26歳無職から正社員になる方法。熱意とテクニックがあれば就職活動は意外と簡単です

f:id:moguhausu2:20151125124528j:plain
「26歳で無職、そろそろ就職しないとヤバイ…」

 そんな風に焦っている人は多いと思います。
 正社員としての職歴はあるけれど、事情があって再就職してこなかった。ずっとフリーターをやっていて、バイトを辞めてダラダラしていたら、気付けば26歳になっていた。うつ病でずっと就職出来ず、ようやく26歳にして就職活動を開始することにした。就活で失敗し、職歴無しのまま26歳になってしまった…

 一言に無職といっても、様々な理由や背景があると思います。
 そして、皆さんに共通しているのが「内定が出ない」「就職先はブラックしかない」と就職活動に対して悲観的な事です。

 確かに26歳というと、同年代の人は職歴3年であることが多く、中途採用の場ではハンディキャップを背負っていると言えます。
 しかし、26歳はまだまだ20代ですから、就職市場での需要は大きいです。未経験であってもしっかり教育して鍛えてくれる会社や、キャリアをじっくり築ける安定した会社の求人も少なくありませんし、書類選考も通りやすいと言えます。

 ですが、もちろん最低限の熱意、やる気とテクニックがなければライバルに打ち勝って内定を取ることは出来ません。

 今回は26歳無職の人のための、正社員になるための就活テクニックや心構えを紹介します。


バイトや派遣から始める…というのはオススメ出来ません

 職歴にブランクがある人にとって「まずはバイトや派遣で社会復帰しよう」と考えてしまうパターンは非常に多いです。

 しかし、バイトや派遣の経験は職歴に載せても強い武器にはなりません。というのも非正規雇用の仕事は基本的に代わりがきく仕事なので、採用担当者の求める「責任感」「より経営に近い仕事の経験」「数字を出す仕事の経験」といった点に引っかからないからです。

 また職歴よりも年齢の方が重要で、26歳で就活をするのと、28歳、29歳で就活をするのでは難易度が大きく変わってきます。

 ですから、バイトや派遣から経験を積み、あわよくばそのまま正社員…などのゆっくりした進路を取るよりも、一気に正社員の求人にアプローチするのが一番なのです。

 さらに言うと、26歳でアルバイトや派遣というのは、非正規雇用という劣等感に襲われたり、居心地の良い職場に当たってそのままダラダラ非正規雇用で年を重ねてしまったりするリスクもありますから、注意が必要です。
 とにかく26歳はアラサー手前ですから、年齢に余裕がないという危機感を持って行動しましょう。

最初から履歴書や志望動機を上手に書ける人はいません

 就職活動をするには、志望動機や自己PRといった項目をしっかり書かないと内定は出ません。
 アルバイトや派遣に応募する時とは違い、正社員はしっかり書類を作りこまないと面接にすら呼ばれません。

 しかし、就職活動のための書類作りの方法や、面接でのテクニックといった知識は、これまで就活をあまりしてこなかった人やブランクが空いている人にとって難しいもの。

 取っ付きにくい印象が強いため、どうしても避けてしまいがちです。

 正社員を目指す以上、いつかは学ばなければいけないポイントですから、この機会に一気に学んでしまいましょう。志望動機の書き方や、履歴書の書き方はブックオフなどで中古本を探せば安く手に入ります。
 就活に必要な知識・テクニックはここ10年変わっていませんから、古い本でも十分、基本を学ぶことが出来ますよ。

求人や総合的な就活のサポートには転職エージェントに頼もう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain
 転職エージェントは、かつては社会人が転職をする時にしか使えないサービスでしたが、人手不足の今はフリーターや無職から就職したい! という人にもサービスを提供しており、無料でキャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介を受けるサービスまで利用出来ます。

 転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。
 転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 未経験OKの正社員求人はもちろん、正社員登用前提の契約社員など、様々な求人を紹介してくれるので、自分にあった就職ルートを選ぶことが出来ます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

 上記は入力の一例です。

 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
 外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

 DODA 公式ページ

 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。




 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする