派遣社員で介護職をやるメリット。残業無し、夜勤無し、土日休みなど労働時間を自由に選べるなど

f:id:moguhausu2:20150710161231j:plain
介護職は夜勤有り、残業多めだと非常に辛いです。
正社員の場合、夜勤は絶対である介護施設が多く、残業(サービス残業含む)も正社員は多めであるケースがほとんどです。

正社員は雇用が安定しているぶん、人員不足のしわ寄せをうけたり、責任が重く精神的に辛いことも多いです。

一方、介護職は需要のある職業なので、派遣社員として働くことも出来ます。
派遣社員の場合、正社員にはないさまざまなメリットがあります。特に介護職の場合、看護師と同じ医療系の資格職なので正社員への復帰も早く、派遣社員ならではの美味しい部分を上手に活用するとワークライフバランスを取ることが出来ます。

今回は派遣社員として介護職をやるメリットを紹介します。


週3日だけの勤務も可能だから個々人で労働時間を調整出来る

派遣の介護職として働くと、一番嬉しいのが週3日だけ、週4日だけなど労働時間をフレキシブルに変えられる点です。
正社員の介護職だと、どうしてもフルタイム、夜勤有り、時には休日出勤も必須という辛い労働環境に押し込まれることが多いです。特に離職率の高い施設に入ってしまうと、人手不足により余計に休めず、プレッシャーも大きくなりストレスは多大なものになってしまいます。

派遣社員ならフルタイムで働かないといけない、という縛りがないので、しっかり時間を決めて働くことが出来ます。

また、時給制での契約がほとんどなので、正社員のようにサービス残業を強要されることもなく、働いた分だけしっかり給料を得ることが出来ます。
介護職は給料が低く、労働の割に稼げないと言われていますが、派遣社員として時給を上げていけば、週4日でもガッツリ稼ぐことは可能です。一番いけないのは、人手不足の施設の正社員になってしまい、サービス残業をさせられて労働時間の割に稼げないケースです。

労働時間を減らせば、派遣社員として働きながら資格をとってキャリアアップしたり、副業をして手取りを増加させる事もできます。

期間毎の契約だから不満があればスパッと職場を変えられる

正社員の介護職の辛い点として、人間関係があります。
人間関係が悪い施設では、働く上でとてもストレスフルですよね。派遣社員の介護職として働いても、当然、人間関係はついて回りますが、正社員に比べて派遣社員は「派遣会社から来た外部の人」として扱われるので、正社員ほど濃い人間関係にはなりません。

また、何かしら派遣先の施設に不満があれば、期間満了後に施設を変えることも出来ますから、正社員に比べて雇用の流動性は非常に高いです。手軽に施設を変えられるので、自分が一番働きやすい施設で長く働くことが出来ます。

正社員の介護職の離職率No1は人間関係の不満です。派遣社員の介護職なら、派遣される施設を変えるという選択肢があるので、人間関係で我慢する必要はなくなりますよ。

派遣社員の介護職になるには、失敗しないためにも専門の転職サポートサービスを利用して求人を探しましょう。

転職サポートサイト「かいご畑」を活用しよう

オススメの就職サポートサイトは介護職専門の転職サポートサイト「かいご畑」です。
無資格・未経験からのキャリアアップなら介護専門求人サイト「かいご畑」



かいご畑は無資格、派遣社員未経験の方でも1からアプローチ出来るシステムが確立している、介護職の専門転職サイトです。
登録すると介護資格を持ったエージェントが担当について、マンツーマンで介護職の転職・キャリアアップをサポートしてくれます。

あなたの希望条件にあった介護職の派遣社員の求人を紹介してくれるので、求人探しに時間を割く必要がありません。かいご畑では、求人に応募する前に施設見学やエージェントを介しての給料交渉、条件交渉が行えるので、自分が納得のいく職場で働くことが出来ます。

また、未資格の方でも介護の資格を取得出来る、教育体制が整った施設の求人も紹介してくれるので、キャリアアップを目指す介護職の方でも安心して働くことが出来ます。しばしばメディアなどで取り上げられているパワハラ・サービス残業、職場いじめなどの問題が蔓延しているブラック施設は、エージェントが事前に審査して求人を弾いているので、施設選びの失敗の危険性が無くなります。

正社員での介護職に疲れてしまった人は、ぜひ派遣社員の介護職にチャレンジしてみてください。
かいご畑を利用すれば、必ずあなたにあった職場が見つかりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする