お金持ちになれる人となれない人の感覚の違いとは?お金を貯められる人の特徴を身につけよう

f:id:moguhausu2:20151028110544j:plain
サラリーマンでも主婦でも経営者でも、お金との付き合い方は大人であれば誰もが学ばなければなりません。
何故なら、お金とのきりんとした付き合い方を知らなければ、人生の落とし穴に落ちてしまう可能性があるからです。

しかしながら現状の学校教育ではお金との付き合い方を教えてくれる授業はないですよね。だから社会人になれば、自ら率先してお金との付き合い方は学ぶしかないのです。そこで今回はお金持ちのお金の使い方を参考に、お金との上手な付き合い方をお伝えします。


お金は貯めこまずに循環させよう

あなたの小さな頃、母親もしくは育ての親の口癖はどのようなものだったでしょうか。「お金がない」というフレーズが耳に残ってはいないでしょうか。個人差のある話ではありますが、小さな頃の母親の言葉というのは影響が強く、大人になっても影響します。

もしもあなたが今お金に不自由していて満足するだけのお金が手元になかったとしたら、この母親のお金に対する感覚を無意識に引き継いでしまっているのかもしれません。ではお金がないという刷り込みがあると、どういう感覚でお金を扱うようになるのでしょうか。お金が実際にあるかないかではなく、無いと思っている人はほとんどが、同じような感覚を持っています。

お金を払う時に抵抗感や恐怖、もしくは減っていくという感覚が伴っているのです。これが普通じゃないか、と感じたとしたら要注意かもしれません。何故なら、お金持ちや経済的に豊かな人はお金を出す時に、それが減るという感覚ではないからです。

お金は循環するものだという前提がしっかり染みついているので、出せば入るという安心感の中で、お金を支払ったり受け取ったりしているのです。

出すから入るという感覚が必要

先ほどお伝えしたように、お金持ちはお金に対して、出すから入るという感覚を持っています。この感覚を最初は不思議な考えのように感じるかもしれませんが、慣れてくれば普通になります。

例えば私たちは毎日食事をするわけですが、食べたものをずっと胃袋や腸で保管しているわけではないですよね。かならず何らかの形で体外に排泄します。呼吸だって吸ったら吐きますよね。それと同じことです。
お金持ちはお金の循環も自然の一部のように捉えているのです。この感覚になると、支払うお金にマイナスの感情が入らないので、お金を出しただけ、スムーズにお金が循環しやすくなるのです。

これは何も難しいことではありません。呼吸する時に「この息を吐いたら、次の息は吸えないのではないだろうか」と不安にはならないですよね。自分自身にお金が巡ってくる状態をつくる為には、呼吸のように自然な感覚でお金を扱うことが必要なのです。

豊かな人が沢山いるコミュニティに飛び込もう

ここまでお金を扱う感覚についてお伝えしましたが、いかがでしょうか。感覚的な話なので掴みにくい部分もあったのではないでしょうか。もしこういった感覚を積極的に身につけたいと思う場合は極力お金持ちが集まる場所や、豊かな感覚を持っている人が沢山集まるコミュニティに飛び込みましょう。

そして無理に学ぼうとするのではなく、まずは人間関係をつくるのです。そして関係性ができた上で積極的にコミュニケーションしていきましょう。そうしていくと、いつの間にかお金に対する感覚が磨かれていくのです。お金の扱い方などの感覚的なものは、環境から学ぶのが一番です。沢山のお金持ちとの会話の中でお金に対する考え方や感覚を取り入れていきましょう。

学ぶというよりコピーするという感覚の方が正しいのかもしれません。とにかく時間と場所をお金持ちと共有することが大切です。お金と上手に付き合っていきたいと場合は、こういった方法も取り入れてみてはいかがでしょうか。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする