トレッドミルで体力作りをするなら知っておきたい知識。野外ジョギングとの効果の違いやトレッドミル利用のメリットなど

f:id:moguhausu2:20151010172845j:plain
スポーツジムに設置されているルームランニングマシン「トレッドミル」はジムでも人気のトレーニング器具です。
雨の日でも、室内で気軽にジョギング運動が出来るため、年代問わず多くの人が利用します。

しかし、トレッドミルで野外でのジョギングと同様のトレーニング効果が期待出来るかというと、そうではありません。
トレッドミルは、あくまでその場から動かず運動するシステムになっているので、野外でのジョギングと違い地面を踏み込んで前に進む力があまりいりません。また固いアスファルトと違い、トレッドミルは衝撃を吸収する柔らかい素材で出来ているので、負担が少なく怪我の心配が無いぶん、野外ジョギングで鍛えられる筋肉への強化が弱くなります。

一長一短あるトレッドミルですが、使い方をしっかり知っていれば便利なマシンです。

今回はトレッドミルを活用するために知っておきたい知識を紹介します。


負荷の弱さは傾斜をつけることで解消出来る

トレッドミルは傾斜をつけることで、登り坂をジョギングしているのと同じような負担を筋肉にかけることが出来ます。
トレッドミルを使いこなすなら、傾斜をしっかりと使って大腿四頭筋(だいとうしとうきん)とふくらはぎを鍛えましょう。この2つの筋肉は野外ジョギングならば、固い地面を踏み込んで前に進むときに自然と鍛えられますが、トレッドミルの場合はなかなか鍛えられない部位です。

しかし、傾斜をつけることによってトレッドミルでもこれらの筋肉をバランスよく鍛えることが出来ます。

もちろん、負荷は大きくなるので、無理のない調整にしておくことが重要です。

トレッドミルなら交通事故や痴漢の心配もない

野外ジョギングに比べて負荷が弱く、ジムの性質上、長く占領することが出来ないトレッドミルですが、野外ジョギングに比べると安全面で優れています。
交通事故にあう心配や、女性であれば痴漢、不審者に遭遇することはありませんし、前述したようにアスファルトなどの地面に比べて柔らかい素材でコンベアは作られているので、足への負担がなく怪我のリスクが少ないです。

雨の日でも問題なく運動出来ますし、音楽を聞きながら、テレビを見ながら安心してジョギングが出来るのも嬉しい点ですね。

社会人の方は、どうしても平日に運動できる時間は夜遅くになってしまいますから、安心して運動が出来るトレッドミルは非常に役立ちます。
夜の公園などでジョギングするのは、ちょっと怖いですからね。特に都心では、万が一とはいえ、通り魔や不審者に遭遇する危険性があります。

体力作り目的ならトレッドミルで十分です

ジョギング大会に出たり、本格的なジョギングを始める方にとっては、トレッドミルは野外ジョギングに比べてイマイチ使いづらいものです。
しかし、体力作りに関しては、トレッドミルで十分です。むしろ、負荷の大きい野外ジョギングを無理して頑張って、足を痛めてしまっては運動をするのが嫌になってしまいます。

トレッドミルは、比較的、初心者向けのマシンですから、ぜひトレッドミルを利用して体力を作り健康な社会生活を送りましょう。

私はトレッドミルを使用する際、音楽を聞きながら走っています。
無音でも構わないのですが、やはり自分の好きな音楽を聞きながら走ると、時間の流れが早くなりますし「きついなぁ」という気持ちが吹き飛びますよ。

私が聞いているのは、映画トップガンのテーマ曲、ケニー・ロギンスのデンジャーゾーンです。

www.youtube.com

ロマンを感じる曲から、疾走感のある曲、集中するためのヒーリング音楽など、様々なものをスマートフォンなどに入れて楽しみましょう。
トレッドミルなら、音楽に集中しすぎて車の接近に気付かず交通事故! という心配もないので、存分に音楽を楽しめますよ。

ただ、音漏れには気をつけてくださいね。隣の人に怒られてしまったら、恥ずかしいですから。

ちなみに、室内シューズを持っていない方はトレッドミル、およびスポーツジムを利用出来ないので購入しておきましょう。
私がジム通いするぞ! と意気込んだ時、室内シューズを買っておらず、やる気が空回りしてしまった苦い思い出があります…。

私が利用しているのは、2500円のミズノのランニングシューズです。

最初は500円のスリッポン(紐靴ではなくスッとはけるシューズ)を利用していたのですが、やはり走りやすさを考えてミズノのランニングシューズをジム用シューズとして使うことにしました。

衝撃を吸収してくれるので走りやすいトレッドミルとはいえ、やはりランニングシューズを履いておくと走りやすさが全然違いますよ。
格安スリッポンでもそこまで大きな問題は無いのですが、やはりフィット感が無いと気持ち悪くてダメですね。

自宅用に買うならALINCO(アルインコ) ルームランナーがオススメ!

実は、トレッドミルは自宅用に購入することも出来ます。
ジムが近くにない、雨の日も自宅で手軽にランニングがしたい…という方は、ALINCOのルームランナーの購入を検討してみてください。

7万円と高価ですが、他のルームランナーに比べて耐久性や機能性、使い勝手が良く、最もオススメです。
…というか、5万円以下のルームランナーは1年以内に壊れる可能性がかなり高いです。ジムにあるトレッドミルは商用の物で、10万円以上する製品ばかりですから、耐久性はありますが一般用には販売されていないことが多いようです。

ALINCOのルームランナーが、一般向けの中で最もスタンダードですから、自宅用に買いたい! という方はこれを選択すると後悔しないと思いますよ。

なお、騒音に関しては、やはりモーター音はうるさいです。マンションなどで使用する場合は、レビューにもある通り、ダンボールや騒音防止マットを使って工夫しましょう。下の階の住民に迷惑をかけないためにも、十分に対策することが大切です。

関連記事

社会人にオススメの、自宅で出来る筋トレを紹介しています。
やり方の動画なども合わせて紹介しているので、筋トレ初心者の方は参考にしてください。

・運動不足な社会人にオススメの自宅で出来る筋トレまとめ。腹筋背筋を鍛えれば腰痛予防や体力増強などメリットだらけです

筋トレが続かない人は最新筋トレグッズのSIXPADを使おう

f:id:moguhausu2:20150925210208j:plain
筋トレがなかなか続かない…という人にオススメなのが、装着するだけで筋肉を鍛えることができるSIXPADを利用することです。
SIXPADはEMSと呼ばれる周波数を筋肉に与えて筋トレをする最新の筋トレ器具で、装着するだけで腹筋や二の腕、ふくらはぎの筋肉を鍛えることができます。ウォーキングと合わせて装着することで、有酸素運動と筋トレを同時に行えるのでオススメです。
詳しくは下記の特集記事を参考にしてください。
www.otonanomana.net

食生活を見直してみよう

 体力作りにはバランスの良い食事も大切です。
特に現代人は野菜と魚が不足していると言われており、1日に必要な野菜の量をとれている日本人はかなり少ないです。

野菜に含まれるビタミン群は、栄養素の吸収を助ける働きを持っています。野菜が不足すると、栄養の吸収率が下がり、燃費の悪い食生活になってしまいます。また、ビタミン群には老廃物を取り除く効果もあるので、ビタミンが不足すると血液の巡りが悪くなったり、便秘になったりして、健康・体力面どちらにも悪い影響が出ます。

食事においては、魚と野菜をなるべく意識して食べるようにしましょう。
特に野菜は、外食が続くと一気に不足してしまいますから、最低でも食後に果物をとるようにしましょう。

とはいえ、十分な量の野菜を毎日しっかりとるのは難しいですね。

私がオススメするのは、毎晩、青汁の牛乳割りを一杯飲む健康法です。青汁は野菜に含まれるビタミン群を効率よくとれるので、寝る前に一杯飲むだけでも栄養バランスはグンと改善されます。
また、青汁を飲むことによって老廃物の排出などが強化されますから、身体全体の健康が改善され、結果的に体力増強にもつながります。
私は1年間青汁を飲んで、下記の効果を実感しました。

・朝に強くなる
・生活にメリハリがつく
・朝に強くなることで、1日の集中力アップ
・胃腸の健康状態の改善

詳しくは、青汁を1年飲んだ感想の記事を参照して下さい。

・サンスターの青汁感想。味や飲みやすさ、健康効果を実践して試してみました

体力作りには、何よりもまず健康な身体が大前提です。
不摂生が続いている、身体のだるさが消えない、といった場合は、まず栄養バランスを整える事が先決です。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする