ブラック企業を面接で見分ける方法。面接官の瞳に光は灯っているか?

f:id:moguhausu2:20150901171230j:plain
ブラック企業を見分ける方法をご存知ですか?
求人票に「アットホームな職場です」「将来の幹部候補」「20代で年収1000万も可能」…なんて書かれていれば分かりやすいのですが、全てのブラック企業が求人票に臭い香りがするフレーズを仕込んでいる訳ではありません。

むしろ、偽装の上手いブラック企業の方が悪質で、実際に面接に行ってみないとブラック企業か否かが分からないというケースが多いです。

そこで今回はブラック企業を面接の段階で見分ける方法について紹介します。


注目すべきは面接官の目や態度

一次面接では、人事の方や現場の方が面接官となることが多いです。
そのため現場の雰囲気や、職場環境などをチェックするには一次面接が最適です。まず、注目すべきは面接官の目つき顔つきです。長時間労働を強いられている、ストレスフルな職場で働いている社員というのは、得てして

「死ぬほど疲れていて目が死んでいる」
もしくは

「会社信者で躁うつ状態になっておりハイテンション」
のどちらかです。

この2つのどちらかに該当した場合、ブラック企業を疑った方が良いでしょう。
前者の面接官に「私的な質問で申し訳ないのですが、○○さんの仕事のやりがいは何ですか?」などの質問をしてみましょう。良い人であれば

「お客様の…あは(疲れた笑い)…笑顔ですかね」といったように「この会社はヤバイから入るな」というサインを出してくれます。

後者の場合は、とにかく活き活きと

「うちは○○が素晴らしくて、働きやすいですよッ!私は前職で~~という仕事をしていたのですが、当社はッ!」

など暑苦しい解説が入ります。これもまぁ分かりやすいので、親切といえば親切ですね。

面接官のサインをチェックするのが、ブラック企業を面接で見分ける基本となります。

こんな質問が来たらヤバイと思え

ブラック企業は面接の段階で「ん?」と思えるような質問をしてきます。例えば、下記のようなケースがあります。

「土曜日もたまに出勤になるけど大丈夫? あっ、もちろん滅多に無いけど!」
(本音:土曜出勤めっちゃあるけど文句言うな)

「体力に自信はある?」
(本音:長時間労働しても倒れるなよ)

「うちは結構厳しいけど、我慢強いほう?」
(本音:あなたは使える奴隷ですか?)

「お父さんは仕事何してるの?」
(※家族のことを面接できくのはNGです)

「彼氏・彼女はいる?」
(※マナー違反)

上記のような「ん?」と思う質問がきたら、内定が出てもお断りしましょう。
トラブルになると面倒なので、なるべく早めに、メールでも良いのでパッと縁を切るのが一番です。決して会社に呼ばれても行かないで下さいね。何をされるかわかったもんじゃありません。

社長がヤバイ会社は労働環境もヤバイ

社長が悪い意味で個性的すぎる会社は気をつけましょう。
間違いなくブラックです。他にも威圧的な社長とイエスマン軍団の図式が見えたら、それも間違いなくブラック企業という証拠です。ゴマすりに自信があるのなら簡単に出世出来る優良企業といえますが、そうでないなら避けるべきでしょう。

社長面接では、大企業や雇われ社長でない限り、その会社の色が出ます。
特に零細企業、中小企業では社長=会社の環境とも言えるので、社長面接ではしっかり社長の性格や経営戦略をチェックしてください。経営者はサイコパスが多い職業です。もちろん良い経営者もいますが、2割くらいは本気でヤバイ人が混じってるので注意しましょう。

転職でブラック企業を避けるには

転職でブラック企業を避ける方法は、転職エージェントを利用して、あらかじめ求人を出している会社の情報をエージェントから仕入れるのが一番確実です。もちろん、エージェントも全ての情報を把握しているわけではないので、隠れブラック企業などは実際に面接でチェックする必要がありますが、転職エージェントを仲介すればブラック企業を引いてしまう確率はグッと低くなりますよ。

転職エージェントは、在職中でも土日でも利用することができ、求人者は無料でキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

土日の面談にも対応しており、在職中でも登録してキャリア相談をすることが可能です。利用は無料ですから、気軽に登録して面談が予約出来ます。
非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする