就活・転職における圧迫面接対策ポイント3つ。面接官の厳しい質問をどうクリアするか

f:id:moguhausu2:20150525122710j:plain
圧迫面接にはどのように対応すれば受かるのか?

就職活動をしていると二次面接、三時面接と選考が進む中で、圧迫面接が行われる場合があります。
威圧的な態度で、問い詰めるような質問を投げかけてくる面接官が出てくる場合があるのです。そういったケースではどのように対応するのか、決めていることはあるでしょうか。こういった面接の時は、応方法を決めていないと、本番で上手く受け答えできなくなってしまいがちです。

そこで今回は、圧迫面接への対応方法についてお伝えします。


失礼な発言をされたとしても冷静に対応しよう

圧迫面接がはじまった際に気をつけなければならないことは、相手の雰囲気に乗せられないことです。圧迫面接は文字通り、就活生に対してプレッシャーをかけてどのように対応するのかが見られている面接です。

だから冷静な対応を意識しなければなりません。例えば面接感が頬杖をついていたり、面接中に携帯電話に出たり、ありえないような態度をとってくる場合があります。そういった場合に不快感を露にしてしまったら負けです。

または尋常でないくらいの上から目線で、まるでこちらが失言を発したかのように威圧的に問い詰めてくる場合もあります。そういった場合も冷静になりましょう。ポイントは相手の態度ではなく言葉だけを受け止めることです。そして気持ちを落ち着かせてから、質問に答えていきましょう。

あくまで冷静な態度で言葉を荒げてはいけない

次に考えなければならないことは、言葉の発し方です。相手から威圧的な発言をされるとイラっとする感情が生まれてしまいがちです。その感情が言葉に表れてしまうと、それも減点対象になってしまいます。

だから何を答えるのかも大切なのですが、それ以上に自分自身の声の発し方を意識しましょう。失礼なことを言われたら、それを言い返したくなる気持ちをまずは落ち着かせることが大切です。そして穏やかなトーンで受け答えしていきましょう。

姿勢と表情に注意を払おう

自分自身が不快な感情になることを避けるのは難しいかもしれませんが、そのことが表情や態度に表れることだけは避けたいものです。表情を意識する時のポイントは、発言する時に笑顔を意識することです。

終始笑顔で在れば、それは不自然極まりないですが、発言する時に、軽くほほ笑む程度の笑顔を意識できれば、それはスマートで自然な印象になります。そして次に注意すべきポイントは身体の姿勢です。

通常不快な感情になると背もたれにもたれかかることや、足を投げ出したくなってしまいがちです。だから威圧的な言葉をかけられた時程、背筋をピンと伸ばすことを意識して、身体を取り乱さないように注意しましょう。

想定される質問に対しての回答を準備しておこう

面接はただでさえ緊張しやすいものですが、それに圧迫が加わるので、圧迫面接は冷静な受け答えができなくなりがちです。そこで対策として考えておきたいのが質問を想定して、その回答を予め考えておくことです。

例えば、圧迫面接では、面接官がしつこく掘り下げて聞いてくることがあります。例えば「人と接することが好きです。」と発言したとしたら、何故それが好きなのか、理由を求められます。

そして回答したその答えの理由も求められます。それが延々と続いてひたすら答えなければならなくなる場合があります。だからその場合は一つの質問に一つの回答を準備するだけではいけません。

根拠を掘り下げて質問されても答えられるように準備しておくことが大切なポイントとなるのです。

ここまで圧迫面接に対する対応方法についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

圧迫面接は準備なく挑むと誰もがミスをしやすいところですが、どのように対応するのかを自分の中で決めておけば、そんなに難しいものではありません。圧迫面接をクリアする為には事前の準備が大切なのです。仮に突然圧迫面接があっても対応できるように、受け答えのポイントについてはしっかりと把握しておきましょう。

関連リンク:オススメの転職エージェントは?

転職のノウハウが知りたい、求人選びのコツが知りたいという人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。
転職エージェントは、無料で利用出来て、業界の動きや転職可能な求人などをしっかり教えてくれます。これから伸びる業界や、あなたのキャリアでどんな企業に応募が可能なのか、プロの目線からキャリアプランに関するアドバイスをしてくれます。

オススメの転職エージェントや、評判、利用方法など下記の記事にまとめてありますので、参考にして下さい。

www.hazimetetensyoku.com

転職を成功させるには、何よりも転職市場での情報を集めることが大事ですから、転職エージェントを活用するのが良いと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする