今すぐ転職したい人が知っておくべき心構えと転職ノウハウ。失敗しない退職方法

f:id:moguhausu2:20150902083334j:plain
「今すぐ転職したい!」

 と思う人の多くは、切羽詰まった状況であることが多いですよね、例えば職場の人間関係がかなり悪化している。経営不振により給料未払い。激務過ぎて身体が壊れそう。etc、etc…

 そんな今すぐ辞めたい、転職したいと考えている人は、もちろんすぐに退職をして転職活動を始めてもらって構いません。
 しかし、事前に最低限の転職ノウハウと心構えだけ、チェックしておきましょう。

 今回は今すぐ転職したい人向けの、チェック項目や具体的に何をすべきかについて紹介します。


退職を決めたら迷ってはいけません

 今すぐ転職したい! …と思っていても、いざ退職願を出す段階になると、上司の引き止めや、今後の就職状況への不安などで、やっぱり辞める事をやめる…と心変わりしてしまうケースも多いです。

 しかし、一度でも強く退職したいと感じたということは、やはりそれなりに不満のある職場だということです。
 先延ばしにしても、いつか限界が来ます。だったら、年齢が若いうちに辞めて、次の職場を探したほうが良いでしょう。

 給料面や人間関係の問題は、会社を変えることで解決します。
 逆に言えば、転職以外でこれらの問題を解決するのは困難です。一度、固定化してしまった待遇や人間関係は、個人の努力ではなかなか解決することは出来ません。

 ですから、一度でも「限界だ」と感じたら、迷いなく次に進むことが大切です。

逃げの転職でも業界や会社を変えることで年収を上げることが出来る

 転職すると年収が下がる、キャリア的に不利…という噂をよく耳にしますが、それは会社規模が大きい会社・金回りの良い業界から転職する場合です。
 現在いる職場が、業界の中でも低年収だったり、業績が不安定な会社であれば、転職によって年収は下がるどころか上げることが出来ます。

 人間関係や長時間労働から逃げるための転職でも、しっかり業界研究・企業研究を行い、転職する企業を選ぶことでしっかりと年収を確保することが出来ます。

「もう、これ以上、この会社or業界に未来はないな」
「10年勤めても年収400万が限界だろうな」

 と不安を感じたら、転職をするべきです。
 デジタルカメラが一般的になり、フィルムが消滅したように、業界の流れは時代と共に変わります。シャープや東芝が没落したように、大企業といえど安心出来る時代ではありません。常にアンテナを張り巡らせて、生き残れる会社で働きましょう。

貯金がない時のみ要注意

 転職したいと思ったら、すぐ転職するべき…と私は考えていますが、唯一、例外があります。
 それは貯金が無い時です。

 転職するとなると、在職中に転職を決めない場合、仕事を辞めることになりますから、内定が決まるまでの間は無収入になります。

 失業保険がありますが、あれも3ヶ月の待機期間があるので、それまでは貯金で賄う必要があります。
 家賃や生活費などの事を考えると、30万円は欲しいところです。

 アルバイトをすれば凌ぐことは出来ますが、転職は短期集中で空白期間をダラダラ伸ばさず決めたい所。退職をするなら、ボーナスや残業代などで貯金をためてから退職をしましょう。

 しかし、もしローンやボーナス無しなど、貯金できる状態でないケース。鬱病などで即就業不可のケースは、貯金なしでの退職もやむを得ません。
 市役所や消費者金融でお金をかりてしのぎましょう。消費者金融は、30日間の借り入れなら金利がかかりませんから、転職を決めて素早く返してしまえば損をすることはありませんよ。

転職について学ぶのは退職してからでも遅くない

 転職経験が少ない人にとって、転職市場がどんなものなのか、どうやって転職を進めていけばいいのか分からないものです。
 しかし、転職のノウハウなんてものは、昔からあまり変わっておらず、攻略法はテンプレート化されています。

 ですから、誰でも勉強をして模擬面接などで練習すれば、1ヶ月もかからず転職ノウハウは習得出来ます。

 退職前に求人を見たり、転職の勉強をしたりするのはもちろん有効ですが、退職してからでも十分間に合います。

 転職活動に関しては難しく考えず、まずは「今の職場から転職することのメリット・デメリット」を冷静に分析して、転職するか否かを見極めることに集中しましょう。

 ともあれ、

「今すぐ転職したい!」

 という気持ちを一番に考えることが大切です。
 人間の脳にとって、我慢をするということが一番の毒です。

 働く上での一番のデメリットはストレスですから、もし仕事のストレスが限界を超えていると感じるなら、即座に転職にかじを切るべきです。身体と精神が健康でなければ、転職は出来ないのですから。

転職エージェントを利用してプロにアドバイスを貰おう

f:id:moguhausu2:20150510110217j:plain

 いざ転職となった時に、ノウハウはどこで学べるのか迷うことも多いですよね。
 そこでオススメなのが、在職中or退職後の転職の準備として、転職エージェントを利用することです。

 転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。在職中でも土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。
 初めて転職をする人で、何もわからない人でも1から丁寧に教えてくれるので、ぜひ利用しましょう。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

 ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする