週一休みがキツくて転職を考えている人が知っておくべき転職知識

f:id:moguhausu2:20160428132524j:plain
週一しか休みがない会社は、意外に多いものです。

「週休二日制と書かれていたから、週に2日休みがあるのかと思った…」と誤解して入社を決めてしまった人もいると思います。週に二日休みが確定しているのは「完全週休二日制」と書かれている場合のみです。紛らわしいですね。

実際、週一休みだと、予想以上に身体への負担は大きくなります。休日に疲労やストレスが抜けきらず、身体に負担をかけたまま仕事を行うことで心身ともにリスクは大きいですから、なるべく休みの多い会社に入社したいものです。

現在、週一休みで働いていて「もう無理…」と思っている方は、ぜひ転職をオススメします。現在は完全週休二日制の求人も多く、転職によって労働環境が改善されることも多々あります。

今回は週一休みの人が転職をする上で、知っておくべき転職知識を紹介します。

ハローワークの求人票には要注意

就職、転職といえばハローワークを利用する方も多いですが、ハローワークの求人票には注意が必要です。
というのも、ハロワの求人は審査がほぼ無い状態なので、求人票に嘘が含まれていることが多く、完全週休二日制と書かれていたのに実際は週一休みだった…ということも珍しくありません。

そのため、転職にはなるべくハローワークではなく、しっかりとした大手の転職サイト、もしくは転職エージェントを使いましょう。
こちらは求人にも審査があり、年間休日や労働環境については吟味されているので、週一休みの環境から転職するには最適です。

年間休日の目安について

求人票に書かれている年間休日について、一般的に土日休み+祝日+GWや年末年始などの連休を全て含めると、120日から125日が最大となります。
年間休日が100日前後の場合、週一休み、もしくは連休無しのケースが多いので注意しましょう。業種としては、メーカーや商社のような固いところであれば、年間休日は多いです。逆にサービス業や卸売業、小売業、外食産業などは年間休日も少なく、労働環境は厳しい傾向にあります。

業界や企業によって、年間休日は大きく異なるので、しっかり働きやすい環境を選ぶようにしましょう。

転職エージェントを使って効率よく転職をしよう

転職は、就職活動と進め方がガラリと変わりますから、プロである転職エージェントにアドバイスをしてもらいながら行うのが一番オススメです。

転職エージェントは、在職中でも土日でも利用することができ、求人者は無料でキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする