在職中に転職をする為の転職エージェントの使い方。仕事が休めない人でもエージェントを使えば面接スケジュールは調整可能

f:id:moguhausu2:20150622154804g:plain
在職中に転職活動をする場合、どうしてもネックになるのが時間の無さです。
退職後に転職をするのなら、ゆっくり自己分析をしたり、キャリアプランを考えたり、求人を吟味することが可能です。また平日も動けますから、面接のスケジュールも組みやすく、比較的、早めのタイミングで内定を得ることが出来ます。

しかし、在職中に動いている場合、そうはいきません。
転職活動に当てられる時間は、定時上がりの人でない限り休日に動くしかありません。また土日祝休みの場合、転職先の面接は平日に行われることになるので、どうしても平日に休みを取る必要が出てきます。

夜の遅い時間に面接を設定しても良いのですが、もし急な残業が入り、面接に遅れてしまったら最悪です。また、平日に何度も早退や有給を使っていると「転職活動してるのでは?」と勘ぐられてしまいますし、在職中の会社に悪い印象を与えてしまいます。

そこで、スムーズに在職中に転職するためには、転職エージェントを使うのがオススメです。


在職中に転職エージェントに登録しておくメリットとは?

f:id:moguhausu2:20150622214133j:plain
転職エージェントを使えば、企業によってはエージェントが交渉して土日の面接も設定してくれます。また、キャリア相談や自己PR・志望動機の書き方など、転職に必要な自己分析を手伝ってくれるので、書類の準備にかかる労力、時間も大幅にカット出来ます。

転職エージェントは土日でも営業しているので、自分の会社の休みに合わせて気軽に相談しに行けるので便利です。もちろん、登録、利用は無料で内定までしっかりサポートしてくれます。

個人で転職活動をしようとなると、求人の検索や情報収集だけでかなりの時間を必要とします。転職エージェントを利用すれば、あなたの希望条件にあった求人をエージェントが代わりピックアップして紹介してくれるので、わざわざ自分で検索する必要がありません。

エージェントは求人を出している企業の情報を事細かにヒアリングしているので、ミスマッチのリスクも下がります。例えば、残業が月20時間以下の求人を希望しているならば、残業時間がその範囲内でおさまり、かつあなたが採用される確率の高い求人を厳選します。

もちろん、全ての希望条件にあった求人が見つかるとは限りませんし、あなたの資格や実績、キャリアによって採用の難易度は変化しますから、全てが希望通りにいくことは稀です。しかし、それでも「転職してよかった」と思えるような求人を選んでくれるので、ぜひエージェントを利用して転職の成功率を上げておきましょう。

プロの目線でNG行動をチェックしてもらえる

f:id:moguhausu2:20150426211605j:plain
転職エージェントでは模擬面接を行う事があります。その時に、あなたが知らず知らずのうちに行っているNGな癖を教えてもらえます。
とある30代の男性は、なぜか一次面接を突破することが出来ず、転職エージェントに相談しました。その時、エージェントは即座にその人が落ちる理由を理解しました。

彼のNGな癖は、会話中に顎が上がる癖だったのです。
顎が上がると、高圧的な印象になってしまい、面接官の心象を悪くします。どんなに素晴らしい志望動機、自己PRをしても、印象が悪ければ突破することは出来ません。

特に一次面接は現場の人間、つまり面接の素人が行うことが多いので、印象による合否の判断ウェイトは大きいでしょう。

彼はエージェントにそれを指摘され、その癖を意識して直すことで内定を得ました。

また、ある男性は販売業のキャリアを5年も持っていたのですが、なかなか同職種への転職が決まらず四苦八苦していました。エージェントが彼に会うと、すぐ理由が分かりました。彼の爪が伸びすぎていることを指摘し「販売業の人は特に身なりが大事」であることを伝えました。

基本的なマナーでしたが、彼は初心を忘れており、エージェントに指摘されて初めて爪を切り忘れていることに気付いたようです。

このように、書類や面接の受け答え以外にも、身なりや癖、立ち振舞すらもエージェントはアドバイスしてくれます。
自分の癖は無意識に行っていることが多いので、プロの目線でしっかりチェックしてもらい、無駄な不採用を減らしていきましょう。

転職エージェントに登録する前にやるべきこと

f:id:moguhausu2:20150525134246j:plain
転職エージェントに登録する前に、自分が「なぜ今の会社から転職したいのか」「転職先に求めるものは何か?」という点について、書き出しておくことをオススメします。また、書き出した理由に優先順位をつけておくと、さらにベストです。

その理由をエージェントに伝えれば、エージェントもあなたがどんな企業、職種にあっているかイメージしやすくなりますから、エージェントも動きやすくなります。
転職エージェントは転職のプロとはいえ、あなたの全てを把握することは出来ません。しかし、あなたの持っている情報をしっかり伝えることによって、エージェントがあなたにとって最高の求人を探せるかどうか変わってきますから、エージェントとはしっかりコミュニケーションをとって誤解を無くしておきましょう。

例えば、年収が不満で転職したい、という人がいたとして、エージェントが年収の高い販売業の求人を紹介したのに「事務職が希望なんです」と後出しされたら、エージェントも困りますよね。
エージェントはなんでもやってくれる店員さんではありません。あくまで転職をお手伝いしてくれるビジネスパートナーです。

お客様の姿勢であれこれ注文をつけていると、エージェントにそっぽを向かれてしまいます。転職エージェントも商売ですから、転職が成功する人により良いサービスを提供します。逆にわがままな顧客には、あまり熱心に支援をしてくれません。
というのも、転職エージェントは求人者が転職に成功して初めて利益になるシステムになっています。そのため、わがままで後出しをする人は「手間がかかる上に人材レベルが低い」と判断され、優先順位を落とされてしまうのです。

転職エージェントを利用する時は、事前にしっかり自分の希望条件を準備をして、きっちりした身なり、態度で挑みましょう。転職は自分を売り込む営業のようなものです。エージェントだからといって上から目線で対応していると、誰もあなたを扱ってくれない売れ残りになってしまいますよ。

掛け持ちはNG。登録する転職エージェントは大手一社で十分

よく転職エージェントを掛け持ちする人がいますが、特に在職中から転職活動する場合は最大手である【リクルートエージェント】一社で十分です。

そもそも、在職中に転職をする場合、基本的に平日に休みを取らなければ面接が出来ないため、あちこちのエージェントに登録して求人情報を送ってもらっても対応出来ません。
そうなると、エージェントに「この人はあまり転職意欲が高くないな」と思われてしまい、やはり優先順位を落とされて十分なサービスを受けられなくなってしまいます。

在職中から動くのであれば、エージェント登録は一社に絞って利用することをオススメします。

転職エージェントは多々ありますが、一番オススメなのは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

退職後に転職活動をする計画も考えておこう

f:id:moguhausu2:20150531161758j:plain
在職中の転職活動はハードです。普段の仕事に加えて、帰宅後は転職準備をしなければなりません。
さらに面接の日程調整や、面接の練習、志望動機の制作などをしなければいけないので、短期決戦で内定を取らなければ疲労困憊になってしまいます。

また、内定獲得後は退職の日程調整をしなければいけませんから、内定後も落ち着く暇がないので大変です。
もしじっくり転職活動をしたいのであれば、タイミングを見計らって退職届けを出しておきましょう。貯金がある程度あれば、失業保険で生活は賄えますし、多少の空白期間はマイナスにはなりません。

退職後であれば平日にも自由に動けるので楽ですよ。
ただ、緊張感が途切れてだらけてしまうようであれば、むしろ退職はデメリットになり得るので、怠ける危険性がある人は在職中にしっかり転職活動をしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする