フリーターから正社員になった体験談とアドバイス。正社員登用制度がある職場はステップアップしやすい

f:id:moguhausu2:20150803140229j:plain

フリーターという立場に対する、世間的なイメージはあまり良いものではありません。
しかしながら、だからといって、フリーターが本当に不利な立場であるかと言えばそうではないのです。実際にフリーターの時期を経たことで転職を成功させたケースはいくつもあるのです。

そこで今回はアルバイトやパートといった雇用形態だからこそ開かれている可能性と、正社員へとステップアップする方法についてお伝えしていきます。


フリーターからステップアップした実例

ではまず最初に、フリーターという働き方を選択しながらも、ステップアップすることに成功した、ある男性の方の実例をご紹介しましょう。

その人は大学卒業して正社員として企業に就職しながらも、25歳の時点で退職しました。車の運転が必要な営業職だったのですが、業務中に事故に合ってしまい、それ以上業務を遂行する自信がなくなってしまったそうです。

彼は退職後しばらくは何もしなかったのですが3ヶ月もしてくると貯金も底をついてきますから、仕方なくコーヒーショップでアルバイトを始めたそうです。
そうやって大学生のアルバイト達と一緒に働き始めたのですが、社会人経験のある彼の接客は素晴らしく、だんだんと店長や本部スタッフの目に留まるようになりました。そして2年が立った頃に、正社員としての試験を受けてみないかとオファーがかかりました。

それから見事、その試験に合格し正社員として働けるようになったのです。これはあくまで一例に過ぎませんが、こういったアルバイトからのステップアップというのは、実は多いのです。

もちろんその人の能力や資質が問われるので万人に開かれた扉ではないのですが、雇用形態がアルバイトであれパートであれ、正社員になるチャンスは密かにあるのです。もちろん、いきなり採用の時に面と向かって「アルバイトから正社員になれますか」と聞いたところで「なれますよ」と回答を貰えるケースは少ないでしょう。

しかしながら、採用方針は毎年見直される場合もあれば、突然の正社員の退職が起きたり採用の状況は常に変化するのです。ですから、アルバイトやパートという雇用形態であれコツコツと真面目に働いていれば、ステップアップするチャンスを掴みやすくなるのです。

フリーターであったとしてコミュニケーションスキルがあれば、可能性は拡がっていく

先ほど、フリーターから正社員に転職できた実例についてご紹介しましたが、彼をステップアップさせる要因になった資質とは何なのでしょうか。これは業種業態問わずに共通することなのですが、間違いなく必要になるのはコミュニケーションスキルです。

何故なら、コミュニケ―ション能力はマネジメント能力に直結するビジネススキルだからです。そしてフリーターやアルバイターを採用しているような会社は間違いなく、マネジメントスキルのある人材を欲しています。

何故ならそういった会社の正社員の業務には少なからずアルバイト管理が含まれるからです。

ですからアルバイト達の中でもリーダー的なポジションを掴んだり、圧倒的な人望を誇るようになるとステップアップのチャンスが開けてくるのです。またアルバイトであったとしても社内企画や飲み会の機会には、積極的に参加していきましょう。

例え面白そうではなかったとしても、参加していきましょう。そうすると社長や役職者と会話する機会というのは以外とやってくるものなのです。そのチャンスに積極的にコミュニケーションをとって印象づけているだけで、以外と正社員のオファーがきたり、リーダー的なポジションの働き方を打診されたりするのです。これはいわゆる社内の立ち回り術ですがどんな職種であれ、社内の人間関係を構築するスキルは求められます。それをアルバイト時代からやっていたら、正社員になってからの立ち回りを有利にすることだって出来るのです。

フリーターから正社員に転職しよう

ここまで、フリーターから正社員にステップアップした実例とその資質についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。
フリーターでも立ち回り方をしっかりと考えれば可能性は拡がるのです。それでは最期はフリーターから正社員に転職する方法をご紹介しましょう。フリーターから正社員に転職する際の強みは、余裕を持って転職活動が出来ることです。

フリーター期間をゼロにして、転職しようと思えば、在職中から次の仕事を探さなければなりません。そうなってくると、時間をかけて自己分析をしたり、企業研究をする時間がありません。ところがフリータとして働く期間をつくれば、焦る必要がなくなりますから、ゆっくりと転職活動が出来るのです。それに転職市場は以前とはずいぶんと変わってきています。

5年~10年ほど前までは3社以上の転職があったり、短い期間の雇用期間があれば、即書類面接ではじかれていました。しかしながら、勢いのあるベンチャー企業や、業績が拡大している会社は、実際の面接やコミュニケーションで判断される場合も少なくありません。

つまりフリーターの期間はあることがマイナスになりにくく、書類選考が通過しやすいのです。だからフリーターから正社員へのステップアップを目指す時は、昔からの企業や、古い体質や文化が残っていそうな企業を避けて、新しいことをやろうとしている企業や、設立年数が最近の企業へエントリーしていきましょう。

そこには大手ほどの安定感はないかもしれませんが、昇進のチャンスは大手企業よりも必ずあるのです。フリーターになったら、フリーターなりの選択肢があります。フリーターから正社員になりたい場合は、会社の体質を見極めて、転職活動をしていきましょう。

就職エージェントを活用しよう

とはいえ、一人で就職活動をするのは大変です。履歴書の作成や面接の準備、求人の取捨選択など、やっていくうちにだんだん面倒くさくなったり、嫌になったりするものです。特に不採用が続くと心が折れてしまい、就活を投げ出してしまう人も多いです。

そこでオススメなのが、就職エージェントを利用して負担を軽減することです。

就職エージェントとは、就職のプロに無料で就活をサポートしてもらえるサービスのことです。若者を正社員で雇用したい企業と、就職活動をしている10代、20代をマッチングさせるサービスで、非常に便利です。

具体的には、就職エージェントに登録するとまず担当のエージェントがマンツーマンで就活のノウハウを教えてくれます。履歴書の書き方から面接の受け答えのやり方、仕事の選び方や各業界についてなど、初めて就活をする人にも1から教えてくれます。

一番大きなメリットは、就職エージェントが抱えている非公開の求人を紹介してくれるという点です。
就職エージェントが抱えている求人は、もちろん全て正社員で、さらにエージェントが事前に審査を行っているのでブラック企業である心配がありません。また残業時間や休日数、年収、社内の雰囲気など細かい内部情報もエージェントを仲介すれば教えてもらえるので、一人で就活をするよりも情報がたくさん手に入ります。

一人で就活をすると、やはり心細いですし、ノウハウが分かりにくいものです。
就活で失敗ためにも、プロのサポートを受けるのが一番効率的な方法です。

オススメの就職エージェントは関東と関西で二種類に分かれています。

 関東の就職エージェントは「ハタラクティブ」関西では「いい就職.com」がオススメです。
20代特化の就職エージェント【ハタラクティブ】


ハタラクティブは若者の就職専門のエージェントで、若手の人材を希望している企業の求人数が多く揃っており、サポートも充実しています。登録者を10代・20代の若手に限定しているので、中退や既卒というネガティブ要因を持っている方の就職方法もしっかり持っており、エントリーシートの作成方法や面接の受け答えのノウハウを教えてくれます。
そのため、書類通過率、内定率も高くなっています。

求人もエージェントが事前に会社訪問をして審査をしていますから、ブラック企業の求人に当たる可能性もありません。会社の雰囲気や残業時間、業務に必要な知識などもエージェントを介して教えてもらえるので、ミスマッチも防ぐことが出来ます。
もちろん、無料で利用できるので、関東圏で就職を希望する方はぜひ利用してみましょう。

 ハタラクティブは登録後に担当者から確認の連絡があります。
平日10~21時であれば1時間以内に。上記時間帯以外は、翌日の朝、土日祝の場合は月曜の朝に連絡がきます。
電話を取り逃がさないために、要望のところに連絡して欲しい希望の日にちや時間を書いておきましょう。

 また、面談は渋谷駅のレバレジーズ社で行います。渋谷までのアクセスを確認しておきましょう。

大阪・名古屋で就活をする場合は「いい就職.com」が関西の求人に強いです。



いい就職.comもハタラクティブと同じく、担当エージェントがマンツーマンでしっかりサポートしてくれるのでオススメです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする