【例文あり】第二新卒の転職理由は無理に前向きに話す必要はない。内定に必要なのは一貫性のあるキャリアプラン

f:id:moguhausu2:20150803140229j:plain
第二新卒の転職で一番悩むポイントは転職理由をどうするか、という点です。

職歴の浅い第二新卒の場合、どうしても転職の理由は

「ミスマッチ」「入社前と入社後のギャップ」「ブラック企業で劣悪な環境だった」

等のマイナスの理由しか出てきません。

転職本などでは、よく退職理由・転職理由を前向きに書いてアピールしよう、と書かれていますが、上辺だけの取ってつけたような転職理由を出してしまうと、面接官に見抜かれて不採用になってしまいます。

第二新卒を求めている企業が一番気にするポイントは「また辞めるのではないか」という懸念です。

この企業側の懸念を乗り越えて内定を得るには、転職理由の語り方とキャリアプランの一貫性が重要になってきます。

今回は第二新卒の転職において「転職理由」の書き方・話し方について紹介します。

転職理由は正直に話すのが一番

「自分のキャリアが活かせないと思った」
「入社前に描いていた仕事とは違った」

第二新卒の転職理由として一番多いのが、上記のようなミスマッチによる転職という案です。

職歴が3年以下である以上、転職理由はごまかしても意味がないので、正直に自分の思っている理由を話しましょう。

大事なのは「なぜ3年のキャリアを待たずに第二新卒で転職をしようと思ったのか」という点です。

通常であれば、3年ほどキャリアを鍛えてから転職をします。その方が転職に有利ですし、給料の水準も落とさずに転職することが出来ます。

しかし、第二新卒として転職する以上、短期離職というデメリットを抱え込むことになります。

なぜ短期離職のリスクを背負ってまで第二新卒での転職を決意したのか? 面接官はその点を掘り下げて聞いてきます。

第二新卒の転職理由:例文

「1年ほど実際に働き、先輩についてまわる事で自分の将来のキャリアが具体的に見えるようになりました。

しかし、その将来像が自分の求めているものとはかけ離れていることに気付き、このままで良いのかと真剣に悩んだ結果、短期離職というリスクを背負ってでも転職をすることを決意しました」

――

といった風にまとめると無難です。

嫌になって適当に離職したのではなく真剣に将来を考えた結果、離職をして転職を決めたということをしっかり面接官にアピールしましょう。

この後に「なぜ、うちの会社を選んだのか? うちの会社のどこを見て自分の理想とするキャリアが得られると判断したのか?」と志望動機を聞かれる流れになるので、志望動機にしっかりつなげていきましょう。

ネガティブな転職理由なら、自分の甘さを反省すると好印象

新卒時になぜミスマッチに気付けなかったのか。
これは第二新卒の面接でよく聞かれる質問の一つです。

新卒時の会社選びについて、失敗した理由は「企業分析の甘さ」「自己分析の甘さ」または「他に内定が出ず、やむを得ず入社」等が主な理由になりますが、いずれにせよ大切なのは新卒時の甘さを素直に反省することです。
無理に強がって言い訳を並べると、面接官は良い印象を持ちません。なるべく理由と反省を簡潔に述べることが大切です。

失敗を認めるのはプライドが許さない?そんなお子様な考えは捨てましょう

新卒で会社を辞めた人の中には、どうしても失敗を認めたくない、悪いのは会社で自分は悪くない…と頑なに主張する人がいます。

確かに、日本は未熟な新卒を狙ったブラック企業も多く、違法な長時間労働を押し付ける会社が悪いのは当然です。法律違反をしているのですからね。

しかし、それを見抜けなかった自分にも非がある…と反省した方が、企業側からすると好印象なのも事実です。

この2つの例であれば、面接官はどっちに好印象を持つと思いますか?

1:「前職はサービス残業が多く、耐え難い労働環境だったので転職しました。悪いのは会社です」

2:「前職はサービス残業が多く~転職しました。新卒時に希望条件をもっと事細かに決めて、自分が長く勤められる企業を選ぶべきでした。第二新卒での就職活動では、その失敗を踏まえて企業分析をしっかり行い、長く働ける会社に絞って応募しております」

答えはもちろん2番ですよね。

プライドを大切にして第二新卒の転職で苦戦するよりも

「3年以内に退職した事に関して、自分にも非があった。この失敗を糧に改善していく」

という姿勢を演技でもいいからアピールして内定をゲットした方が、人生楽に進めますよ。

就活や転職面接なんて、茶番なところが多々あるもの。企業も就活生も、多少の嘘や演技は混じっているものです。

入社した会社が超ブラックで、例え退職が自分のせいでなくとも、割り切って「反省している」ポーズを取った方が楽ですよ。

社会人生活をしていると、自分は悪くないのに謝らなければいけない…という理不尽な状況は何度も訪れます。

しかし、そこはグッと我慢して『演技でもいいから場を収める』方が賢明です。

特に面接官がオッサンの場合、ちゃんと反省しているポーズを取れば

「今どき珍しい謙虚な若者だ!」

と勝手に好感を持ってくれますからね。

ブラック企業からの転職の場合は客観的事実を伝えよう

とはいえ、ブラック企業から転職する際には、どうしても残業時間や労働環境の劣悪さを伝えたくなりますよね。

しかし、前述の通り、主観的に「とてもキツかった」「続けられるとは思えない」と主張するだけでは面接官は納得しません。

どうしても前職のネガティブ要素を入れたいなら、客観的事実をもとに話しましょう。

例えば「残業時間が月に60時間を超えており、20代後半の中間層の社員が毎月離職していた」など客観的事実を伝え「入社1年を機会に立ち止まり、今後もこの会社で満足して働けるか考えて、転職を決意した」等、当たり障りなくまとめましょう。

一番いけないのは労働環境の劣悪さを事細かに伝え、愚痴のように話すことです。

前の会社に対して恨み節を話す人材は「問題有り」と思われてしまいますから、どんなに前会社が酷い環境にあっても冷静に伝えることが大切です。

その上で、自分が今後、どんな働き方をしたいのか、将来、どんな人材になりたいのかを伝えればOKです。

転職理由から志望動機へスムーズにつなげよう

・なぜ前職を辞めたのか?

・なぜ第二新卒で転職しようと思ったのか?

上記の質問に応えられるくらい転職理由がしっかり固まったら、次は志望動機につなげましょう。

転職理由が過去であれば、志望動機は未来へのアプローチです。

簡単な例文を見てみましょう。

過去:

「前職では営業として商品のPRを行っていたが、実は商品そのものを売るよりも、商品をどう広告するか…という仕事にやりがいを感じていた」

現在:

「営業から広報の仕事にキャリアチェンジしようと思い、広告業界に転職することを決めた。実務経験が3年未満の第二新卒で転職するというリスクも考えたが、キャリアチェンジは20代前半にやっておくべきだと思い決断した」

未来:

「御社に入社して、前職で扱っていたようなBtoC商品のみならず、BtoB商品など幅広い商品の広告を手がけ、広告とマーケティングのスペシャリストになり貢献していきたい」

――――

このように、過去から未来に至るまで一貫性のあるキャリアプランをアピールすることが出来れば、ライバルと差をつけることが出来ます。

意外と、この『転職理由(過去)から志望動機(未来)』の一貫性を描ける人って少ないんですよ。

この一貫性にくわえて、なぜこの会社なのか? という点も詳しく語れるとベストです。

企業分析をしっかり行い、応募している会社の強み、商品の特徴、他社との差別化、業界の立ち位置などを頭に叩き込み、自分なりのオリジナル志望動機を組み立てましょう。

ここまで出来れば、第二新卒の転職において、ほぼ勝ったようなものです。

逆に、この転職理由~志望動機が甘ければ、あっという間に不採用の山に埋もれるでしょう。

プロに転職理由のアドバイスをしてもらおう

第二新卒の転職では、転職理由と志望動機の一貫性、そして人柄や「すぐに辞めないか」といった点を細かくチェックされます。

自分では完璧だと思える転職理由であっても、どこかで矛盾していたり、問題点が潜んでいる可能性があります。

第二新卒の転職を成功させるためにも、プロである転職エージェントを活用すると効率よく転職活動をすることが出来ます。

転職エージェントは無料で利用できる上に、転職のプロであるエージェントに志望動機や自己PR、転職理由などをアドバイスしてもらえます。転職の準備はどうしても手間がかかりますし、一人だと客観的に評価出来ないのでちぐはぐになったり、行き詰まってしまうことが多々あります。

転職エージェントを利用すれば、一人で転職活動をするよりもグッと楽になります。

求人探しもエージェントが代わりに行ってくれるので、転職サイトで求人を検索する作業も省けます。

エージェントはあなたの希望条件にあった企業の求人を探してくれますし、ブラック企業などの問題のある企業の求人は弾いてくれますから、安心して任せることが出来ますよ。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。

そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。

エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式サイトを見てみる

ぜひ転職エージェントを活用して、転職・就職を成功させましょう。
自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。

第二新卒の転職は、短期離職というマイナス面があるため、どうしても転職理由を考える時に二の足を踏んでしまいます。しかし、その点をしっかり面接官に伝えることが出来れば、他のライバルに差をつけることが出来るので転職成功の確率もグッと上がります。

ぜひプロの転職エージェントにアドバイスを貰い、ベストな転職理由を考えましょう。
転職エージェントは在職中でも離職後でも相談に乗ってくれるので、まずは気軽に相談してみましょう。




関連記事

関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする