転職ではコミュニケーション能力と専門技術どちらが役立つ?スキルとキャリアの転職評価について

f:id:moguhausu2:20150622214133j:plain

ITエンジニアやSEといった専門的な職業は未経験者だとなかなか採用されないイメージがあるのではないでしょうか。
しかしながら最近は新卒以外の転職者であったとしても未経験で採用される場合があります。勿論長期的なキャリア形成が目的なので、若干の縛りはありますが未経験者だからといってエンジニアになれないわけではありません。そして未経験者であったとしても働き始めることで専門的なスキルを身につけていくことが出来るのです。

そこで今回はそういった専門技術にフォーカスしながら、転職活動においてコミュニケーション能力と専門技術のどちらが必要になるのか、というテーマでお送りします。


30歳以降は専門技術の有無が転職成功の明暗を分ける

f:id:moguhausu2:20150531161758j:plain
冒頭で、未経験者でもエンジニアなどの専門的な仕事に就ける可能性があるとお伝えしました。
しかしながら、これについてはどの企業でもほぼ同じような条件をつけています。それは年齢に対する制限です。もちろん大々的に年齢制限を採用活動で周知することは出来ませんが、30歳以上で未経験者枠に応募したとしても厳しい結果となるのが現実でしょう。

ですから20代の間にしっかりと進むべき方向性を明確にして、キャリアをスタートさせておきましょう。逆に言えば20代だというだけで、それ以上の世代よりも選択肢は無数にあるのです。そうすれば30代以降に転職市場で価値のある存在になりやすいでしょう。

それでは現在30歳以上の場合はどうすべきなのでしょうか。その場合は、これまでの経験を強みにしていきましょう。
自分にとっては専門的ではないと思っている技術であったとしても環境を変えれば価値を上がる可能性があります。30代以降は自分の経験を価値のある形で相手に伝える表現力が重要になります。そしてそれをベースにしてスキルアップしていけば、自分の市場価値を上げられるのです。

コミュニケーション能力が高ければ技術は求められない場合がある

専門的な職業はその技術を身につけるハードルが高いだけに、コミュニケーションスキルが低い方が多い傾向があります。特にそれは20代は顕著なのですが、そのギャップを上手く利用すれば自分自身の価値を高められます。

例えばエンジニアになりたい場合、20代であれば未経験であったとしても転職出来る可能性があります。もちろんエンジニアとして技術が既にある人より選考が厳しいものになるのは間違いないのですが、コミュニケーションスキルをPRすることで採用される可能性は高まります。

何故なら先ほどお伝えしたように、20代で高いコミュニケーションスキルを持っているとそれだけで希少価値があるからです。30代になるとコミュニケーション能力の差は少なくなっていくので、20代という年齢のうちは特にコミュニケーション能力が強みになるのです。そしてITエンジニアであったとしても実際に仕事がはじまると求められるのはクライアントの問題を解決する能力です。

だから結果として面接を突破して転職してしまえば、実際はITスキルと同じようにコミュニケーション能力が求められたりするのです。

コミュニケーション能力はビジネススキルの根幹に位置するもの

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain
さて、ここまでコミュニケーション能力と専門技術のどちらが転職に必要かをお伝えしましたがいかがでしょうか。
結論としては20代であればコミュニケーション能力が価値を持ち、30歳以降は専門技術が価値を待ちます。しかしながらコミュニケーション能力はビジネススキルの土台になるスキルなので、長く転職市場で価値を持つ続けるには必ず必要なスキルだと言えるでしょう。

実際にコミュニケーション能力が乏しければ社内の人間関係でリーダーシップを発揮していくことは難しいですよね。順調なキャリアアップを考えれば30歳以降は役職を問わずリーダーもしくはマネージャーとしての働き方が求められます。

そういった立場であればコミュニケーションスキルは持っていて当然のスキルになるのです。いずれにせよ転職を成功させるためにはコミュニケーションと専門技術、その両方があることが理想的です。

ビジネススキルをしっかりと磨きながら転職を成功させていきましょう。

キャリアのアドバイスを貰うなら転職エージェントを利用しよう

こういったスキルを元にしたキャリア相談は、プロである転職エージェントに相談するとキャリアプランに対するアドバイスが貰えるので、転職エージェントを積極的に利用することをオススメします。
転職エージェントは人材を求める企業と求人者をマッチングさせる仲介業で、求人者側は無料で利用することが出来ます。

転職エージェントは転職のプロですから、希望条件を伝えればそれにあった求人、業界、職種などをピックアップしてくれます。
またハローワークなどと違い離職率の高いブラック企業は排除しているため、安心して選ぶことが出来るのがポイントです。

求人の取捨選択を一手に任せられるのですから、転職の手間がぐっと省けます。
さらに履歴書・職務履歴書の書き方もアドバイスしてくれて、面接対策までしっかりサポートしてくれるので、転職が初めてでも安心して取り組めます。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする