20歳無職から正社員になる方法。就活は一人で悩むよりもプロに相談して動くことが大切

f:id:moguhausu2:20150531161758j:plain
20歳無職から正社員になるためには、就職活動のコツを掴んでおく事と、どんな仕事が自分にあっているのかをしっかり考える事が必要です。

自分にあった仕事の方向性が分からなければ、当然、就職活動も上手くいきませんし、仮に内定を貰ってもすぐ辞めてしまう可能性があります。どんな職場が合う、合わないというのは、社会人経験を積んでいけば自ずと分かってくるのですが、社会経験の少ない20歳だとなかなか見通しがつかないものです。

また、就職活動のコツについても、受かるための自己PRや志望動機はなかなか思いつかず苦戦するかもしれません。

やみくもに就活をして、不採用の通知を受ければ、だんだんやる気も無くなってきますよね。
もう面倒だからアルバイトでいいや…と投げやりにならないためにも、正しい就活の進め方を知っておきましょう。


正社員になるべき理由とは?

せっかく就活するのであれば、正社員を目指しましょう。
正社員は採用条件が厳しく、契約社員や派遣社員、アルバイトのように簡単に内定は取れません。採用人数も1名や2名と少数であることが多く、競争率が高いです。

しかし、正社員は非正規雇用と違って、雇用がとても安定しています。

簡単にはクビになりませんし、仮に退職しても正社員として働いた期間は職歴として評価され、転職もグッと楽になります。
一度、正社員として長く勤めると、転職時によくある条件『社会人経験3年以上』を突破出来ますから、ライバルよりも有利に転職をすることが出来るのです。

もし妥協してアルバイトや契約社員になってしまうと、職歴はカウントされず、転職時に厳しい条件で戦うことを余儀なくされます。

なぜ正社員のキャリアは、非正規雇用のキャリアよりも評価されるのでしょうか?
それは、正社員=責任のある仕事を任される、という図式が社会では常識となっているからです。契約打ち切りで簡単にクビに出来る契約社員や派遣社員は、企業にとって兵隊、いわば使い捨ての人材です。そんな人材には、責任のある仕事は任せられません。

会社が本気で『戦力』にするのは、司令官である『正社員』です。

正社員は簡単にクビには出来ないぶん、長期に渡って育てることで、最終的に司令官(リーダー)のポジションに就けることが出来ます。兵隊はいくらでも代わりが効きますが、司令官はそう簡単に得られる人材ではありません。

多くの若い人は、この図式を知らないために派遣社員や契約社員になってしまい、使い捨てにされているのです。
20歳であれば、例え社会人経験が無くても、若さという武器がありますから正社員になることは可能です。企業は長期的に育てる正社員を採用する場合、より若い人を好みます。

20歳無職から就職活動をするなら、司令官である正社員を目指すのが一番お得なのです。

就活のやり方はプロに教わろう

しかし、正社員の就職活動は非常に手間がかかります。履歴書の作成に、自己PR、志望動機の作成、面接の受け答えの練習など、内定を取るためにやるべき事は山ほどあります。
面倒臭がって準備をサボってしまうと、面接でうまく答えられなかったり、志望動機や自己PRがあいまいになってしまったりして、不採用になってしまいます。

就活本を読んだり、セミナーを受けて自分で出来る人は良いのですが、勉強と一緒で本を読んでもなかなか上手な自己PR、志望動機は思いつかないものです。

そこでオススメなのが、就職のプロである転職エージェントに直接アドバイスを貰う方法です。

転職エージェントは履歴書作成や面接のプロで、就職活動が初めての人でも1から丁寧にノウハウを教えてくれます。また、キャリア相談をしてくれるので、あなたにあった仕事を見つけるアドバイスもしっかりやってくれます。
さらに、転職エージェントは独自の求人をたくさん抱えており、あなたにあった求人をピックアップして紹介してくれるので、求人をあれこれ探す手間も省くことが出来ます。良い求人を探すのは骨が折れる作業ですが、エージェントに頼めば一発で解決します。

転職エージェントに寄せられる求人は優良な求人ばかりです。というのも、ハローワークや転職サイトと違って、転職エージェントは求人の質を重視しており、事前にしっかり会社の労働環境や経営状況をチェックしているので、ブラック企業の求人などは排除しているのです。
そのため、転職エージェントを利用すれば、長時間労働をさせる違法な会社や、パワハラのあるブラック企業を回避することが出来ます。

無料で利用出来て、内定までサポートしてくれるのですから、これを利用しない手はありません。

「転職エージェントって初めての就職でも利用出来るの?」と思う方もいると思いますが、実は転職でなく就職でもエージェントは利用出来るのです。20歳であれば求人の幅も広いので、ぜひエージェントを利用してみましょう。

オススメの転職エージェントはDODAです。



DODADは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。

大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。
エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。

また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

DODAの登録方法について

f:id:moguhausu2:20151130205659g:plain
DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。
(名前や生年月日、住所、連絡先など)

その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。
経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。

f:id:moguhausu2:20160130211418j:plain

上記は入力の一例です。

上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。
外食・小売産業などに多いのですが、お店の名前と会社の名前が必ずしも一致する訳ではないので、しっかり会社名を調べてから正式名(○○株式会社)で登録しましょう。
例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。

業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。
最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。

登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。

DODA 公式ページ

転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。

20代の就職において、重要になってくるのは仕事中に意識したことや、工夫したことなどを具体的に面接官に伝えることです。
リクルートエージェントは、上記のような具体的なアピール方法を実例をあげて教えてくれるので、転職が初めての方でも模範解答をしっかり作ることが出来ます。

充実したサポートはもちろん、非公開求人も大きなポイントです。非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

5年後、10年後に安定した生活を送るために

20歳で無職のままだと、何となく将来に不安を覚えるかもしれません。
5年後、10年後を想像した時に、あまり前向きなイメージがわきませんね。

しかし、正社員として働けば、自信もつきますし5年後のキャリアもしっかり見えてきます。

就職活動は時間も手間もかかるし、不採用の通知を貰ったら嫌な気分になります。しかし、ぜひ妥協せず正社員を目指して、就職活動をしてみましょう。
雇用が安定すると、生活にもメリハリがついて社会人として成長することが出来ますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする