【再就職】リストラされた後にやっておくべき転職準備と心構え。自己分析を怠ると就活が長引く理由

f:id:moguhausu2:20150531161701j:plain
会社の業績不振や人員削減でリストラされてしまった場合、失業保険をもらいながら再就職先を探す事になります。
しかし、転職の経験が少ない人は特に「早く次を決めよう」と焦ってしまい、十分な準備を行わないまま転職活動をして、なかなか内定が取れず就活が長期化してしまう危険性があります。

転職は事前の準備に、なによりも時間をかけなければいけません。
自己分析や今後のキャリアプランの作成、前職の経験や実績など自分のアピール材料をしっかりまとめておかなければ、内定は得られませんし、満足のいく再就職も出来ません。

そこに気付かず

「年齢のせいで落とされている」
「リストラされた人材じゃ内定は取れない」
「高望みし過ぎなのかも」

と勘違いをして、再就職先のハードルを落としてしまい不本意な就職をしてしまったり、派遣社員や契約社員などの非正規雇用に甘んじる人が非常に多いです。

リストラはマイナス要因にはなりませんし、年齢もキャリアがしっかりあるならやり方次第できちんと再就職することは可能です。再就職活動で大切なのは、自分一人で塞ぎ込まず、あらゆる情報、知識を駆使して中途採用というフィールドを知ることが大切です。

今回はリストラされてしまった際の、再就職先を探す前にやるべき準備と心構えについて紹介します。


リストラからの再就職はどれくらい厳しいのか?

f:id:moguhausu2:20150424133026j:plain
就職活動は自分という商品(人材)を売り込む営業に例えられます。特に中途採用の場では、前職での実績やキャリア、志望動機、今後のプランなどに一貫性が無いと即座に不採用になってしまいます。
また、中途採用では書類の書き方やビジネスマナーなど、基礎的な部分も事細かにチェックされます。例えば面接で「お座り下さい」と言われる前に座っただけでアウトになる事もあります。

就職活動の場から長く離れていた人にとって、基本的なビジネスマナーは意外とミスをしやすい部分なので、一から就活を学ぶくらいの謙虚な姿勢で取り組まなければいけません。

中途採用では即戦力が求められますが、即戦力の本当の意味は『新しい仕事でも柔軟に対応出来る能力』を指しています。これまで培ってきたキャリアと、仕事に対する熱意、学習意欲、トライ・アンド・エラーが出来る思考力などをしっかりアピールすれば、例え未経験の職種、業界であっても内定を得ることが出来るのです。

抽象的なアピール、例えば「積極的にコミュニケーションをとりチームワークを重視して仕事をこなしてきました」といったアピール文は、中途採用の場では通用しません。具体的な行動や、その結果、具体的な数字or顧客の反応など、面接官の頭にイメージがわくようなアピールをしない限り、内定は得られません。

もちろん、前職の退職理由も上手に語る必要があります。
リストラされた場合、会社のせいにしたり、言い訳や愚痴を語る必要ありません。面接官が知りたいのは「この人個人に問題があったからリストラに選ばれたのか、それとも止む無く選ばれたのか」という点です。

端的にリストラの経緯を説明し、リストラを新しいキャリアに進む「良い機会」と捉えることで、前向きな自己PRとあわせてプラスに転じることが出来ます。この法則を知らず、言い訳を長々と喋ったりしていると、不採用になってしまいます。

このように、書類作成や面接は想像以上に厳しく突っ込まれます。
準備が不十分なまま面接に繰り出せば、あっという間にお祈りメールの山が出来上がってしまいます。それを避けるためにも、準備を万全にしてから再就職に挑みましょう。

転職準備には転職エージェントを活用しよう

f:id:moguhausu2:20150426211605j:plain
まず、やるべきことは転職に関する書籍を読んで、基本を学ぶことです。
書類の書き方やキャリアプランの考え方といった基礎から学べますし、面接でどのような質問がされるのか、といった具体的なことまで学ぶことが出来ます。

次に自己分析をして、前職の実績や経験、再就職先に求める希望条件などを簡単に書き出してみましょう。

それらの準備が出来たら、さっそく求人検索…の前に、転職エージェントに登録しておくことをオススメします。

転職エージェントは、無料で登録出来て、転職のプロであるエージェントがマンツーマンで転職活動をサポートしてくれるサービスです。人材と企業をマッチングさせるサービスで、書類の書き方や面接のノウハウ、あなたの希望条件にあった求人をピックアップして紹介してくれる、といったサービスを行っています。

キャリアプランの相談や模擬面接も行ってくれるので、簡単に転職の基礎知識を学んだら、あとはエージェントにアドバイスを貰い実践的なノウハウを学ぶのが一番効率的な再就職活動です。

何より転職エージェントを利用する最大のメリットは、あなたの希望条件にあった求人をエージェントがかわって探してきてくれる点です。
転職において最も難しく手間がかかるのが求人の取捨選択です。ご存知の通り、求人は良いことしか書かれておらず、実情は求人と大きく異なっていることが多いです。残業無しと書かれていたのに、実態はサービス残業を強要する悪質な会社も世の中にはごまんとあります。

求人票からは見抜けない嘘と本当を見極めるためには、求人の詳細な情報を持っているエージェントに頼むのが一番です。
エージェントは事前に求人を出している企業をチェックしているので、実際の労働時間や給与体系をしっかり把握しています。そのため、求人選びで手間をかける必要がありません。

また、エージェントは独自の非公開求人を抱えており、大手会社の関連会社など優良求人を多く持っているので、ぜひ転職エージェントを利用して良い求人を紹介してもらいましょう。

転職エージェントならリクルートエージェントがオススメ!

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

リストラは非常に心理的負担が大きいイベントです。
しかし、落ち込んでいても物事は前に進みません。新しいキャリアを得られるチャンスだと思って、一歩踏み出す勇気を持ちましょう。

転職エージェントは在職中でも離職後でも相談に乗ってくれるので、まずは気軽に相談してみましょう。

一人で塞ぎ込まないために相談出来る場所を持っておこう

リストラからの再就職は、どうしてもこっそり一人で行いたいものです。
家族に不安を感じさせないために、秘密裏に就職活動をしている人も多いです。

しかし、中途採用という厳しいフィールドでの就職活動は、長期化もあり得ますから一人で抱え込むのは危険です。モチベーションを維持するためにも、相談出来る場所を確保しておくことが大切です。

転職エージェントを利用すれば、一人で再就職活動を行うよりもグッと精神的に楽になりますし、なぜ不採用になったのかフォローバックもエージェントを仲介すれば聞くことが出来ます。

ぜひエージェントを利用して再就職を成功させましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする