20代のキャリアアップに必要なスキルとは?出世するビジネスマンの特徴

f:id:moguhausu2:20150531161758j:plain
キャリアアップしていく為に20代の間に身につけるべきスキルとは?

2015年現在、定年退職は60歳~65歳が基本であり、その後はほとんどの人が年金生活に入っています。
しかしながら、今後の10年から20年でこの働き方は大きく変わる可能性があります。

その理由の一つは年金支給年齢の引き上げです。

勿論可能性の話ですが、それだけでなく今後医療技術の発達に伴い、平均寿命が延びていく可能性もあります。そうなると昔よりも元気な高齢者は増えますよね。でもその高齢者を支えるだけの労働力はその下の世代にはありません。

そうなると今の20代、30代は80歳くらいまで働かなければ生活できない可能性があります。あくまでも仮説ですが、そう考えると、若い内にキャリアの土台となるビジネススキルを身につけることがどれだけ大切かわかりますよね。

そこで今回は、キャリアアップを前提として20代の間に身につけるべきビジネススキルを紹介します。


自己開示スキルを身につけよう

若いビジネスマンがまず最初に身につけるべきスキルは何だと思いますか。これはどんな職種であっても共通なのですが、間違いなく自己開示のスキルです。

どんな人にも自分の強みと弱みの両方をさらけ出せること、相手の世界に躊躇なく入っていけること、恥をかくことを恐れない心、嫌われることを恐れない心、そういったものをすべて含めた自己開示のスキルが必要なのです。

なぜそういうスキルが必要だかわかりますか。それはどんな仕事であれ、人間関係が発生しない仕事はないからです。

それは工場のライン作業でもほとんど人と会話する事のないエンジニアでも同じことです。

機械相手の仕事でも、その機会は誰かの意図によって動かされているわけであり、人の意志が関係していない仕事はないのです。自己開示のスキルが必要な理由はそれだけはありません。これから今よりもっとIT化、ロボット化が進んでいく中、業務的なスキル以外の部分で「君じゃなきゃダメなんだよ」と言われる人材になっていかなければなりません。

そうやって言われるために必要なのが人間力となるわけですが、人間力は自己開示スキルがどれだけ高いかで決まるのです。自己開示スキルが卓越していれば、恥をかく恐怖なども超越しているので、議論で上司とぶつかることも、ときには嫌われる覚悟で部下を叱る事も平然とできるようになります。

ですから、自己開示スキルは20代に内に身につけておかなければならないのです。

一瞬で相手の心を掴む技術を身につけよう

次に大切になってくるスキルは一瞬で相手の心をつかむ技術です。ただリーダーシップを発揮するだけではいけません、出会った人を一瞬でファンにするくらいの人心掌握術を身につけておきましょう。

そのために前提となるのは、自分基準のまま相手の世界に踏み込むことです。土足で相手の心に踏み込むことは、中途半端にやれば嫌われてしまいますが、関西のおばちゃんのように、思いっきり入ってしまえば、相手は拒絶する暇すらありません。

それを一瞬で成し遂げるわけですから、見方によっては合気道のような世界ですが、一瞬で相手の心に踏み込むことが必要です。そしてそれは、多くの人が敬遠する相手であればあるほどそうしましょう。勿論その時に、嫌われる恐怖や人と衝突する恐怖があれば、そんなことはできませんからそういう恐怖心は乗り越えていることが前提となります。

このスキルを身につける方法は、日頃から色んな人と議論を交わすこと、また多くの人の世界感に飛び込むことです。それでしかこのスキルは手に入れられません。だから独身で時間がある、20代のうちに、できるだけ違う価値観を持つ人、特に自分とは真逆の価値観を持つような人達とコミュニケーションする事が必要なのです。

抜きんでたビジネススキルを一つだけ身につけよう

ここまで二つの重要なスキルについてお伝えしました。自己開示スキルと一瞬で相手の心をつかむ技術です。これらはどんな時代になっても求められるスキルなので、是非20代の間に習得することを目標にしてください。

それと同時並行で身につけた方がいいのは、ハード面のビジネススキルです。たった一つでいいので、自分の得意分野をつくり、抜きんでたものにしておきましょう。経理スキルを磨くのであれば実務経験と資格取得を、SEであれば実務経験と基本的なプログラム言語は習得していきましょう。

英語スキルを武器にするのであれば、外資系企業で実務経験を積むことも一つです。とにかく私はこれの専門家です、と言えるものを一つは持っておきましょう。そのたった一つのスキルと前述した、自己開示スキル、人心掌握術を身につければ、自然とキャリアは開かれていくでしょう。

あなたがもし30代なら、20代で身につけたこれらのスキルを既に高めていくことを意識しましょう。何故ならこの3つのビジネススキルは今後も普遍的に求められるものだからです。

キャリアアップの転職を考えているなら転職エージェントに相談してみよう

しかし、これらのビジネススキルを持っていても、年収の水準が低い業界、将来性の無い会社に勤めている場合、年収アップやキャリアアップは望めません。
必要なスキルを会得したら、キャリアアップの転職を目指してみましょう。

キャリアアップの転職を希望の場合、まずは転職エージェントに相談してみることをオススメします。
転職エージェントは、無料で利用出来て、業界の動きや転職可能な求人などをしっかり教えてくれます。これから伸びる業界や、あなたのキャリアでどんな企業に応募が可能なのか、プロの目線からキャリアプランに関するアドバイスをしてくれます。

オススメの転職エージェントや、評判、利用方法など下記の記事にまとめてありますので、参考にして下さい。

www.hazimetetensyoku.com

キャリアアップの転職を成功させるには、何よりも転職市場での情報を集めることが大事ですから、転職エージェントを活用するのが良いと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする