派遣社員から正社員になる時に必要なコミュニケーション能力とは?内定を得るための戦略

f:id:moguhausu2:20150714130742j:plain
派遣から正社員にステップアップするコミュニケーション術について。

派遣社員から正社員へ切り替わる、そういうケースは実は少なくありません。
意外かもしれませんが、入社のハードルが高い外資系企業も派遣社員として結果を出していれば、正社員としてのオファーが来ることは珍しいことではないのです。しかもその場合は既に派遣社員という立場であれ、社内の人間関係も出来上がっている場合が多いですから、正社員になってからも活躍できる可能性が高くなるのです。

実際に私の知人は派遣として入社1ヶ月で正社員としてのオファーがかかり、半年後には正社員としてステップアップしていました。そこで今回は、派遣社員から正社員へのオファーを獲得する為に必要なコミュニケーション術について紹介します。


クリティカルシンキングでコミュニケーションスキルを差別化しよう

f:id:moguhausu2:20150713084212j:plain
どんな仕事をしていてもコミュニケーションスキルは重要です。
会議やミーティングでも、影響力が大きい人はコミュニケーションスキルが優れていますよね。そしてそういった議論の場というのは価値を生み出す機会でもあるので、適切な発言が出来れば徐々に会社の中でも役割やポジションが確立されてくるのです。

そしてそれは派遣社員であっても同じことです。派遣先によって様々だと思いますが、仕事をしていると必ず何かしら上司や同僚、別部署の人間から意見を求められる機会があります。そういった時に的確な発言で答え続ければ、一目おかれるようになっていくでしょう。

その発言力を高めるために有効なのがクリティカルシンキングという思考法です。これは物事を視覚的に整理しながらロジカルに組み立てることで、同じところに留まりがちな思考を整理して意見を導き出す技術です。

ロジカルシンキングよりも、幅広い視点を含みながら思考を整理していくので、こういった思考ツールを使っていない人よりも、確実に鋭く本質を捉えた発言が出来るようになります。ですからまずは、こういった思考ツールを取り入れることからはじめていきましょう。

それだけで派遣社員であっても、一目置かれる存在になっていく可能性があるのです。

性格分析ツールを上手く使って社内の人間関係を攻略しよう

f:id:moguhausu2:20150622214133j:plain
それでは次は、人間関係の構築についてお伝えしましょう。派遣社員という立場から、社内の人間関係をどのように構築していけばいいのでしょうか。実際に派遣としての就業されたことがあればお分かりだと思いますが、派遣社員は直接雇用の社員とは違う扱いを受けますよね。
それは派遣先により差はありますが、例えばタイムカードだけ見ても違いがあります。

直接雇用の人はその会社のものだけを使いますが、派遣社員は派遣元から用意されたものと併用する場合が多いでしょう。当然そういうことは自分が気にしなければ問題ないのですが、中には派遣社員を目の敵にしているようなお局さんがいる職場もあるので、人間関係は普通に直接雇用として働くよりも構築しにくいと言えるでしょう。

しかしながら性格分析ツールを使えば、そういう問題は以外と簡単にクリアできてしまいます。例えばストレングスファインダーや類人猿分類、エゴグラムなど様々な性格診断ツールがありますがこれらは実は人間関係の構築にかなり使えます。

まずは自分の性格を客観的に理解することがスタートラインになりますが、これらのツールも使いこなせるようになってくると相手にテストを受けてもらって分析結果を共有されなくても、会話や口癖から性格タイプが予想出来るようになります。
そして職場の人をタイプ別に自分の中で分類できれば、誰とどのようにコミュニケーションをとればいいのかが分かってくるのです。つまり、人間関係の攻略本を手に入れるようなものですね。

そうなると職場の人間関係をスムーズにつくっていけるのです。

派遣社員から正社員にステップアップしよう

f:id:moguhausu2:20150622214038j:plain
さて、ここまでコミュニケーションと職場の人間関係についてお伝えしましたが、いかがでしょうか。派遣という働き方は期間雇用的な側面があるので、実はモチベーション高く働いている人はそこまで多くありません。

しかしながらその事実を逆手にとればやる気を見せたり、積極的に業務に取り組めばそれだけで一目置かれる存在になっていけるでしょう。だけど働いていたら、問題が起きたり、人間関係で揉めたり、色んなことが起こりますよね。
そういった業務以外の問題もスムーズに解決していけるのが先ほどお伝えした、クリティカルシンキングと性格分析ツールなのです。こういった思考ツールはや性格分析ツールは他にも様々なものがあります。

派遣社員から正社員へのステップアップを狙う場合は、そういったものも取り入れていってみてはいかがでしょうか。

正社員になる為に転職エージェントを活用しよう

派遣社員から正社員になるには、正社員登用試験を受ける手もありますが、確実ではありませんし競争率も高いです。
一番オススメなのは、転職エージェントを活用して正社員の求人に応募をかける事です。

転職エージェントは人材を求める企業と求人者をマッチングさせる仲介業で、求人者側は無料で利用することが出来ます。もちろん、現在、派遣社員で正社員になりたい求職者も利用することが出来ます。

転職エージェントは転職のプロですから、希望条件を伝えればそれにあった求人、業界、職種などをピックアップしてくれます。
またハローワークなどと違い離職率の高いブラック企業は排除しているため、安心して選ぶことが出来るのがポイントです。

求人の取捨選択を一手に任せられるのですから、転職の手間がぐっと省けます。
さらに履歴書・職務履歴書の書き方もアドバイスしてくれて、面接対策までしっかりサポートしてくれるので、転職が初めてでも安心して取り組めます。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする