職歴が短い人が就職を成功させる方法を1から丁寧に教えます。会社をすぐ辞めた理由なんて簡単にフォロー出来ますよ

f:id:moguhausu2:20151022150209j:plain
 職歴が短い人が、就職活動を再開して正社員になるぞ! と意気込んでも、やはり社会に対する恐怖や短期離職というマイナスの職歴から、二の足を踏んでしまう事は多いと思います。
 特に、就職活動で失敗してしまい、ブラック企業に入り短期離職をしてしまった人。短期離職後に就活をしたけど、職歴の短さについて厳しい質問をされて自信を無くした人にとって、短い職歴を抱えたまま仕事を探すのは辛いと感じますよね。

 確かに採用担当者から見れば、職歴が短いことはマイナスです。
 しかし、例えば短期離職をしていても、フォローする方法はあります。転職市場は様々な理由で仕事を変える人がいますから、職歴が短いくらいで怖気づいてはいけません。

 今回は職歴が短い人が、就職を成功させて正社員になる方法を1から丁寧に教えます。


ネガティブな職歴に振り回されないこと

f:id:moguhausu2:20150803140229j:plain
 誰だって自分の弱み、弱点を突かれるのは嫌ですよね。

「前職を短期で離職していますが、何かありましたか?」
「また、すぐ辞めてしまうのでは?」

 といった質問をされたら…と想像すると、恐ろしくて就職活動なんて出来ない、と思ってしまうもの。

 しかし、事前にこれだけ弱点がはっきり分かっているのですから、対策を立てるのも簡単です。
 面接官は意地悪で職歴の短さに突っ込んでいるのではありません。誰しも短期離職をせざるを得ない事態は起こりえますから、職歴の短さだけで落とす…というのはありません。

 重要なのは、その職歴の短さをどう説明するかです。
 言い訳がましく

「前職は凄いブラック企業でした」
「前職では上司からパワハラを受け~」

 など前職の悪口をワーワー言っても、それは内定をとれる返答ではありません。

 愚痴を言いたくなるのも分かりますが、採用面接では、冷静に前職の退職理由をやんわりと答えて、なおかつ「御社に入社しても短期離職しません」という強い意志を論理的に展開するべきなのです。

 短期離職した理由+再就職するにあたって考えた事・学んだこと+御社では長く働ける理由、熱意、論理的証拠。

 この3段階の流れにそって答えるのがベターです。

 例えば、もし前職がブラック企業で長時間労働を理由に辞めたとしても、うまく流れを作って最後は「志望動機」につなげればプラスの印象を与える事ができます。
 下記が例文です。

職歴の短さをフォローする例文

--

状況:
 前職(ブラック企業)を短期離職してしまった。
 面接官に退職理由について質問された時の解答例。

1:短期離職した理由

 前職では、人手不足な職場に配属され、長時間労働を余儀なくされる労働環境で働いてきました。営業事務としての業務をほぼ一人で行っていたのですが、営業は常に外回りで社内におらず、帰社後は電話営業をしていたので、なかなか声をかける暇が無く、適切コミュニケーションを取ることが出来ませんでした。

 スケジュールを立てて、業務を効率化したり、人手不足の解消を社長に提案したり努力をしましたが、経営陣の人間関係が複雑化しており、結局、改善はされませんでした。長時間労働のため、体調を崩してしまったので退職しました。

2:反省点

 今思えば、面接の段階でオフィスがバタバタしている事に気づいていたのですが、当時は内定が決まらず焦っていたため、よく調べもせず入社してしまいました。

3:改善+これからの方向性+志望動機

 その反省を踏まえ、今回、就職活動をするにあたって「自分が長く働ける職場はなにか?」という事を明確にしてから活動を開始しました。
 私は「営業事務」として営業の補佐を行い、数字に強く、売上をしっかりサポート出来る人材になりたいと思っています。そのためには、営業と事務の距離が近い、アットホームな会社で働くのが一番だと思い「会社の雰囲気」を一番の優先順位にしています。

 御社は風通しが良く、部署に縛られず気軽にアイデアを共有出来る文化があり、とても惹かれました。
 御社でなら前職では出来なかった営業と密にコミュニケーションをとり、数字に強い営業事務として働いていけると思い応募致しました。

--

 いかがでしょうか?
 職歴の短さというマイナスの印象が、後半で一気にプラスに転じていますね。

 このように、反省→改善→志望動機という文章の組み立て方は、相手に良い印象を与える鉄則なので、ぜひ基本フォーマットとして覚えておきましょう。

不採用に対していちいち考えない事

f:id:moguhausu2:20150624100758j:plain
 不採用になった理由は、基本的にどの会社も応募者には明かしません。
 そのため

「やっぱり職歴が短いからだ」
「どうせ他の企業も同じだ」
「短期離職したのは失敗だったかな…」

 という風に、不採用だった理由をあれこれ考えてネガティブな気持ちになってしまいます。
 
 しかし、不採用の理由は各社それぞれ異なります。

・年齢が若くなかったから
・たまたま応募者の中に経験者がいた
・どっちを取るか迷ったが紙一重で落とした
・スキルが求めているレベルに達していなかった
・社長の好みにあわなかった

 などなど、本当に採用側はこんな理由で採用不採用を決定します。
 ですから、いちいち不採用に対して深く考えず、とにかく自分を信じてポジティブに次に応募するというフットワークの軽さが大切です。

 職歴が短い、というのは今さらどうこう言っても変えることは出来ません。年齢と一緒です。
 今ある条件で、いかにベストを繰り出せるか…という事が大切ですから、終わった事は忘れて、次に備えましょう。

 よく転職本では、不採用になった理由をじっくり分析しよう的な解説がありますが、私は分析し過ぎるのは反対です。「就職は縁」という言葉があるように、その会社の状況によって採用不採用は簡単に変わってしまいますから、いちいち反省してネガティブな気持ちを掘り起こす必要はないでしょう。

 特に職歴に自信が無い人は、1社2社の不採用で心が折れることが多いです。
 就職活動で大事なのは根気よく続けること、ネガティブにならないことです。必ず内定を出してくれる会社はありますから、諦めずにコツコツ求人に応募して、正社員の椅子を狙って行きましょう。

 ここでバイトや派遣社員などに逃げてしまったら、またあとで苦労することになります。
 生活の安定とキャリアをしっかり築くためにも、就職活動から逃げないことが重要です。

職歴が途切れていない、空白期間の無い人が転職では有利?そんなスーパーマンはなかなか居ませんよ

f:id:moguhausu2:20151010172845j:plain
 皆さんが、よく耳にするのが「転職では空白期間があると不利になる」という話。
 確かに転職では空白期間を少なくするために、在職中から転職活動をして転職をしたり、3年~5年単位で一つの会社で働いている方が転職では好まれる…という傾向があります。

 しかし、果たして、皆が皆、そんなに空白期間の無い素晴らしい職歴を持っているのでしょうか?
 答えはNoです。

 人には、人それぞれの生き方があります。
 両親の介護で離職した人。会社を一度辞めてワーキングホリデーに行く人。ブラック企業でボロボロになって、1年休んでいた人……。

 一度もそういった挫折、休憩を挟まず、途切れずにキャリアを築いてきた人は、意外と少ないものです。私の周りにいる人も、やはり若いころに空白期間があったり、短期離職してしまった人は多いです。もちろん、海外に「修行」と称してふらふら遊びに行った人もいます。

 しかし、彼らの多くは現在、ちゃんとした企業で働いています。

「職歴が短いから私はダメ人間だ…」

 と思い込まないことが大切なのです。
 あなたが思っているほど、みんなちゃんと生きているわけではありません。

 もっと大きな視点で、社会を見つめなおしてみましょう。
 何でもかんでも完璧主義では、息が詰まってしまいます。人間なんて、意外とだらしないものですし、捨てる神あれば拾う神ありの精神でマイペースに就職活動をすることが、何よりも大事なことですよ。

 幸せな生活、安定した生活のために仕事を探しているのですから、仕事を探すプロセスである就活で精神を痛めてしまっては元も子もありません。
 無理をしないで、ゆっくり、落ち着いてやりましょう。

転職エージェントを利用してプロにアドバイスを貰おう

f:id:moguhausu2:20150510110217j:plain

 いざ就職活動・転職活動をする…となった時に、転職の知識やノウハウなどを知っておかないと、やはり不安ですよね。

 そこでオススメなのが、在職中or退職後の転職の準備として、転職エージェントを利用することです。

 転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。在職中でも土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。
 初めて転職をする人で、何もわからない人でも1から丁寧に教えてくれるので、ぜひ利用しましょう。

 オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



 リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 退職・転職は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 転職エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。前述した通り、ネガティブになってしまうのはご法度。気軽に相談出来るエージェントがいれば、ネガティブになってしまう感情の流れを防ぐことが出来ます。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする