嫌な上司の特徴まとめ。こんな上司がいたら転職を考えよう

f:id:moguhausu2:20150616120206j:plain

会社員として仕事をしていく上で、最も注意しておきたいのが上司の性格です。
性格の良い上司であれば、仕事で分からないところがあっても気軽に聞けますし、社内でのコミュニケーションが円滑になり働きやすくなります。しかし、性格の悪い、いわゆる嫌な上司の下についてしまうと、仕事もやりにくいですし、理不尽な目にあわされて精神的に鬱になってしまいます。

今回は嫌な上司の代表的な特徴を紹介します。


陰口を言う

人の上に立つ者が最もやってはいけない陰口を、嬉々として行う上司のもとについたら最悪です。
上司の陰口は同僚同士の陰口とは訳が違います。上司は明確な権力を持っていますから、陰口を止める方法はありませんし、抗議をすれば嫌がらせ、パワーハラスメントが出来る立場にあるため、陰口を言われている人も、同僚も、黙認するしか出来ないのです。

陰口は職場の人間関係を悪化させますし、聞いている側も嫌になります。
しかし、上司を村八分にしたり、避けたりすることは仕事上出来ませんから、コミュニケーションを取らざるを得ないため、凄まじいストレスになります。

もし陰口を言う上司がいたら、要注意です。

ミスを部下に押し付ける

部下の手柄は自分のもの、自分のミスは部下のせい、という事を堂々とやっている嫌な上司に当たると危険です。
こういったタイプの上司は、自分さえ良ければいい、という利己主義なので、部下のことなど全く気にもとめず、都合の悪いことは全て押し付けてきます。サービス残業の強要や、理不尽な叱責、ミスの押し付けなどを受け続ければ、鬱病になるのは目に見えています。

このタイプの厄介なところは、ゴマすりや社内政治に長けているタイプが多いということです。

同僚同士で一致団結して追いやろうとしても、うまくかわされたり、逆に反撃を食らう可能性があります。

部下に手を出す

上司と部下が不倫…なんて話はよく聞きますが、仕事をする上で恋愛を持ち込んでくるタイプの上司は危険です。
上司であることを利用して部下に近づいたり、懐いてくる異性の部下だけをえこひいきしたり、こういったタイプの上司は行動の全てがセクハラすれすれです。

だらしのない恋愛は人間関係を破壊する危険性がありますし、関係の無い人間は「いい加減にしてくれ」と思うでしょう。
色恋が好きな上司についてしまったら、平穏に仕事をするのは難しく、最悪の場合ストーカーをされることも…。

人前で怒鳴る、叱責する

人前でわざと叱責したり、怒鳴ったりするのは権力を誇示するのに最も手軽な方法です。
上司がこれを行うことにより、同僚に恐怖感や威圧感を与え、自分の命令が通りやすくなるようにするのです。

しかし、部下からすればたまったものではありませんし、人が怒鳴られているのを見るのも嫌ですよね。

「新人潰し」と呼ばれる男性上司のほとんどは、このタイプです。

ターゲットを決めたら徹底的に怒鳴り、詰めることで権力を周囲に誇示します。
こんな上司についていきたいと思う人はいないでしょう。

上司に恵まれなかったら転職を

このように、上司の性格によって働きやすさは大きく異なります。
人間関係だけは、なかなかコントロールすることは出来ませんから、もし嫌な上司に悩まされているなら、頃合いを見て転職することをオススメします。

しかし、転職の準備には手間と時間がかかりますよね。
そこでオススメなのが、転職エージェントを利用して、自己分析や書類作成、求人の取捨選択などをエージェントに一部負担してもらうという方法です。

転職エージェントは、在職中でも利用することができ、求人者は無料でキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。
登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種を紹介してくれます。それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。

自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。

時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ます。

オススメの転職エージェントは【リクルートエージェント】です



リクルートエージェントは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。そのため、年収アップ、待遇アップにはうってつけの転職エージェントです。
大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。
また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

土日の面談にも対応しており、在職中でも登録してキャリア相談をすることが可能です。
非公開求人には優良求人がたくさんありますから、リクルートエージェントを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。

会社を退職したいと思っても、転職の手間を考えると「めんどくさい」と思ってしまいがちです。
しかし、少しでも転職への希望が生まれたのであれば、早めに「今の自分にはどんな求人に応募できるのか」という選択肢を知っておくことをオススメします。

まずは転職エージェントに登録して、キャリア相談をしてみましょう。
今のあなたなら、どんな求人に転職出来るのか具体的に見えてきますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする