント』は株式会社アデコが運営するはスイス資本の外資系転職エージェントです。

日本法人であるアデコジャパンは、1985年から転職エージェントを展開しており、他社の転職エージェントには無い独自の求人を多く持っているのが特徴です。

転職エージェントの規模としてはかなり大きく、非公開求人を多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

年収アップや自身の人材価値を高めるキャリアの構築、外資系企業への転職など『キャリアアップの転職』にはもちろん。

「転職活動を始めたけど、初めてで何をすればいいのか分からない」
「フリーター、第二新卒で職歴に自信がない」
「ブラック企業から脱出したい。定時で上がれる楽な仕事を紹介してほしい」

といった様々なニーズにも、専門のエージェントがしっかり応えてくれます。

登録から、わずか7ステップで就職・転職を成功させる事が出来ます。


アデコが抱えている求人は、アサヒビールやバンダイナムコゲームス、NTTドコモなど業界問わず大企業の求人から、大企業の関連会社、優良中小企業など、業績が安定しており待遇の良い求人(残業なし・ボーナス4ヶ月以上支給・有給の取りやすい職場など)が多くそろっています。

またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、アデコを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

『Spring転職エージェント』の登録は下記の公式サイトから申し込みが出来ます。

『Spring転職エージェント』登録はこちら【5分で登録完了】







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする