40歳以上の転職で必要な能力とは?採用担当者から見た40歳以上の人材を採用するメリット

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain
当然のことですが40歳を越えたら、年齢に合わせた転職活動をしなければなりません。
ほとんどの企業は35歳以下の若手人材の採用をメインに考えているので、若手人材には提供できない価値を明確に提示しなければならないのです。

年齢を重ねればそれだけ、企業に求められるハードルが高くなるのは当然ですよね。そこで今回は採用担当者はどのように40歳以上の求職者を見ているのか、という視点を踏まえながら転職活動のコツを紹介します。


実績を明確に提示しよう

40歳以降の転職を成功させる為にはこれまでの実績が必ず必要になります。明確に企業に対してどのような価値や成果をもたらすことがで出来るのかを示さなければなければなりません。

つまり書類選考のハードルが30代の時よりもとても高くなるのです。ですから、実績の棚卸と深い自己分析は必須の作業となります。前職でどのような成果を出したのか、まずはそれを具体的に書き起こしましょう。

具体的にどういう市場で、どのような商品を、どのような戦略で、どれくらい売上を上げたのか、詳細な解説と具体的な数字が必要です。そして数字や結果だけではなく、どのようなマネジメントを行ったのか、どのようなチームを率いて、どのようなプロセスを経て目標を達成できたのか。そういったことをあらゆる角度から説明できる状態にならなければなりません。

そしてそういった棚卸を済ませた上で、細かい数字を基にした職務経歴書のつくり込むことが必要になります。このように応募書類を出す際はこれまで以上に論理的に整合性のとれたものを用意しなければなりません。

何故なら40歳以上のマネジメントポジションにエントリーする求職者は実績があって、それを論理的に伝えられるコミュニケーション能力を有していて当然だという目線で見られているからです。

マネジメント能力とその根拠を証明しよう

40代になるとマネジメント経験は必ず問われます。何故なら例え管理職候補でなかったとしても年齢的にその資質が問われるからです。

ですからマネジメント能力と何故それだけの実力があると言えるのか、根拠を示さなければなりません。そしてその根拠を説明をする時に必要なことは実際の体験を語ることです。困難に直面した場面を話した上で、どのようにマネジメントを行い現場を改善させたのか、時系列に数字を交えて伝えましょう。

当然AからBという変化を交えて話さなければなりませんが、そうなるとストーリ―テリングの話法を用いることは必須です。感情を込めて尚且つロジカルに、聞き手を飽きさせずに引き込む話し方を意識しましょう。

そのスピーチ力も立派なマネジメント能力の一つです。面接で面接官一人の感情を動かすことができなければ、マネジメント能力の証明にはなりません。何故なら複数名の感情を揺さぶり、行動を起こさせるには、まずたった一人の人間の心を動かさなければならないのですから。

だから面接の際は完璧なプレゼンテーションを意識して、抜け目ない資料作りや準備をしていきましょう。

給与交渉や条件交渉は強気を貫こう

実績を完璧にプレゼン出来る準備ができれば、次に必要なのは心構えです。必ず最低限これだけの年収は欲しいという希望は明確にしておきましょう。希望条件をはっきりと提示するだけで自分の価値は自分でを高められるからです。

そして面接を突破する時に最期に必要になってくるのは自分に対する自信です。だから圧倒的に自分を信頼すること、これを習慣化していきましょう。仮に自信が無かったとしても問題ありません。
自信のある態度を取り続けることが大切なのです。何故なら面接では実際に何を発言したのかと同等に、ノンバーバルコミュニケーションが重視されるからです。

ノンバーバルコミュニケーションとは非言語のコミュニケーションを指しますが、その人の姿勢や表情、雰囲気で伝わる感覚のことです。これらは非言語なので当然、受け手によって印象が変わるのですが、非言語の領域では在り方そのものが伝わります。ではその在り方は何によって成り立つのかと言えば、自分で自分をどのように認識しているのか、という自己認識です。

目の前の人が自分に自信があるのか、そうでないのか、話さなくても雰囲気から何となく分かりますよね。同じようにその自信の有無は対峙した瞬間に、採用担当者に伝わっています。

そして採用担当者はそういったノンバーバルコミュニケーション能力の有無も当然のように判断材料の一つとしているのです。だから普段から自信を持つこと、もしく自信を持っているように振る舞うことが大切になるのです。

ここまで40代以上の求職者が採用担当者からどのように見られているのかお伝えしましたが、いかがでしたか。40歳を越えると結局はマネジメント能力、実績、自信、この3つ有無が見られます。

そしてこの3つにはある共通点があるのですが、それは何だと思いますか。それは全てある程度の年月をかけて身につけるものだ、ということです。40代の転職は基本的にはそういった過去がベースになります。

また過去を武器にした方が転職が有利になる場合が多いのです。ですから、40代以降で転職を考える際はこれまでの実績を明確にすることからはじめていきましょう。

転職エージェントに登録して効率よく転職準備を開始しよう

ミドル層の転職は、若手の頃の転職活動とは進め方がガラリと変わりますから、プロである転職エージェントにアドバイスをしてもらいながら行うのが一番オススメです。

転職エージェントは、在職中でも土日でも利用することができ、求人者は無料でキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

土日の面談にも対応しており、在職中でも登録してキャリア相談をすることが可能です。利用は無料ですから、気軽に登録して面談が予約出来ます。
非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする