転職で年収をアップさせる3つの方法。年収100万アップを目指すなら押さえておきたい転職ノウハウ

f:id:moguhausu2:20150624100758j:plain
転職する理由は人によって様々なものがあります。
例えばやりたいことが見つかった、今の職場の人間関係で失敗した、違う業界を見てみたい、こういったことも多いのですが、多くの人は年収をアップさせることが目的に含まれているのではないでしょうか。

費用をかけて資格を取得することも、苦労をしてでも実績をつくっていくことも、突き詰めて考えれば、収入UP出来る可能性があるから、取り組めるわけですよね。何よりもお金は生活や人生の豊かさに直結する、仕事をする上では必ず考えなければならない要素の一つです。

そこで今回は転職によって年収をアップさせる方法をご紹介します。


これまでの実績を数字を盛り込んで目に見える状態にしよう

f:id:moguhausu2:20150525134246j:plain
年収をアップさせることを考えた時に必要なのは今まで何をやってきたのか、という実績です。これの証明方法はたった二つしかありません。それは職務経歴書と面接です。第一関門は職務経歴書ですが、これは企画書や提案書だと思って作り込んでいきましょう。

その際に必ず取り入れた方がいいのが、数字を入れることです。とにかく数値化出来る要素があれば、それを一つでも多く取り入れてください。何故なら、どんな業種であれ、仕事場では必ず数字を扱うからです。

医療や福祉業界でもそうです。何故なら、売り上げ管理であれ、退職者管理であれ、何にせよ絶対に数字を管理する業務は発生するからです。だから数字に強そうな職務経歴書をつくるだけで、それだけで自分の価値を高めることが出来ます。

また面接はプレゼンの機会だと思って話しましょう。そしていかに流暢に数字を盛り込んで話が出来るのか、ということを積極的にPRしていきまます。それが職務経歴書の内容と合致した時に、採用担当者からの期待値が高まり、採用される可能性をグっと引き上げられるのです。

転職する迄に取得できる資格がないかどうかを考えよう

f:id:moguhausu2:20150531161701j:plain
先ほど実績を数値化することについてお伝えしましたが、数値化出来る実績を恣意的に作っておくことも考えておきましょう。転職でキャリアアップを狙うならそういったしたたかさも必要になるのです。そしてもう一つ考えておくべきポイントは資格取得です。

資格は実はそれがあるから実務が出来るというものではないのが、実際のところですが、職の際は確実にPRになります。例えば簿記1級、2級というのは経理関係の仕事をしないのであれば直接は関係ない、そう考えるのが普通でしょう。しかしながら、一般職、営業職や事務職への転職であったとしてもその資格を明記しているだけで、数字に強い、もしくは頭が良い、といった印象を与えられるのです。

PC関連の資格に関してもマイクロソフトのMOS等がありますが、こちらも載せておくだけで印象が良くなる資格の一つです。こういった資格は独学と試験だけで取得できるものが多くあるので狙い目なのです。転職を考え始めたら転職時期を見据えて、資格の勉強をはじめていきましょう。それがゆくゆくは年収UPの交渉道具にもなるのです。

給与交渉ではいい人を辞めよう

f:id:moguhausu2:20150531161525j:plain
さて、ここまでは数値化したプレゼンの重要性と、資格取得についてお伝えしてきました。3つ目の年収UPのポイントは交渉力です。これは年収UPの際には必ず通過しなければならない道だと言えるでしょう。

一番簡単な交渉方法は人材紹介会社を間に挟むことです。
キャリアコンサルタントが間に入れば、こちら側の要望をコンサルタントが代理で企業に対して交渉してくれるので、かなり楽な方法だと言えます。そして自分で直接交渉する場合でも、紹介会社に間に入ってもらう場合でも大切にしなければならないことがあります。

それは、自分の価値を自分で高めておくことです。
これは人間関係の原理原則ですが、自分で自分を評価する以上に他人が自分を評価してくれることはありません。だからまずはしっかりと自分の内面で自分の価値を認めておくことが大切です。

そして次に大切なのが、しっかりと交渉することです。
交渉の際に出てくる思考の多くは、これを言ったら嫌われるんじゃないだろうか、お金にがめついと思われるんじゃないだろうか、という嫌な人には見られたくない、という思考です。

そしてそれが膨らんでくると、せっかく就職出来るんだからこれでいいや、となり自分の価値を自らで下げることになってしまいがちです。だから給与交渉する際は、自分がどう思われているかという思考を外すこと、そして最低これだけは欲しいという金額をしっかり自分の中で明確にしてください。そこから交渉に挑むのです。これらの方法を実践するだけで転職後の年収は大きく変わります。

自分の価値をしっかり高め、転職の際は年収UPの交渉を積極的に提案していきましょう。

給与交渉に強い転職エージェントは?

f:id:moguhausu2:20150622214133j:plain
転職エージェントは人材を求める企業と求人者をマッチングさせる仲介業で、求人者側は無料で利用することが出来ます。前述した通り、転職の際に給与交渉を行ってくれるので、転職者にとっては心強いサービスになっています。

転職エージェントは転職のプロですから、希望条件を伝えればそれにあった求人、業界、職種などをピックアップしてくれます。
またハローワークなどと違い離職率の高いブラック企業は排除しているため、安心して選ぶことが出来るのがポイントです。

求人の取捨選択を一手に任せられるのですから、転職の手間がぐっと省けます。
さらに履歴書・職務履歴書の書き方もアドバイスしてくれて、面接対策までしっかりサポートしてくれるので、転職が初めてでも安心して取り組めます。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする