友人の会社に転職するメリット・デメリット。意外な注意点・落とし穴とは?

f:id:moguhausu2:20150622214133j:plain
知人や友人の会社に転職するメリット・デメリットについて。

転職活動といえば、まずはインターネットを思い浮かべる人が多いですね。

しかし、受け身的な姿勢からはじまる転職活動はそうではありません。

転職する理由は人により様々ですが、ヘッドハンティングなど何かしらの誘いがあって転職をはじめて考えたという人も少なくないのです。

長く社会人生活を送っていると学生時代の友人が起業したり、前職の同僚が起業したり、何かと起業の場面に立ち会うことがあります。

そして状況によっては一緒に働かないかと誘われることもあるでしょう。

そこで今回は友人や知人の会社に転職するメリット・デメリットについて紹介します。

友人や知人の会社に転職するデメリット

f:id:moguhausu2:20150526113351j:plain
起業する時は物凄く大きなエネルギーと情熱が必要です。

ですから会社の社長になるような人は人間力が高く魅力的な場合が多いでしょう。

そして、そういった友人に「一緒に働かないか?」と声をかけられたら誰だった心が揺れるのではないでしょうか。

更にその彼があなたの実力を認めてくれていて、それなりの役職が用意されていたとしたらいかがでしょうか。

そういった状況になれば、例え転職する気がなかったとしても真剣に考えてしまうものです。

しかし、そういった時は冷静にデメリットも考えなければなりません。

例えば起業して数年は上手くいったとしても、それがずっと続くとは限りません。

創業した会社が10年以上続く可能性は20~25%しかないのです。

ですからまずは倒産のリスクも考えなければなりません。

その他、業績が悪くなれば給与未払いの可能性も出てくるでしょう。そして、もし前職が大手企業であれば、社名のブランド力の差を思い知る機会も出てくるでしょう。

良いところだけでなく、そういったネガティブな可能性があることも事前に把握しておくべきなのです。転職は冷静に判断しなければならないのですから。

創業間もない友人の会社に転職するメリット

f:id:moguhausu2:20150618151854j:plain

先ほどはまずデメリットについてお伝えしましたが、ここからはメリットについてお伝えします。

創業間もない友人の会社で働けば、大企業では体験できなかったスピード感のある経営が体験できます。

また急成長すればそれだけ大きな収入やボーナスが入ってくる可能性があるでしょう。

起業時にストックオプション(自社株を貰える制度)をもらえば、会社が上場した時に大きな報酬になります。

何より責任ある仕事を担当する機会も圧倒的に増えてくるので、やりがいがあるのは間違いありません。

事業が急速に伸びていけば、社員もどんどん増加していきます。そういった意味では会社が成長して大きくなっていくのを一緒に体感できて、且つ見守ることができます。

そして一緒に会社を成長させた同僚とは大企業では感じられない連帯感を感じることが出来るでしょう。

とにかく様々な経験をすることになりますから人間としてもビジネスパーソンとしても飛躍的に成長出来るでしょう。

毎日何かしらの大変なことが起きる可能性もありますが、それすらも楽しめるようになれば完璧です。

恐怖は体験する迄が最も怖いのですが、体験してしまえばそれ以上怖くなることはないからです。

つまり、短期間で様々なこと体験したい場合は知人が起業した会社に転職するのは賢明な判断だと言えるでしょう。

将来のことを冷静に考えて判断しよう

f:id:moguhausu2:20150618002523j:plain

創業間もない友人の会社で働くメリットとデメリットについてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

昔からの知り合いということであれば安心できるところも多いかもしれませんが、社長を支えていくという気持ちが必要なのは確かですよね。

やはり安定的な大企業と比べるとリスクが多いですから、いざ転職する際には冷静な判断は必要です。

いくら友人知人の誘いであれ創業数年以内の会社には大手企業のような安定感はないのですから。

そして、主従関係や上下関係は確実にできるので、これまでのような友人関係は完全に無くなると思っておいた方がいいでしょう。

それくらいの気持ちの切り替えとある種の覚悟が必要になります。

だけど自分の才能がそこで発揮される可能性を感じたり、事業そのものに魅力を感じている場合は誘いに乗る価値はあるでしょう。

いずれにせよ転職には常に失敗のリスクが付きまとうものです。

友人関係があるからと言って適当にならないように、しっかりと契約関係も確認して、給料や業務内容もしっかりと確認しておきましょう。

書面で確認が出来れば尚良しです。

親しき仲にも礼儀ありという言葉がありますが、相手がそれを守ろうとしなくても自分がその態度を一貫させることが大切です。友人の会社への転職は慎重にしていきましょう。

もし「友人だから」という理由で高給が貰える場合は「ラッキー!」と喜んではいけませんよ。
特に30代の方は、転職の難易度が上がるので要注意です。

市場評価以上の給与を貰うと、後々、その会社から転職する時に、落とし穴にハマる可能性が出てきますからね。

詳しくは、下記の記事にて解説しています。

・30代の転職で成功する人と失敗する人の違いは『自分の立ち位置』を理解しているか否か

外の会社に転職するなら転職エージェントを利用しよう

友人や知人の会社に勤めるのではなく、外の会社に転職するなら転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは人材を求める企業と求人者をマッチングさせる仲介業で、求人者側は無料で利用することが出来ます。

転職エージェントは転職のプロですから、希望条件を伝えればそれにあった求人、業界、職種などをピックアップしてくれます。
またハローワークなどと違い離職率の高いブラック企業は排除しているため、安心して選ぶことが出来るのがポイントです。

求人の取捨選択を一手に任せられるのですから、転職の手間がぐっと省けます。
さらに履歴書・職務履歴書の書き方もアドバイスしてくれて、面接対策までしっかりサポートしてくれるので、転職が初めてでも安心して取り組めます。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。



関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする