転職の面接で『前職での経験・実績』を聞かれた時の上手な解答方法。中途採用で内定を得るための戦略

f:id:moguhausu2:20150531161758j:plain
転職をしようと考えた時、面接で何を聞かれるか不安になる事は多いと思います。
特にブランクが空いていたり、短期離職をしてしまった人は、質問でマイナス面を掘り下げられるではないか、と思ってなかなか転職活動に取り組めないかもしれません。

しかし、中途採用での転職活動において、面接の流れは概ね決まりきっています。
中途採用の面接の中で必ず聞かれるのが前職での経験、実績です。

「前職でたいした活躍なんてしていない」
「実績と言われても思いつかない」
「短期離職したので、あまりアピール出来る材料がない」

上記のように、前職での経験や実績を聞かれると頭が真っ白になる人も多いのではないでしょうか?

しかし、前職での経験や実績は答え方を理解していれば、簡単に準備をすることができます。解答を準備しておけば恐れることはありません。

今回は転職面接で聞かれる『前職での経験・実績』の答え方について紹介します。


前職に就いた理由、経験や実績を聞かれたら

転職において、面接官が最初に訪ねてくる質問は前職に関する事柄です。
前職に就いた理由や、前職でやってきた仕事、実績、心がけていた事などを自己PRを交えて行う必要があります。

まず、前職に就いた理由ですが、ここは自己PRや志望動機との整合性をしっかり合わせておかないと、一貫性が無くなってしまいます。

例えば、事務職への転職を希望しているのに『接客が好きだったので前職に就いた』のであれば、なぜ接客から事務職に転職しようとしているのか、その理由をしっかり埋めておかなければ、一貫性が無くなってしまいます。
前職に就いた理由は、志望動機や転職理由、退職理由と密接に絡み合うので、じっくり考えてから書きましょう。

続いて、前職での経験、実績を聞かれます。ここでは、前職で心がけてきた事や実際に行った行動、実績をエピソードにして具体的に語りましょう。
この質問で、抽象的なアピールをしてしまうと、面接官の心象は悪くなってしまいます。

例えば、下記の二点の解答では、どちらがより具体的でしょうか?

①「前職ではお客様が求めている物を常に考えて、お客様に最適な商品をご案内することを心がけてきました。具体的には、お客様のニーズを把握するために積極的なコミュニケーションを取りました」

②「~~を心がけてきました。具体的には、お客様の年齢層や家族構成などを踏まえて、おすすめの商品を積極的に紹介し、お客様の隠れたニーズを引き出す提案型の営業を行ってきました。その結果、3年間で100名近いリピーターのお客様が出来ました」

当然、②の解答ですね。
①は抽象的な言葉だけで、具体的な行動が言えていません。

前職での経験は「1:どんな工夫をしたのか」「2:その結果、どんな実績を出せたのか」の二点が分かるようにアピールしましょう。

実績はできるだけ具体的な数字が出せると良いです。
例えば売上○○%アップといった数字です。しかし、販売職や営業職でない限り数字を出せませんよね。事務職やカスタマーサポートなどのサポート職ならば、実績は「社内のコミュニケーションを円滑に進めた」「気配りを心がけた」などアピールポイントを社内に絞ってみましょう。

会社が求めているのは、ガンガン売上を上げる前線部隊だけではありません。
社内をサポートする役割を担ってくれる人材も欲しいのです。実績として数字を出せない場合は、社内のサポート面を中心にアピールしてみましょう。

前職での経験・実績から自分に出来る能力をアピールする

よく「会社は即戦力が欲しい」と言われていますが、即戦力というのは今すぐ活躍できるスーパーマンを求めているわけではありません。
同じ業種、業界であっても、会社によって仕事のやり方は異なりますから、同業種転職でも入社一日目からバリバリ働ける即戦力というのは、実は存在しないのです。

面接官が求めている人材は「採用したら、配属される部署の仕事に、柔軟に適応出来る柔軟性を持った人」です。

どんな仕事でも、コミュニケーション能力や細やかな気配り、前向きな性格、試行錯誤できる学習能力などは役立ちます。
上記のような社会人基礎力がある人ほど、どんな会社に転職しても仕事を上手にこなせるのです。面接はその能力を売り込む営業の場とも言えるでしょう。

前職での経験・実績は、この社会人基礎力をアピールするのに最も適した題材です。
自分の強みを、前職でのエピソードに上手く取り込んで面接官に伝えましょう。

前職での経験を上手くまとめられない人は一度アドバイスを受けてみよう

前職での経験と、自分の強みを上手くまとめるのは難しいです。
どうしても文章が長くなってしまい、面接で演説のように長々とアピールしてしまう人がとても多いです。長すぎる自己PRは「一人よがり」と思われて、面接官の心象を悪くします。

前職での経験、実績を答える時は、簡潔に、かつ具体的にわかりやすく伝えることが大切です。
アピールポイントをいかに削って、綺麗にまとめるかがポイントになります。

一人で前職の経験をまとめるのは難しいので、可能であれば、面接のプロである転職エージェントに相談してまとめることをオススメします。

転職エージェントは前職での経験、実績のまとめ方、アピールの仕方の他にも、面接の手ほどきや書類の書き方を教えてくれます。また、あなたの希望条件にあった求人をピックアップして紹介してくれるなど、転職を全面的に無料でサポートしてくれる心強いサービスです。

一人では転職活動するにも不安があり、モチベーションを保つのも大変ですが、転職エージェントのサポートがあれば大幅に手間を減らすことが出来て、転職のやる気も保ちやすくなりますよ。

面接のノウハウに強く、全国規模で求人数が多いオススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。

非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

ぜひ転職エージェントを活用して、面接を突破しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする