宝くじ当選者が不幸になる事案から学ぶお金の正しい使い方。ルールを決めて支出を増やし過ぎないようにしよう

f:id:moguhausu2:20151125123241j:plain
収入を増やしても支出を増やしてはいけない理由って、ご存知ですか?

資格取得や実績をつくるなど努力して昇格して給料が上がったとしても、その分全て使ってしまっては意味がありません。
特に今まで貰っていなかったような金額の給料をもらうようになった際は注意が必要です。何故なら、多くの人は給料が上がるとそのまま生活水準を上げてしまいがちなのです。

その結果、数年後に会社の業績悪化などで減給となった際に、元の生活水準に戻せずに生活が破城してしまうケースが少なくないからです。

これは宝くじの当選者に起こる事態と似ているのですが、普段からお金をどのように扱うかという哲学を持っていなければ、一度手にしたお金も泡のように無くなってしまうのです。そこで今回は、増えた給料を無駄にしない為のお金の考え方についてお伝えします。


宝くじ当選者から学ぶお金の扱い方

宝くじやギャンブルで大金を手にした人の中には、人生を転落させてしてしまう人が少なくありません。なぜなら突発的に大金を手にした人というのはお金に対する哲学を持っていない場合がほとんどだからです。

実際に宝くじに当選したことが原因で離婚・自殺未遂、親戚や友人との金銭トラブルに巻き込まれて人生を棒に振ってしまうケースが後を絶ちません。そういった人達と同じように、せっかくスキルアップして自分の価値を高め、社内営業を立ち回り昇給したとしても、不幸になってしまっては元も子もないですよね。

しかしながら、その一方で宝くじに当選したとしても何食わぬ顔で普段と変わらずに過ごす人もいます。
そういった人は大金が入ってきたとしても、生活を変えることはありません。何故なら元々お金に関係なく自分がやりたいことをやって生きているからです。これからキャリアアップして収入を上げていくのであれば、こういったお金に踊らされない感覚を持つことが大切なのです。

収入に踊らされない暮らしをしよう

世界一の投資家と呼ばれているウォーレン・バフェット氏は質素な暮らしをしていることで有名です。それは成功している投資家の特徴とも言えるでしょう。同じように、長期的に成功している経営者も資産は潤沢なものを所有していますが、実際の生活は際立って派手ではありません。

それとは反対に20代で若くして成功した起業家の多くは派手な生活を好みます。高級車を乗り回し、都内の一流マンションの高層階に住み、ブランド物で前身をコーディネートし、夜な夜なネオン街で美女に囲まれ宴を繰り広げます。

そういった起業家が短期的に転落していく姿を目撃された方も少なくないのではないでしょうか。これらのことから学べることは大金が手に入った時程、それに惑わされない心が必要だということです。お金は様々欲望を満たしてくれる反面、取り扱いを誤れば、心が蝕まれ身を滅ぼしてしまうのです。

お金の使い方のルールを持とう

ここまでお伝えしたように、収入が増えたとしてもそれをどのように扱うか、自分なりのルールを持つことが必要です。競馬や麻雀が趣味であったとして、これ以上の金額はつぎ込まないと決めて、趣味で楽しんでいる人の人生は安定しています。

しかしながら、ギャンブルで一攫千金を狙おうと考えている人の人生は浮き沈みが激しく、最終的には低空飛行になりがちなのです。両社には競馬を純粋なゲームとして捉えているのか、お金儲けとして捉えているかで違いがあるのです。

給料が上がってきて、それなりの報酬を貰うようになれば、このようにお金の使い方にルールをつくることが必要です。そうしていくことで、支出が収入を上回り生活を圧迫するリスクが避けられるのです。

ここまでお金の考え方についてお伝えしましたが、いかがでしたか。収入が増えてくれば自由にできるお金が増えた分、同じだけ落とし穴も大きくなってしまうのです。今後昇給して、も問題なく大きな金額を受け取れるように、今一度お金の扱い方について考えてみてはいかがでしょうか。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする