3ヶ月で会社を辞めたい人は転職・再就職は出来るのか?短期離職からの転職方法

f:id:moguhausu2:20150608133958j:plain
基本的に、短期離職は転職においてマイナス評価を与えられます。
特に1年未満の場合は、必ず退職理由を深く突っ込まれますし、面接官は「またすぐ会社を辞めてしまうのでは?」と懐疑的になります。

3ヶ月で会社を辞めてしまった場合、さらに評価は厳しくなります。
しかし、ブラック企業に勤めてしまったり、体調を崩して致し方なく退職してしまうケースもあるでしょう。

今回は転職・再就職の面接において3ヶ月の職歴でもフォロー出来る面接ノウハウを紹介します。


なぜ3ヶ月で辞めてしまったのか反省を語るのがポイント

面接では職歴は絶対です。短期離職について聞かれた時に、嘘をついて無理やり「致し方なかった」退職理由を作り出しても、面接官に見抜かれます。それよりも、素直に退職理由を話し、その上で自身の反省点、そして改善点を洗い出して面接官に伝えることが大切です。

「前職は短期間で辞めていますが、なぜ短期間で退職されたのですか?」

という質問の意図は、3つあります。

1つは自社に入ってもすぐ辞めるのではないか? という疑問
2つ目は求職者の人格や職務態度に問題があって退職したのではないか? という疑問。
そして退職理由が単なる前職批判になっている、攻撃的な性格ではないか? という点です。

この3つのうちのどれかに引っかかってしまうと、内定は遠のきます。
短期離職をフォローするには、短期離職してしまった原因と反省点、そして応募している会社ならば長続きする理由を論理的に展開する必要があります。

例文をあげると

「営業職としてお客様とじっくり話し合う営業スタイルが自分の武器でしたが、前職では飛び込みが中心でノルマも多く、フォローする暇がなく、自分の営業方針に疑問を持った」

といった風に、自分のキャリアイメージと実際の仕事が噛み合わなかった、というのは良くある理由です。
これに志望動機を加えて、会社に入っても短期離職はしない、という意志を伝えましょう。

入社してやりたい事、やりたい仕事を用意しておこう

面接官が短期離職者に対して心配するのは、やはり「離職のリスク」です。
そのため、応募している会社に入りたい、その会社の仕事がしたいという熱意が必要になってきます。転職理由や志望動機はもちろん、会社に入ってやりたい仕事について具体的にイメージ出来ていなければ、面接官は納得しないでしょう。

面接の前に、企業のホームページや製品をしっかり勉強し、自分がその会社の社員になったつもりで、どんな仕事をしたいのか、どんな風に仕事を進めていきたいのか、面接官にしっかり伝えましょう。

入社後のイメージ、5年後の自分のキャリアまで用意しておけば、十分な短期離職のフォローになります。
面接官は志望動機については特に掘り下げて質問してくるので「なぜこの会社なのか?」という志望理由を十分すぎるほどに煮詰めておきましょう。

短期離職のフォローについてプロからアドバイスを貰おう

とはいえ、いきなり完璧な短期離職のフォローを出来る人はいません。
短期離職の後の転職、再就職だと、どうしてもマイナスのイメージが強くなってしまいますから、まずはプロの転職エージェントにアドバイスを貰うのが良いと思います。

転職エージェントでは短期離職からの転職について、十分なノウハウがあるため、自分一人であれこれ考えて書類を作るよりも、エージェントにアドバイスをもらいながら二人三脚で転職準備をした方が内定までスムーズに進みます。

特に第二新卒、初めての転職の場合はキャリアが浅い分、面接において志望動機が勝負になるので、しっかり準備をしてから応募しましょう。

転職エージェントは掛け持ちせず一社に絞ろう

転職エージェントは数多く存在していますが、エージェントを掛け持ちするとスケジュールが回らなくなるので、なるべく掛け持ちをしないことが大切です。エージェントとの相性が合わなければ、変えて欲しい旨を連絡すれば担当替えは可能です。

また、ハローワークや転職サイトで転職が決まれば、その時点で利用を取りやめてOKです。無料で利用出来るので、気軽に登録して転職に役立てましょう。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

上記は入力の一例です。

上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式ページ

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

転職の準備は在職中からでもOK

可能であれば、転職の準備は在職中にやっておくとスムーズに転職が出来ます。
エージェントへの登録や、履歴書、職務履歴書の準備など、少しずつ準備をしておけば空白期間を短くすることが出来ます。転職エージェントは土日でもキャリア相談可能ですので、まずは求人のチェックやキャリア相談を受けて、自分のキャリアの方向性をしっかり決めましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする