転職に必須の自己分析が苦手な人は「SWOT分析」を利用して論理的に組み立ててみよう

f:id:moguhausu2:20151119120034g:plain

SWOT分析とは、思考フレームワークの定石です。企業の強み、弱み、機会、脅威を分析するフレームワークで、それぞれを英語表記した際の頭文字からSWOTと呼ばれています。

※言葉では伝わりにくいですが、上記の画像を見れば、理解出来ると思います。

これは分類項目からも察することができるように、自己分析にも応用できるフレームワークなのです。

実際に転職活動の際に、自分の強みや弱みについて考えたことがある方は多いのではないでしょうか。しかしながら脅威や機会、そういったことまで熟考している人はあまりいません。だからそこを深く考えれば、ライバルと差別化できるのです。

そこで今回はSWOT分析を用いて自己分析でライバルと差をつける方法について紹介します。


自分自身の強みと弱みを明確にしよう

自己分析の基本中の基本は自分自身の強みと弱みを明確にすることです。何故なら強みはそのまま自己PRに使えますし、弱みは自分の短所を伝える際に役立ちます。

これは当たり前のように考えらていることですが、もしこれが明確になっていなければ、どういうことが起こるのでしょうか。まずは言葉に自信がなくなります。質問されて答える時に、これは弱みと言えるのかな、どうだろう、という思考が入った後に「弱みは○○です」と答えることになるのです。

強みだって同じです。自分の中でこれが強みだ!と明確になっていなければ「これが私の強みです!」と明確に言い切ることはできなくなります。言い切れないことほど、説得力のないことはありません。

ですからただ強みや弱みを理解しているだけではいけないのです。視覚化された状態で明確に瞬時に断言できるレベルで理解していることが必要なのです。

転職活動の脅威を考察しよう

SWOT分析では強みと弱みだけでなく脅威についても考えます。

脅威とは事業の存続が危ぶまれたり、売り上げが低下する要因のことを指します。ではこれを転職活動に置き換えると、何になるのでしょうか。一つは転職活動のモチベーションが下がることが考えられますよね。

書類選考で落ち続ける、面接で落ち続ける、これは脅威ですよね、ひょっとしたら心が折れてしまうかもしれません。しかしながらそういう事態を事前に想定していたとしたらどうでしょうか。

心の準備ができていなければショックは大きいでしょうが、想定できていてばダメージはそこまで大きくはなりにくいですよね。

ですから他にも転職活動の妨げになりそうな要因について事前に考えておくことが大切になるのです。親の介護や、自分自身の病気、交通事故、脅威になりそうな出来事は事前に予想できますよね。

他にも

「面接に行ったらブラック企業だった」
「求人倍率が高い」
「勤務地が遠く通勤ラッシュあり」

などが脅威としてあげられます。

脅威は可視化してはっきりと理解しておきましょう。それがわかっていれば、いざそうなった時の戸惑いが少なくなるだけでなく、事前の対策を打つこともできるのです。

転職を有利にする機会を有効活用しよう

先ほどは脅威についてお伝えしましたが、SWOT分析には脅威と対照的に機会という分類があります。機会とは転職活動を有利にしたり、成功させる機会のことです。例えば、大学のOBが転職を希望する企業に勤めていれば、その先輩とのコミュニケーションは、そのまま機会になりますよね。

もしくは大手求人会社が主催するような転職イベントに参加すれば、モチベーションが上がるかもしれませんし、そこで働いてみたい会社と出会えるかもしれません。そういった機会はアンテナを張っていれば情報が集まってきますよね。

それをノートでもPC内でもいいので、可視化できるようにしてリストアップしておきましょう。それがはっきりしていれば、転職活動をはじめる際に、効率的でスムーズな転職活動が計画できるのです。

さて、ここまでSWOT分析を転職活動に取り入れる方法についてお伝えしましたが、いかがでしたか。
これらのたった4つの項目、強み、弱み、脅威、機会、について理解しているだけで、転職活動の迷いは極力無くせます。自己分析にも間違いなく深みが出るので、転職活動をはじめる際に、取り入れてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを利用して効率的に転職をしよう

これらの分析を行うには、求人情報や企業情報が必要です。転職における情報収集は、転職エージェントを利用して転職のプロであるエージェントに聞くのが一番早いです。

転職エージェントは、在職中でも土日でも利用することができ、求人者は無料でキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

土日の面談にも対応しており、在職中でも登録してキャリア相談をすることが可能です。利用は無料ですから、気軽に登録して面談が予約出来ます。
非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする