30歳で年収300万低いと感じたら同職種で転職すべき理由。40代でお金に困るリスクを減らしましょう

f:id:moguhausu2:20151028110544j:plain
日本の平均年収は、10年前よりも100万円近く下がっており、30歳の平均年収は438万円です。
しかし、この平均値も年収1000万以上稼いでいる人が大きく引き上げており、実際は350万~400万といったゾーンが多いようです。

大企業なら昇給も多く、肩書きもついてくる頃ですが、中小企業の場合、昇給も期待出来ず、逆に管理職にされて残業代カット…なんて事もありえるのが30歳という年齢です。

もし、あなたが30歳で年収300万前後だった場合、将来性はかなり暗いと思ったほうが良いかもしれません。
というのも、30歳で350万~400万に届かない場合、勤めている企業そのものの業績が思わしくない、時代のニーズにあっていない事が多く、今後の昇給ベースも期待できないからです。企業の経営状況というのは、給料にダイレクトに関わってくるものですから、なるべく景気の良い会社に勤めたいもの。

例えば、ベンチャー企業であっても収益率の高いWEB業界で元気な会社は、20代後半でも年収400万以上がベースになっています。不安定と思われがちなIT業界も、今ではクックパッドや価格.com、一休.comといった市民権を得ているサービスが次々誕生しており、今後もネットが無くなることはないでしょうから、むしろ安定していると言えます。

「30歳で年収300万だ…でも転職なんて不安だ」

と思っている方は多いと思いますが、実は転職のハードルが低いのは、30歳前後がラインだと言われています。
ボーダーと言われている35歳に近づけば近づくほど転職は難しくなり、転職をするなら30歳前後で決断をしないと、その会社から脱出出来ない状態になってしまいます。

今回は30歳年収300万の会社員が、転職で年収アップを目指す際のコツを紹介します。


30歳年収300万は今後、生き残れない?

日本は今後、社会保障費の増大に伴い、増税をどんどん行っていくでしょう。
実際、消費税は5%から8%、そして10%と二倍になっていますし、その他の税金も少しずつ上がっていくでしょう。

税金が上がって最も深刻なダメージを受けるのは、年収300万円前後の層です。
特に消費税などは、生活そのものにダメージを与えますし、年金も期待出来ませんから、年収300万で貯金もまともに出来ない…という状況では、あっという間に将来、行き詰まることになってしまいます。

また、結婚、子育ても年収300万程度では難しいです。最低でも年収400万、出来れば年収500万は無いと余裕のある子育ては難しいでしょう。

老後の資金や、親の介護といったイベントも待っており、30歳以降はとにかく防衛資金、つまりいざという時の虎の子の貯金をためておくことが最重要課題になります。そのため、30歳というタイミングで、年収アップのために動く必要があるのです。

ここで楽観的に「なんとかなるさ」とぼやぼやしているようでは、一生、お金に困ってヒーヒー言うことになってしまいます。今、やるべきことは、年収アップ、そして資産運用などの知識を蓄え、40代50代に備えて資金をしっかり作っておくことです。

年収アップを目指すなら同職種で転職を

20代の転職ならば、未経験で他職種に転職をすることは容易です。もちろん、30歳の方でも未経験の転職は出来ますが、年収アップという観点から見ると、少し目的がズレてしまいます。やはり今まで重ねてきたキャリア、つまり今の職種で転職をしたほうが年収アップんは有利です。

例えば、経理職であれば経理職として、そのまま業界や会社だけ変える。経理職は業界が変わっても、そこまでやることに変化はありません。営業も同様で、製品を理解して物を売る、顧客をフォローして商売を有利に進める、という点では、どんな業界でも培ってきた経験とスキルを活かすことが出来ますね。

なので、30歳から年収アップを目指すなら、同職種での転職がオススメです。もちろん、今の職種はもううんざり! というのであれば、職種を変えることも可能です。35歳に近づいてしまうと、いよいよ未経験での転職は難しくなりますので…。

儲かってる業界or同業他社を探そう

業界が変われば、お金の流れも変わります。時代と共に売れる物、求められるサービスは変わっていきますから、それに合わせて働く業界を変える、というのは年収アップの転職の王道です。

伸びている業界の会社には、他業種からやってきた人がどんどん参入していますから、転職組であっても居心地が悪い、ということはありません。年収も会社の業績に応じてアップするので、転職前よりも年収がグッと上がることが多いです。

もちろん、ベンチャー企業などは10年後も経営出来ているか、というリスクが大きいので見極めが必要ですが、年収300万の成熟した会社でダラダラ働くよりも、新しい業界に飛び込んで年収を上げたほうが、刺激もありますし、キャリアにも幅が出ます。

もし、自分の会社だけが傾いている、年収が低い…というのであれば、同業他社に転職をするのもありです。同業でも、企業規模はそれぞれ異なりますし、年収が100万円近く異なるケースも珍しくありません。

ただし、同業他社に転職をする場合は、なるべく退職の際に波風を立てないようにしましょう。同業だけに、今後、仕事で顔を合わせた時に面倒なことになったら嫌ですから、そこは気を使っておきましょう。

年収アップのアドバイスを転職エージェントにしてもらおう

年収アップの転職は、プロの転職エージェントにアドバイスをしてもらいながら行うのが一番オススメです。

転職エージェントは、在職中でも土日でも利用することができ、求人者は無料でキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

土日の面談にも対応しており、在職中でも登録してキャリア相談をすることが可能です。
非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする