自衛隊を辞めた人が再就職を成功させる方法。元自衛官の転職テクニック

f:id:moguhausu2:20151130125520j:plain
 志を持って自衛官になったけれど、いざ仕事として勤めてみたら自分に合わないので辞めてしまった…という人は多いです。
 警察官や消防官と同じく、自衛官は離職率の高い職種で、向き不向きがはっきりしています。

 そのため自衛官になって数年で「自衛隊を辞めたい」と思ってしまい退官する人は少なくありません。

 しかし、問題は退官後の再就職です。公務員から民間企業に転職するのは難しい…という世間の評判通り、自衛官から民間企業に再就職するのは決して簡単ではありません。

 実際、元自衛官で就職活動をしているが、全然内定が取れない…という人も多いです。20代の若手であっても正社員の就職となると厳しいのですから、30代はなおさら厳しい戦いを強いられます。

 ところが、よくよく話を聞いてみると、元自衛官でも良い企業に内定を貰っている人もいます。自衛隊を辞めた後の就職活動で、成功と失敗を分けるのは何でしょうか?

 それは就職活動のテクニックを知っているか否かです。

 今回は元自衛官の方のための、民間企業への再就職テクニックを余すところなく紹介します。

元自衛官の経歴は決して悪いものではない

f:id:moguhausu2:20150714130742j:plain
 元自衛官なんて、民間企業への就職じゃ何のアピールにもならない…と思われがちですが、決してそのような事はありません。
 自衛隊の仕事がキツイのは誰もが知っていますから、元自衛官の経歴は

「責任感あり」
「体力・根性あり」
「チームで仕事をした経験あり」
「部下・後輩がいればマネジメントの経験あり」

 といった評価点をつけられます。

 確かに民間企業において即戦力にはなりませんが、集団への適応力、仕事への責任感、体力等を考えれば決して悪くない人材と言えます。

 実際、元自衛官の30代の男性が、未経験で優良メーカーに内定したケースは多いです。

 しかし、元自衛官の強みをしっかりアピール出来なければ、書類選考に通りませんし、面接でも他のライバルに負けてしまいます。あくまで未経験者の中では強い人材である、というだけで、他の応募者に業務経験者がいれば負ける可能性が出てきますから、アピールで差別化を図る必要があります。

再就職に苦戦する人は基本が出来ていない

f:id:moguhausu2:20150512154655j:plain
 履歴書や職務履歴書の書き方、志望動機の書き方などを見ていると、内定が決まらない元自衛官の方は基本がなっていないことが多く、志望動機も転職本を斜め読みして書いたような、オリジナリティの無い物ばかりです。

 就職活動における書類作りは、最も重視すべきポイントです。
 志望動機を一つ一つ考えたり、自分の強みを論理的に組み立てるのは面倒ですが、ここに一番、時間と手間を割かなければ内定はあり得ません。適当な志望動機、自己PRでも受かるのはブラック企業だけです。

 未経験のハンディキャップを乗り越えるには、応募前に書類をしっかりと仕上げておいて、熱意と論理的思考力をアピールすることが大切です。

 自分の強みは何なのか? その根拠となる経験は? その能力を仕事でどう役に立てるのか? …といったように、自己PR一つとっても「なぜ?」を繰り返して掘り下げて、最後に見やすくまとめる、という作業を繰り返しましょう。

 志望動機も同様です。
 なぜ、この会社なのか? どこに惹かれたのか? 入社してどんなことをやりたいのか? どんな風に貢献するのか? …といった項目を意識して作りましょう。

 就職活動は自分という商材を売り込む営業の場です。
 適当な営業の仕方では「良い商品だ、買おう!」と思わないですよね。自分を商品に見立てて、購入したらどんなメリットがあるのか? という視点で考えてみると分かりやすいですよ。

自衛隊よりキツいブラック企業には入らないこと!

f:id:moguhausu2:20150611140212j:plain
 元自衛官でブラック企業に入ってしまう人も、残念ながら少なくありません。
 ブラック企業は労働基準法を超えた労働時間を強いる事が多く、普通の人であれば過労死してしまうレベルの労働を普通にやらせてきます。体力に自信のある元自衛官の人は、一般人より体力があるぶん、逆に長時間勤務にも耐えられてしまうので、ブラック企業から抜け出せない事も多いです。

 しかし、どんなに体力があっても、パワハラや理不尽な長時間労働、安い給料、休みのない生活を続けていけば、必ず身体や精神にガタがきます。

 内定がすぐに決まっても、慌てて入社を決めるのではなく、まずブラック企業か否かをチェックしておきましょう。
 基本的に、外食産業、介護業界、小売業界、サービス業はブラック企業が多いので、応募前に情報を集めて「ブラック企業か否か」をチェックしたり、実際に面接で残業時間を聞いたりして念入りに調べましょう。

 とはいえ、ブラック企業か否かを見極めるためには経験が必要です。求人選びは非常に時間と体力をつかう作業で、それにくわえて履歴書や職務履歴書の書き方の勉強…となると、もうイヤになってしまいますよね。
 就職活動は想像以上にキツイため、元自衛官であっても「もう嫌だ!」と投げ出したくなってしまうのも無理はありません。

 そこで、就職活動のモチベーションを保つ&求人選び、書類作りの手間を大幅に削減出来るサービスを利用しましょう。

転職エージェントを活用して効率よく就活をしよう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain

 元自衛官から民間企業に再就職する時に、最初にやっておくべきオススメの対策は転職エージェントに登録することです。

 転職エージェントに登録すると、無料でキャリア相談、履歴書などの作り方、面接の練習から求人の紹介といったサポートを向けることが出来ます。転職の1から10までサポートしてもらえるので、民間企業への就職が初めての初心者でも安心して就活が出来ます。

 転職エージェントは、利用料は最初から最後まで無料です。
 これは嘘ではなく本当です。転職エージェントは人材を募集している企業からお金を貰っているので、求職者である私達は一円も払わずサポートを受けることが出来るのです。

 転職エージェントは土日でも利用することができ、求人者はキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

 未経験OKの正社員求人はもちろん、正社員登用前提の契約社員など、様々な求人を紹介してくれるので、自分にあった就職ルートを選ぶことが出来ます。

 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、スタート時の年収がアップする確率がグッと上がります。

 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

 オススメの転職エージェントはDODAです。



 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
 DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

 その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

 ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。
 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする