TOEIC600点で転職・就職が有利になる理由。英文メールのやり取りが出来ればキャリアの幅は広がる

f:id:moguhausu2:20150902083626j:plain
所持していると転職や就職に有利になると言われている資格の一つがTOEICです。
しかし、TOEICは英検や簿記と違い、スコアによる評価になっているので、何点取れば転職に有利になるのか不鮮明ですね。

基本的にTOEIC700点~800点ラインを基準にしている会社が多いですが、実はTOEIC600点でも十分にキャリアの幅は広がることは、あまり知られていません。

TOEIC600点は、もちろん勉強、対策をしなければとれないスコアですが、留学経験が無くとも独学で取れる点数です。
大学生であれば、半年ほどでTOEIC600点は到達可能でしょう。一見すると、あまり英語能力としては評価されなさそうなTOEIC600点ですが、実は『英文によるメールのやり取りが可能』という条件を求人に出している会社は多く、TOEIC600点がこの英文メールのやり取り可能レベルなのです。

今回はTOEIC600点が転職・就職で有利になる理由と応募可能な職種について紹介します。


英語力が少しだけ必要な職種は多い

多くの人は、英語能力が必須の職業と聞くと、海外営業や翻訳などレベルの高い職業を思い浮かべます。
しかし、実は貿易系の企業や、海外販売、海外輸入を行っている会社などは、海外とのビジネスにメールによるやり取りだけで完結している企業も多く、その場合は高い英語力は求められません。

そういった企業にはビジネス文章の読み書きレベルの英語が出来れば入社可能な職種があり、条件が良い割に競争率が低いので実は穴場の求人エリアだったりします。

TOEIC600点を所持していると、そういった『英文によるやり取り』を条件にしている会社に入りやすくなります。
TOEIC700点以上のハイスコアの人材は、どうしてもよりレベルの高い求人に流れますし、英語に自信の無い人材はこの条件の求人には応募してきません。結果として、求人倍率が下がり内定が取りやすくなります。

高い英語力が求められる外資系などでも、実はTOEIC600点で応募可能なポジションはあります。
例えば日本支社の事務作業、営業事務などはそこまで高い英語力は求められませんし、実際の作業はほとんど日本語でOKなところが多いです。一概に外資系だからといって英語力が高くないとNG、ということはないのです。

TOEIC600点で紹介される求人の幅がグンとアップする

転職エージェントなどに登録しておく際に、TOEIC600点スコアを持っていると、紹介される求人の幅がグンとアップします。
実際、TOEIC600点はそこまでハードルが高い資格・スキルではないにも関わらず、転職ではかなり重宝されます。もちろんスコアは高いほうがより良い求人が集まりますが、TOEIC700点を超えるとスコアを伸ばすのが大変になりますし、ガッツリ英語を武器にして働きたい人以外は費用対効果が悪いです。

英語の書類を読み、英文メールを書くだけ、といったTOEIC600点レベルの求人はぜひオススメです。
通常の事務や営業などよりもグッと待遇が良いですし、内定も取りやすいです。

新卒の就職活動においても、TOEIC600点は差別化の要因になります。
就活に強い大学生はTOEIC高スコアを所持しており、彼らには敵いませんが、それでもTOEICスコアを持っていない学生より有利なので書類選考率もアップします。

TOEIC600点を取得するメリットは、取得にかかる時間や手間を考えると非常にコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

年収アップを狙っている人や、在職中に何かスキルを得たい人は、TOEICに挑戦するのがオススメです。

どうやればTOEICの点数は上がるのか?

とはいえ、英語がからっきし苦手な人や、英語が嫌いな人は無理して受ける必要はありません。
TOEICは英語に苦手意識が無い人にオススメの資格です。

TOEICの点数を上げる方法ですが、コツコツと単語、文法を勉強して、テスト対策をすれば600点は到達可能です。
センター試験レベルの英語力でも、コツさえ掴めばそこまで難しいラインではありません。もちろん、基本的な読解力、単語力は必須なので地道に鍛えていく必要があります。

半年ほど英語を勉強すればTOEIC600点は取得可能です。
しかし、一番難しいのは英語を勉強し続けるモチベーションの維持です。

英語のやる気を維持し続ける方法は、下記を参考にしてください。

www.hazimetetensyoku.com

TOEICを取得したら転職エージェントで求人を紹介してもらおう

TOEICを利用して英語に関係する仕事を探す時、一番オススメの方法は転職エージェントを活用することです。
転職エージェントは求人の取捨選択をあなたに代わって行ってくれるので、わざわざTOEIC600点代で応募可能な求人を自分で探す必要がありません。エージェントは非公開求人も抱えており、あなたの条件・スキルにマッチした求人に厳選して紹介してくれるので、これを利用して効率的に転職活動を行いましょう。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

また、外資系や貿易系など英語に関する仕事にも強く、TOEICの点数によって求人の幅が最も広がるエージェントといっても過言ではありません。
非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

英語力を活かした転職は、一見するとハードルが高いように見えます。しかし、TOEIC600点程度でも、十分に活躍できるポジションが国内にはたくさんあるので、ぜひTOEICを活用してより上のキャリアを目指しましょう。
転職エージェントは在職中でも離職後でも相談に乗ってくれるので、まずは気軽に相談してみましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする