給料月25万円の家族持ち会社員が豊かに暮らすための節約術

f:id:moguhausu2:20150424133026j:plain
サラリーマン全体の平均年収は400万円程度だと言われます。ここからボーナス、保険料などを差し引くと、25万円程度が平均となります。
いかがでしょうか。この金額、世帯収入として考えた時に低いと思いますか、それとも高く感じるでしょうか。

子どもがいなければ問題なくやっていけるかもしれませんが、子どもが一人二人と増えてくると、足りないと感じる機会は増そうですよね。
しかしながら会社員として勤めはじめると給料はそう簡単に上がるものではありません。夫婦共働きにしてみたり何かしらの対策が必要になりそうですよね。そこで今回は、毎月の給料が25万円でも豊かに暮らせる方法を紹介します。


親孝行も兼ねて二世帯同居を検討しよう

まずは毎月何に対する支出が一番多くなるかを考えてみましょう。
恐らく賃貸住宅に住んでいる方であれば、住居費が一番高額になるのでないでしょうか。東京都内の都心部で、それなりの部屋に住もうと思えば、安く見積もっても毎月10万円は必要になるでしょう。

そしてインターネットの固定回線通信費、携帯料金、光熱費、水道代、これらの毎月の固定の支出だけで、給料の半分はなくなってしまいますよね。さらにそこから保険料や毎月のローンが重なればどうなるでしょうか。

自由に使えるお金はわずかになってしまいます。
この生活でもボーナスがあれば、それをあてにして暮らせますが、最近は非正規雇用の雇用形態が増えており、正社員であったとしてもボーナスが用意されていない場合は少なくありません。

冷静に考えていくと気分が下がる話ですよね、
しかしながら、悲観していてもしょうがないので、こ現実を直視して対策を考えていかなければなりません。例えばこの住居費10万円がまるまる不要になればいかがでしょうか。これはぜひ考えていただきたいことですが、そのための手段は二世帯同居です。特に年老いた両親がいる場合は真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

何故二世帯同居をすると豊かさが増えるのか

何故なら、当然都市部からは離れなければならなくなるでしょうが、新幹線定期などを使えば意外と通勤は何とかなってしまうものです。会社によっては通勤交通費の上限を毎月5万円くらいに設定している場合もあるので、そういった企業に勤めていれば交通費の問題もクリアできてしまいます。

多少、会社からの支給が足らずに自費で払わなければならない場合もあるかもしれませんが、毎月賃貸料金を支払うことを考えたら、十分検討する価値はあります。それに何より年老いた両親と一緒に過ごす数年間は何よりもの思い出になります。

若い頃に多少家族仲が悪かったとしても、人は年老いて体が不自由になってくると、人間の性格は自然と丸くなってくるものです。特に小さな子どもいる場合は、高齢者と子どもの相性はピッタリなのです。

何でも話を聞きたい子どもと、何でも教えたい高齢者は最高に組み合わせとなります。この二世帯同居は結婚していると、夫婦のどちらかが抵抗を示す場合があるかもしれません。しかしながら懸念事項はじっくり話し合えば、案外クリアできてしまうものです。ですから、暮らしの豊かさを考えるのであれば、二世帯同居も検討してみてはいかがでしょうか。

Wifiを活用して通信費を安くしよう

住居費の他に考えるべきことは通信費です。インターネット回線と、携帯代金、そして最近はタブレットの通信費を支払っている人も多いのではないでしょうか。もしそれらの料金が1万5000円を超えているようであれば、そこは見直すポイントかもしれません。

例えば、携帯電話を完全に電話機能だけのものにしたとします。そしてタブレットとスマホのネット回線を辞めてしまったとしましょう。そしてインターネット回線も固定のものでやめてしまって、Wifiを一台持ち歩くとします。そのWifiでスマホとタブレットの通信をまかなってしまうのです。

すると毎月の通信費は合計で1万円以下にできます。これを年間で考えてみたらいかがでしょうか。かなりの節約になりますよね。

私もガラケーと格安SIMの二台持ちにしていますが、非常に快適です。
ドコモやソフトバンクショップなどでSIMフリーにしてもらう手続きが必要ですが、一度、格安SIMにしたら月400円でLTEが3Gも使えるのですから、キャリアに払うのが馬鹿らしくなります。

私はDMMモバイルのSIMカードを利用しています。
興味のある方は、ぜひ利用してみてください。



ここまで毎月の固定費を抑える方法にいてお伝えしましたが、いかがでしたか?
豊かさはお金だけでは、決まりませんが、それがあると気持ち的に余裕がでてくるものです。毎月の支払いを負担に感じはじめた場合は、こういった暮らし方も検討してみてはいかがでしょうか。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする