会社員が自動車を安く購入する為の3つのコツ!損をしない自動車購入の方法とは?

f:id:moguhausu2:20151130210032j:plain

会社員生活をしていると、自動車の購入は重要なライフイベントの一つです。

独身のうちは車の購入を差し迫って考えないかもしれませんが、子どもができると車の必要性が変わってきますよね。このようにライフスタイルの変化で車が必要になるケースは多いのですが、そこで考えなければいけないのが車の買い方です。自動車の購入はよほどの貯蓄が無ければローンを組むことが必ず必要になります。ですから簡単に決断できるものではありません。

そこで今回は、自動車を購入する為の3つのコツについてお伝えします。


三月の決算期は値下げしている確率が高い

新車の購入を検討している場合はその時期を慎重に考えましょう。購入の狙い目は間違いなく決算期です。具体的には、三月もしくは九月です。この時期に自動車を購入できるように、その少し前から相場を調べてインターネットでの情報収集をはじめましょう。

この時期はカーディーラーも売り上げをつくらなければならないので、料金交渉やオプション交渉する際に、他の時期よりも聞きいれてもらいやすいのです。それだけでなくそもそも販売価格を値下げしている場合が多いので、この時期は狙い目です。車の購入を考えた際は、決算期を狙っていきましょう。

車を下取りしてもらう場合は適正価格を把握しておこう

もし現在乗っている車から買い替える場合は、所有する自動車の適正価格を把握しておきましょう。なぜなら、最初にディーラーから提示される価格は相場よりも低い場合が多いからです。その時に相場の価格を把握していなければ、その安さに気づけないのです。

ですから今乗っている自動車の適正価格は把握しておかなければなりません。適正価格を調べるとなると少し難しい印象がありませんか。だけど大丈夫です、安心してください。そこまで難しいことではありません。

今であればインターネットから複数社の買取り価格を見積もってもらえるので、その数字を把握しておくだけで、下取りで損することはありません。購入する自動車の販売価格を下げてもらうと、思わず下取り価格に気を抜きがちになりますが、そこで損をしないようにしっかりと調べておきましょう。

オプションをサービスしてもらえるように交渉しよう

自動車を購入する時に忘れてはいけないのがオプションについてです。これはディーラーに提案してくることをどんどん受け入れてしまうと、とんでもない金額になってしまう可能性があるので注意しましょう。

機能によっては全く必要なかったりするのでそもそも使うのか、使わないのか、といった見極めも必要です。カーナビも含めてですが、オプションを付けたい場合はまずはサービスしてもらえないか交渉してみましょう。

しかしながら、ただ単にサービスしてくれといってもその提案が通るわけではありません。あくまでもまだ購入に迷っているという雰囲気を充分つくってから、「もしもこのカーナビをサービスでつけてくれたら、前向きに考えられるのだけれど…」といったニュアンスで伝えましょう。まだ迷っているけど興味は持っている、そんな空気感がベストです。こういった購入するかしないか、という雰囲気の中なら交渉の成功率は高まります。

オプションをサービスしてもらうだけでなく、値下げ交渉する場合も、そういった雰囲気づくりは意識していきましょう。

ここまで自動車を賢く購入するコツについてお伝えしましたが、いかがでしたか。購入時期と下取り価格、そして交渉方法、これらのことを知っているだけでかなりお得に自動車を購入できます。

例えば購入時期一つとっても、急ぎで車が必要でない限りは、決算期まで待って安く購入できた方がいいですよね。これから自動車を購入する場合は、これらのことを是非意識してみてください。あとは稀に自動車購入について、会社で補助制度が用意されている場合があります。

そういった制度の有無なども確認しながら、自動車は賢く購入しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする