年間休日108日以下の休みが少ない人は今すぐ転職すべき理由。長期休みが取れない仕事は辛いですよ

f:id:moguhausu2:20150916144102j:plain
年間休日108日以下の仕事は、どれくらい辛いかご存知ですか?
1年間、52週のうち、土日だけ抽出すると104日になります。つまり、年間休日108日は完全週休二日制(土日休み)プラス僅かな休み(4日ほど)と見て間違いないでしょう。

ただし、ゴールデンウィークも夏休みも、年末年始の休みも無い…という計算です。

メーカーなどでは一般的な年間休日120日以上であれば、ゴールデンウィークやお盆、お正月などに長期休みが取れますから、その差はたった15日と言えど、実際はもの凄く休みの時間に差があるのです。

ここまでの時点で、言うまでもありませんが、年間休日108日以下の人は転職した方が良いという結論に至ります。
しかしながら「土日休めるなら楽勝でしょ!」と言う無謀な人もいると思うので、今回はさらに掘り下げて年間休日108日以下の人は、どんな風に生活が変わるのか調べてみました。


年間休日108日以下は飲食業やサービス業に多い

当然ですが、24時間365日開店しているファミレスやコンビニといったお店は、皆が休んでいる時に働くため、必然的に休日数は少なくなります。
他にもホテル、旅館などのレジャー産業もそうですね。

これらの職種は、企業によりますが、やはり業界として年間休日が108日以下になることが多いです。
建前上は長期休みも取れます! と求人票に書かれていても、バイトが休んだり急に人手不足になり、休日出勤やサービス残業を強いられれば、長期休みなんて夢のまた夢。もはや週に2日休めればラッキー…といった状況になり得るのが、年間休日108日以下の企業で働く現実です。

当然、祝日も休みでは無いため、世のサラリーマンが3連休に喜ぶ夜も、働かなければいけません。
これが想像以上にキツイということを、年間休日108日以下の企業で働いたことのない人は知らないのです。

疲れが溜まりやすく休日を楽しめない

休日は、仕事の疲れを癒やしリフレッシュするためにも労働者には必要不可欠なものですね。
しかし、年間休日108日以下の企業にお勤めの人は、休日数が少ないため、必然的に疲れが徐々に蓄積していく傾向があります。たった10何日の休日の差ですが、カレンダーを見て「今月は祝日があるから、3連休だな」と思える人と「祝日があっても関係ない、土日しか休めない…」という人ではメンタルの面で大きな差がつきます。

皆が皆、祝日に働いているなら良いのです。
しかし、友人や街を歩く人が休みの中、会社に向かい働くのは想像以上にキツいものがあります。

友人との遊びの予定も立たず、休日は疲れて寝てばかり…となると、さらにメンタルは削られます。
悲しいことに、年間休日108日以下の企業は労働時間が長い事が多く、結局のところ年間休日108日以下はとても長く働けない…ということになります。

休みが少ないから給与が高い…という訳でもないようです

休みが少ないなら給料が高いのでは? と思う人もいるでしょうが、答えはNoです。
休日の少ない外食産業などは、確かに年収で言えば20代後半で400万~500万と高めに設定されています。

しかし、その分、長時間労働でもサービス残業で、時給計算したら恐ろしく低い…という事はザラです。

年間休日が少ない企業の多くは、人件費を切り下げて利益を出しているケースが多いので、給料の面でも年間休日120日以上の優良企業には敵いません。

年間休日120日以上の優良企業では、休日出勤や残業をしてもきっちり残業代がつく企業が多いため、年間休日108日の企業より給料はお得という皮肉な結果になります。

もし年間休日108日以下に勤めている人、年間休日108日以下の企業の求人に応募するか迷っている人は、妥協せず年間休日120日以上の求人を探して応募するようにしましょう。

転職エージェントを利用してプロにアドバイスを貰おう

f:id:moguhausu2:20150510110217j:plain

年間休日の多い優良企業に入るには、転職のノウハウが必須です。

そこでオススメなのが、在職中or退職後の転職の準備として、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。在職中でも土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。
初めて転職をする人で、何もわからない人でも1から丁寧に教えてくれるので、ぜひ利用しましょう。
オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする