38歳事務職女性が転職に成功する方法。転職エージェントを利用してキャリアを上手にアピールするノウハウを学ぼう

f:id:moguhausu2:20150713084212j:plain
私は38歳の事務職員です。
10年以上ある小さな会社で営業事務や一般事務として働いていましたが、社会全体の景気の悪さから、勤めていた会社の経営状態も悪化してしまいいました。

基本給も下がってしまって、夜遅くまで働いても残業代がまったくもらえない状態に陥り、自分自身の生活が苦しくなってしまったので、やむなく転職することを余儀なくされました。

会社に勤めながらの初めての転職活動でしたので、友人のすすめである転職サイトに登録して、プロの転職エージェントに頼って転職をすることにしました。


転職エージェントに登録して分かった自分の市場価値

友人の話によると、転職エージェントに希望の職種や希望年収などを伝えておけば、自分にあった仕事を紹介してくれるので、ハローワークや自分で一生懸命になって仕事を探すよりはるかに効率的だ、と言っていました。

早速ある転職エージェントに登録したところ、すぐにキャリアカウンセラーの方から電話がかかってきたので、翌日には面談することになりました。カウンセラーとの面談の中で、私は年齢も転職の限界と言われている35歳をとっくに過ぎでいましたし、キャリアと言っても小さな会社でしか就業経験がありませんでしたので、正直どきどきしてしまいました。

ところがキャリアカウンセラーの方は、私の職務経歴を見てこれは何とかなりますよ、とおっしゃってくださったのです。
といいますのも、本当に10人足らずの小さな会社に勤めていましたので、事務のほかに、みんなのパソコンの修理やちょっとした外回りだったり、税理士さんに持っていく前の簡単な経理の伝票などを作成しておりましたので、これらが全て十分なキャリアにつがなっているという話でした。

小さな規模の会社で事務しかやったことがないと自身がなかった私でしたが、カウンセラーの方によると、職務経歴書の中にこれらの経験を書いておけば、あなたを必要とする会社はあるはずですよとおっしゃてくださいました。私は職務経歴書を、総務的なことや経理的なことも処理が可能だという事を含めて改めて書き直してみました。

カウンセラーの方も履歴書や職務経歴書を一緒になって添削してくださったので、安心してお任せできました。間もなくしてお仕事を紹介していただき、おかげで書類選考もすんなりと通過することができました。

実際の面接では、あなたはどういったお仕事をされてきましたかと聞かれたのですが、一般的な事務仕事だけではなく、総務的な仕事だったり簡単な経理処理までもやってきましたと自信を持ってアピールをしました。

面接官の人が、小さな会社を長い間一人できりもりされてきたのですね、さぞ大変だったでしょう、今度はそのキャリアをうちの会社で生かしてみませんか、と採用の話を切り出してもらえたのです。

つまり、今までやってきた小さな会社での仕事を褒めてもらえて、一つのキャリアとして認めてもらえたのです。こうして私の転職活動は見事に成功することができたのです。

転職エージェントを利用して上手にアピールしよう

38歳になると、年齢の問題で転職活動をするにも及び腰になってしまいます。
しかし、転職のプロである転職エージェントに登録することで、自分のキャリアを客観的に評価してもらえて、どんなキャリアに応募可能なのか具体的に教えてくれます。視野を広げるためにも、ぜひ転職エージェントを利用しましょう。

私が利用した転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする